• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏がバツイチ!気になる不安を解消して仲良くするコツ

Date:2017.06.26

昔と比べて離婚する男女が増加傾向にあるので、あなたの周りにもバツイチの方はいるのではないでしょうか。

当然、好きになった男性がバツイチということが起こり得ますが、バツイチという言葉からマイナスイメージを抱く女性もいるようです。

マイナスイメージが不安を招き、付き合う前や付き合ってから不安になって別れてしまうという女性もいますが、不安要素を明らかにすることで楽しい恋愛をすることは可能です。

今回は、バツイチ彼氏と付き合いで生じる不安を明らかにし対処の仕方をご紹介しますので、不安なく楽しい恋愛をしたい方は試してみてはいかがでしょうか。


バツイチ男女は意外と多い!正しい対処で不安を解消!

皆さんは、日本のバツイチ事情についてどのくらいご存知でしょうか。海外と比べるとバツイチの割合は少ないですが、実際に離婚経験がある男女は多いようです。

平成27年に行われた厚生労働省の人口動態統計調査では、離婚件数は22万6215件もありました。

婚姻件数は63万5156件ですから、約3組に1組が離婚しているということです。

現在の日本は婚姻数が減少傾向にあるようですから、未婚やバツイチの男性と出会うことは今後増えていくかもしれません。

バツイチという言葉を聞くと、男女共にマイナスのイメージを抱きやすいようです。バツという響きが悪いからかもしれませんね。

バツイチの彼氏と付き合うと、これまで彼氏の過去や未来のことを色々想像して不安になるようです。

バツイチの彼氏に抱く不安を明らかにすれば、おのずと対処の仕方がわかるはずです。楽しい恋愛ができるように不安と対処の仕方についてご紹介しましょう。

元妻と復縁について不安

バツイチ男性と付き合っている時は、離婚した元妻との復縁に不安を抱く女性は多いようです。

彼氏が見切りをつけて別れた場合は復縁の心配はないでしょうが、別れを告げられて抵抗したにもかかわらず離婚になった場合は未練があるのではないかと考えることでしょう。

月日が流れるにつれて気持ちが変化し、結婚生活が懐かしく、そして恋しくなることもあるようです。

完全に連絡を絶っていない場合には、復縁について考えることもあるかもしれませんから、元妻に未練があるかどうかを確認しましょう。

元妻に未練がある場合や結婚する気がないという場合には、「付き合うことはできるけれど結婚は考えていない」と答えるかもしれません。

バツイチの男性の中には、付き合うことはOKでも結婚はもう二度としないと決めているタイプもいます。

結婚を考えている場合は、この言葉を聞いたら将来的なことを考えて早めに別れることで不安から解放されるでしょう。

そして、付き合って本気になってから「実はずっと元妻のことが忘れられないんだ」と別れを切り出されることがないように、元妻との関係性を明らかにしておきましょう。

未練がある場合は、連絡先を知っていることが多いので元妻の近況を把握しています。

「今、元の奥さんはどこに住んでいるの?」、「どんな仕事しているの?」と気軽に質問してみましょう。

全て把握しているような口ぶりの場合、連絡を取り合っていることが考えられます。

元妻の影が見えるならば、不安はいつまでも消えませんので「連絡しないで欲しい」とお願いしてみましょう。

子供がいる場合は難しいことですが、子供のことで連絡を取るのは必要なことで復縁に繋がるわけではないので割り切るしかないでしょう。

しかし、子供がいない場合はできないことではないはずです。

復縁する男性は、復縁する手段があるからです。SNSや電話などで繋がっている場合は、彼氏に元妻との連絡を断ち切ってもらうことで不安は解消できるでしょう。

金銭面についての不安

バツイチ男性と付き合う時、金銭面について不安になる女性も多いようです。離婚する時に金銭の支払いが発生することがあるからです。

円満離婚で慰謝料も養育費もなく終われば良いですが、中には一時的、又は継続的な支払い義務が発生してしまうケースもあります。

  • 彼氏側に非があった場合は慰謝料の支払い
  • 子供がいる場合は養育費の支払い

上記以外の支払い義務が発生することもありますが、「もう関わりたくない」という気持ちが強い場合は、金銭面の継続的な受け取りを拒否する女性もいるようです。

しかし、拒否せず受け取る場合は、非がある男性側に支払い能力がある限りは元妻が再婚するまで支払いは続きます。

金銭面の不安がある場合は、彼氏に元妻や子供への支払い義務や借金などがあるかどうかを聞いてみましょう。

子供がいる場合は、親権がどちらにあるかも聞いておいた方が良いでしょう。

今は育てていなくても、元妻の経済状況の変化によっては育てることになるかもしれないからです。

今後結婚することになった場合、彼氏のお給料のほとんどが元妻へ渡ることが予想されるのであればあなたも働き続ける必要があります。

「結婚したら専業主婦になりたい」、「金銭的に余裕がある生活がしたい」など希望がある場合は、それらも踏まえて話すと良いでしょう。

金銭面の不安があると生活自体が困窮して喧嘩の原因にもなりかねません。

実際に支払っている額や借金の総額を明確にしてもらうことで、見えない部分についての不安は消えるでしょう。

実際に目にして、彼氏には支払い能力があり、生活面で余裕があるとわかっても「いつまで続くのだろうか」という不安が残るかもしれませんね。

対処の仕方としては、以下のように割り切ることです。

  • 「彼氏と付き合えるのは元妻が別れてくれたおかげ」
  • 「支払いは縁を切るために必要なこと」

また、パートや正社員など、結婚してからも働く女性は少なくないですし、仕事をしていたほうがお金についての心配は軽減されます。

日本の男女の寿命は年々伸びていますので、老後のためにも
働くという形で金銭面の不安に対処することもお勧めです。

別れた理由についての不安

バツイチの彼氏と付き合う時には、「一体どうして離婚したのだろうか」と別れた理由について疑問を抱くことでしょう。

穏やかで優しい男性であればあるほど気になるかもしれませんね。

  • 何かの拍子で豹変するの?
  • ギャンブルやアルコールの依存症?
  • 不倫や浮気癖がある?
  • 元妻へ暴力を振るった?

上記のようなことを考えて、自分も同じ目に遭うかもしれないと不安になり、彼氏に聞いたとしても本当のことを話してくれるとは限りません。

いつ、どんな時に豹変してしまうのかと緊張感がある中では楽しい恋愛は難しいでしょうから、対処の仕方としては自分と元妻は違うということに目を向けましょう。

付き合う女性が違うならば結果も違うと考えれば、必ずしもマイナスのことが起こるとは限りません。

そして、万が一、暴力や酒癖の悪さなど自分に被害が出た時にはすぐに別れると決めておくこともお勧めです。

結婚を考えるならば、最初から暴力や借金癖、浮気など自分が望まないことが起こった場合は別れるという念書を書いてもらっても良いでしょう。

間違いに気づけば繰り返そうとしないはずですし、バツイチになったことで気持ちを入れ替えて更生することもあります。

マイナスのことで別れたとしても、そうではなくても彼氏のことを決めつけず、曇りのない目で見てあげる必要もあるのです。

周りが受け入れるかについての不安

日本の離婚率は増加傾向にあり、バツイチの男女は特に珍しくはありませんが、中には否定的な人もいます。

離婚するということで何か非があるに違いないと思ってしまうようで、特に年齢が高い人ほど悪い印象を抱いて受け入れ難いようです。

そのため、バツイチの彼氏と付き合うと「周りから受け入れられないかもしれない」と不安になる女性は多いようです。

家族や親戚、友達に彼氏のことを話したくても、バツイチはマイナスのイメージがつきかねないので話さないということは珍しくありません。

特に親はバツイチの男性と聞いただけで、「何か問題が起きてからでは遅いからやめたほうがいい」と別れを勧める傾向にあります。

自分でもバツイチの彼氏について不安要素がある場合は、否定的な意見を聞くうちに徐々に気持ちが変化して付き合うことが難しくなるかもしれません。

しかし、対処の仕方はあります。

バツイチの彼氏が自分の親しい人たちに受け入れられるかどうかという不安は、バツイチの彼氏でなくても起こることです。

例えば、以下のような彼氏でも同様のことは起こるのではないでしょうか。

  • 無職やフリーターの彼氏
  • 金髪やピアスなど派手な彼氏
  • 自分より年上、年下など年齢が離れすぎている彼氏

一般的に家族や親戚、友達受けする彼氏ではない場合、同じように不安に思うことでしょう。

彼氏が受け入れられるかどうかは、彼氏の中身次第なのです。

いくらマイナスのイメージがあっても、彼氏の中身がしっかりしていればいずれは受け入れてもらうことができるはずです。

受け入れられるかどうかを不安に思った時には、彼氏が受け入れられるように、認めてもらえるように手助けをしましょう。

なるべく自分の周りの親しい人たちと会わせることで本当の姿を知ってもらうことができれば、「バツイチと言っていたけれど素敵な人だね」と言ってもらえるかもしれません。

また、バツイチということを隠してしまえば、受け入れられるかどうかの不安は無くなります。

ただし、ずっと黙っていることはできません。

結婚する時には明らかにしなければならないでしょうし、誠実な男性であるほどバツイチであることを早く話したいと言うかもしれません。

第三者の口からバツイチであると告げられてしまうと「隠していたなんて何かやましいことでもあるのかな?」とイメージダウンに繋がりかねません。

いずれにせよ、バツイチであることが明るみに出るわけですから、不安はあるかもしれませんが素晴らしい男性であるということを周囲に分かってもらう努力することによって不安に対処できるでしょう。

別れついての不安

バツイチの彼氏の場合は、長続きしないのではないかという不安も抱きやすいようです。

例えば、結婚していた年数が1年~3年程度の場合やそもそもの付き合いが数か月程度で結婚した場合などです。

簡単に別れを決めてしまう男性では長続きしませんよね。バツイチ男性の中には、別れについて安易に考えていることもあります。

結婚と違って付き合っているだけの場合、別れる時に書面での手続きは必要ないですからすぐに離れることができてしまいます。

別れについて軽く考えている彼氏の場合は特に不安になるでしょうが、別れるかどうかは二人の付き合い方と考え方次第です。

「別れるかもしれない」、「長続きしないかもしれない」という不安を抱えながら結婚したら、今度は「離婚するかもしれない」という不安に変わるでしょう。

別れの不安はバツイチだから起こるわけではないと考え方を変えて対処するしかないのです。

また、バツイチの男性は、別れの辛さを知っているからこれ以上の別れは望まず、恋愛を大事に進めていくということも考えられます。

死以外の別れは突然起こるものではなく、日常からじわじわとやって来るものです。

別れの心配ばかりしていると面倒臭い女、重い女と思われかねません。

そうなると自分で別れを招いてしまうことになりますので、前向きな気持ちで彼氏との恋愛を楽しみましょう。

子供についての不安

彼氏と元妻の間に子供がいる場合、いつか結婚した時に自分たちの子供を彼氏が希望するかどうかについて不安になるでしょう。

彼氏が「結婚したい」と言ってくれていても子供はこれ以上作りたくないと思っているかもしれません。

また、子供を授かったとしても既に彼氏と元妻の間にいる子供と同じくらい愛してくれるかという不安もあるでしょう。

子供の問題について触れないまま付き合って、いざ結婚する時に話し合った結果が破局ということも有り得ますので、子供に関する不安事項は早めに対処しましょう。

  • 将来的に子供を希望しているか
  • 子供ができたら既にいる子供と同じように愛してくれるか

結婚してから子供について話し合うこともできますが、二人の気持ちが同じではない場合は結婚生活を続けることは難しいかもしれません。

将来的な問題でも不安になることについては早めに彼氏の意思を確認することで、今後どうすれば良いかがわかるはずです。

この他の子供についての不安としては、彼氏と元妻との子供の問題がありますよね。

自分との間に子供ができたら、元妻との間にいる子供と会うことはやめて欲しいと思われる方もいるかもしれませんが、断ち切ることは難しいでしょう。

元妻の子供と会うことで感じる不安については、以下のように考えて対処してみてはいかがでしょうか。

  • 会わなければ薄情で、父親として誠実ではない
  • 子供ができていなかったら彼氏の性格が今とは違っていたかもしれない

子供ができたからこそ良い意味で変わった部分もあるでしょうし、何より子供に罪はありません。

元妻との子供と関わったとしてもあなたとの関係に変化が出ることはないはずです。

親子という切れない縁は、認めることで不安な気持ちも薄れるのではないでしょうか。

結婚式についての不安

バツイチ彼氏と付き合っていても結婚を夢見ることはあるでしょう。しかし、結婚の証の一つである結婚式についての不安もあるようです。

受け入れられるかどうかの不安の項目で、不安について対処する方法をご紹介しましたが、結婚するまでにお互いの両親に受け入れられることができれば、次の不安としては結婚式の問題でしょう。

特に彼氏の気持ちがポイントになります。一般的にバツイチで結婚することになった場合は、質素になる傾向があります。

二度目ということで、友達や親戚などを呼ばず家族だけ、又は写真だけで終わらせることもあるようです。

バツイチの彼氏と結婚式を挙げることができないのではないか、質素になるのではないかという不安は仕方がないことかもしれません。

二度目の結婚式に呼ばれる彼氏側の親族や友達の気持ちにとしては、「また別れるのではないか」、「一度は祝った」という気持ちや反対する気持ちもあるかもしれません。

それを踏まえて彼氏がどんな風に考えているか、まずは聞いてみましょう。

結婚式について彼氏が考えているであろうことを3個ご紹介しましょう。

  1. 少人数なら結婚式を挙げたい
  2. 海外ウェディングならしたい
  3. 絶対にしたくない

1の少人数でも結婚式を挙げたいという希望がある場合は、結婚式自体がNGではないので話し合いの中で規模を少しでも大きくできる可能性があります。

彼氏がバツイチでも新婦であるあなたは初婚ですから、したいことや譲れないことをはっきりお願いしてみましょう。

2の海外なら結婚式を挙げたいという場合は、友達や親戚を招かず二人きりで挙式することが可能です。

異国の地ということで大胆にもなれるでしょうから盛大にすることができるでしょう。

海外ウェディングは、旅行気分になれるので「旅費を出すから来て欲しい」と両親を説得しやすいようです。

問題は、3の結婚式を絶対にしたくないという場合です。

金銭的な問題や二度目ということで恥ずかしさという問題があるようです。結婚するということはこれからお互いを支え合って生きていくということです。

結婚式を挙げたいという自分の気持ちと結婚式を挙げたくないという彼氏の気持ちの折り合いをつける必要があります。

いざ結婚すると決まってから式や披露宴の問題で喧嘩したくないでしょうし、不安をずっと抱えたまま付き合うことも辛いでしょう。

結婚式や披露宴の問題については、普段の何気ない時間の中で徐々にすり合わせていくことがお勧めの対処の仕方です。

特にプロポーズされたわけでもなく、結婚の予定もなく、何となく将来の話をした時に、「こんな風にしたい」とお互いの気持ちを明らかにして話し合っておくことをお勧めします。

聞けば安心!バツイチの彼氏についての不安を解消!

バツイチの彼氏と付き合うことに不安がある場合は、一人で悩まず誰かに頼ることもお勧めです。

「これから付き合っていく上で不安なことがあるので教えてもらえませんか?」と親しい人たちにお願いするのです。

お勧めの人たちについてご紹介しましょう。

彼氏の両親から聞く

離婚する際には両親に説明をしたはずですから、彼氏の離婚理由について教えてもらうことができるでしょう。

結婚まで考えていることを話せばきちんと向き合ってくれるでしょうし、「不安にさせてごめんなさい」と謝罪されるかもしれません。

両親の場合は、自分の子供の話なのでかばうような内容かもしれませんが、これから親しい間柄になるかもしれませんので仲良くなるきっかけにもなるでしょう。

彼氏の友人から聞く

彼氏の友人であれば両親よりももっと詳しく、具体的な離婚理由を教えてくれるかもしれません。

彼氏の性格やこれまでの恋愛についても教えてもらうことができるかもしれませんし、彼氏をよく知る友人だからこそのアドバイスもしてもらえるかもしれません。

彼氏の元妻から聞く

彼氏の元妻から聞くことは稀ですが、彼氏と一緒に子供と会うことがある場合には元妻と顔を会わせることも考えられます。

何度か顔を会わせるうちに結婚していた頃の話や離婚の経緯などを話してもらえるかもしれません。

もちろん、元妻側の話なので鵜呑みにしないことがポイントです。

離婚は明らかな理由がある場合は、双方に何かしらの原因があるものです。

元妻の偏った意見を聞いてしまうと彼氏の印象が悪くなってしまう可能性がありますので、彼氏側の言い分も聞く必要があるのです。

不安要素が解消できれば良いのですから、あまり追究し過ぎないようにしましょう。

バツイチであることを気にしないことで不安は消える!

バツイチの彼氏と付き合うことにはご紹介したように様々な不安がつきまとうことでしょう。

しかし、不安があってもそれを乗り越えて結婚して幸せに暮らしているカップルは沢山います。

バツイチではない男性と付き合ったら得られない経験をすることで、彼氏もあなたも人として成長できるかもしれません。

バツイチであることは消すことができないことです。

しかし、離婚という過去があったからこそ今があるのですから、過去も含めて愛することができれば不安から解放されるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント