• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

バツイチ男性はモテる?バツイチ男性との恋愛を成功させるコツ

Date:2013.11.21

バツイチはモテる、と言われます。それは女性でも男性でも同じことのようですね。特に男性のバツイチは、結婚経験のある人は、それだけ頼りがいがありそう、相手のことを考えてくれそう、と感じるからでしょう。

女性もそうかもしれませんが、バツイチの男性は、一度も結婚していない男性より、魅力的に見えてしまいます。口では「バツイチだから、どうしようもない男だよ」なんて言いながらも、余裕があります。

その余裕がまた、バツイチの魅力かしら?なんて女性は惹かれてしまうのでしょうね。バツイチの男性はモテるのに、自分から積極的に行動しない人が多いようです。さらに、女性との付き合いがトラウマになっていることも。

そんなバツイチ男性との恋愛を成功させるには、どうしたらよいのでしょう?

男性としての自信を持たせてあげる

世の中、離婚をする人が増えてきたとはいえ、やはり離婚をするというのは、自分の力不足、魅力不足、を感じずにはいられません。

特に男性の場合、女性を守り通すことができなかったダメな男、という思いが強く残るようです。さらに、離婚によって、女性を深く傷つけてしまった、という後悔の念からも、なかなか抜け出せない男性もいるようです。

そういった男性は、女性とのお付き合いに対しても積極的にはなりません。男性として、また女性を傷つけてしまうかもしれない、また自分も傷つくかもしれない、と思うと、恋愛が面倒になってしまうのですね。

そんなバツイチの男性を、恋愛モードにさせるには、男性としての自信を、取り戻させてあげることが必要です。

できるだけそばにいる

恋愛に対して自信を失くしている男性に、激しい思いをぶつけても、相手は逃げ腰になるだけ。あまり好き好きと迫るのではなく、自然とそばにいるようにしましょう。

夕ご飯に誘ったり、休日にデートに誘ったり、好意を示しながらも、相手が乗り気でなければ、すぐに諦める、というスタンスで誘うのがコツ。

まずは友達づきあいから、そしてそばにいていいのであれば、恋人未満に。でも、焦ってはいけません。一緒にいて居心地がいい状態を作り、いないと寂しいな、と思わせるのが大事です。

拒否されても平気になる

バツイチ男性は、自分に自信がないことから、女性を遠ざけようとするかもしれません。「僕なんかより他にいい人はいくらでもいるよ」「僕はもう、結婚なんてコリゴリなんだ」と女性を諦めさせる言葉を並べるかもしれません。

でも、それに屈してはいけません。それは本心かどうかは分からないからです。バツイチ男性は、女性を好きになる資格もない、なんて思っていることがあります。そのせいで、自分に好意を持ってくれる女性に対しても、素直になれないのです。

そんな彼の言葉は、臆病者のたわごと、ととらえ、自分の気持ちに素直に従いましょう。

幸せにしてもらうつもりはないことを伝える

バツイチ男性は、「自分は女性を幸せにすることはできない」と思っています。その気持ちを軽くしてあげるためにも、男性に幸せにしてもらうつもりはないことを伝えましょう。

彼と一緒にいるだけで幸せなのだ、一緒にいるだけで幸せにしてもらっている、ということを伝えてあげましょう。ちょっとだけ、彼も男としての自信を取り戻せるかもしれません。

離婚した元奥さんとは違うことを伝える

離婚の理由は、彼が話すまで聞いてはいけませんが、元の奥さんとは違う、ということを伝えましょう。バツイチ男性は二の舞になることを恐れます。でも、『経験をして女性を傷つけることのつらさを知っている男性なら、全く同じことはしない』と言ってあげましょう。

少しでも、自信を持ってもらうことが大切です。

子どもがいることを覚悟する

バツイチ男性には、たいてい、前の奥さんとの間にできた子どもがいます。それは覚悟しなければなりません。もし、その子どもがパパが女性とお付き合いをすることを望まなければ、彼は子どもの言うことを選ぶかもしれません。

そうでなくても、彼の子どもと付き合っていくことになるかもしれません。もちろん、彼を独占しようと考えてはいけませんよ。

やはり、彼にとっては子どもは大事。子どもだってパパは一人しかいません。彼が子どもを優先することは、当然のこと。子どもに焼きもちなんて焼かないようにしましょう。

とにかく待つこと

バツイチ男性は、次の恋愛に対してあまり積極的になれないことが多いです。こちらが一生懸命アプローチしても、かわされてしまうこともあります。

彼がその気になるまで、とにかく待ちましょう。できるだけそばにいて、話し相手になり、彼が寂しい思いをしている時には、そっとなぐさめ、彼の心が開くまで辛抱強く待ちましょう。

この記事をシェアする

関連記事