• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【育乳生活】バスト美人になる為の5つの法則

Date:2013.06.01

shutterstock_217254619

「育乳」という言葉をご存知ですか?バストサイズがAカップでもGカップでも、ケアをすればもっと美しい「美乳」になることが可能です。

成人男性へのあるアンケートでは、「初対面の女性の目につくところ」で、1位の「顔」に続いて、僅差の2位が「胸」だそうです。恋愛でも、ファッションでも、美しいバストがマイナスに働くことはありません。

今よりさらに美しいバストを手に入れるための、どなたでも簡単に実践できる「育乳」方法をご紹介します。

1.やっぱり基本はブラジャー

バスト美人になるための、基本中の基本がブラジャー選びです。ブラジャーは大きすぎても小さすぎてもNG。ですが、自分の本来のサイズを誤解している女性が意外にも多いのが現実です。

特に、最適なものよりも小さいサイズのブラジャーを着けている方が多いように思われます。ぜひ、専門店できちんとサイズを測ってもらいましょう。この段階で、カップサイズが1~2段階あがる方もいるはず。

生理前にバストが張る、という方は、ワンサイズ大きいものを用意しておくのもいいですね。

2.正しいフィッティングが美乳を作る

自分に合ったサイズのブラジャーを手に入れたら、着け方でも育乳を意識していきましょう。

両腕をストラップに通したら、上半身を前に倒してカップにバストを入れ、そのまま後ろのホックを留めます。ここまでは、実践している方も多いと思いますが、次のひと手間をぜひやってみてください。

右手を左のカップに入れて、脇からお肉を持ち上げるようにして集めます。さらに、横腹、そして背中からもぜい肉を全部集めてブラのカップに入れます。逆も同じようにやってみてください。

可能な限りのぜい肉を入れ込んだら、ストラップを引き上げます。このとき、胸の谷間を作るイメージを持ってやると、バストの離れの予防にも効果的ですよ。

3.トイレのたびに育乳!

サイズがピッタリのブラジャーを着けていても、日常生活のいろんな動作で、少しずつずれてきてしまいます。トイレに行くたびに、ブラの着け心地を微調整しましょう。

トップスの内側に手を入れて、脇から、下から、はみ出していこうとするお肉を引き留める感覚でバストを整えます。面倒なようですが、1分程度で終わることですから、習慣にしてみてくださいね。

4.寝てる時間も油断は禁物

8時間睡眠なら人生の3分の1、6時間睡眠だとしても人生の4分の1は寝ていることになりますね。寝ている間中バストを放置しておくというのは、「育乳」という観点ではたいへんもったいないこと。

横になっているときは当然、胸のお肉が脇に流れますから、やがてはぜい肉になってしまいます!ぜひ、就寝時用のブラを着けるようにしてみてください。

ポイントは、必ず“就寝時専用”のブラジャーを使うこと。日中用の普通のブラだと、ワイヤー等の締め付けで、血行への悪影響も考えられますから、避けてくださいね。

5.バストトップもひと手間かけて

美しいバストはサイズ、形はもちろんですが、バストトップの色つややハリも大切な条件ですよね。育乳生活の一環で、乳頭のケアも取り入れてみてください。

やり方は簡単です。朝夜、化粧水をつけるとき、バストトップも顔と同じように化粧水をつけるだけ。意外にも乾燥しやすい部位です。

くすみや黒ずみの防止策として、顔やデコルテに普段しているスキンケアを、バストトップにもやってみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事