• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女子力アップ!BBQで料理上手と思われる好印象な7つのテクニック

Date:2013.04.12

目分量でご飯を炊く

BBQを始める前に、持ってきた飯盒炊爨(はんごうすいさん)か鍋でささっとご飯を炊きましょう。鍋でおいしくご飯を炊き上げることができたら、あなたはそれだけで料理上手に思われます。

目分量で適当にやると、そう大きな過ちを犯すことはありません。わからなかったら、連れのオンナ友だちにこっそり水の量を聞くと教えてくれます。

マイトングを持参する

マイトングを持参して、焼けたものをくるりんと裏返しましょう。イタリアンの有名なシェフのようにくるりんと鮮やかな手つきで肉や野菜を裏返せばいいのです。トング自体の構造がシンプルなので、少し家で練習していけば大丈夫。

バラ肉はトングでくしゃくしゃっとばらす

焼けたバラ肉を1枚1枚とって裏返していたのでは日が暮れてしまいます。時には大胆にやるのも料理上手。焼けた肉はトングでくしゃくしゃっとして裏返してしまえばいいのです。

塩コショウは目分量で高い位置からふる

塩コショウを「これくらいで大丈夫かなあ」とチマチマと低い位置からふるのは素人の技。プロは塩コショウを高い位置から優雅にふります。

そのほうがまんべんなくふれるからであって、プロらしさを誇示するためにわざわざ高い位置からふるわけではないのですが、こういうの、BBQの鉄板がデカイのをいいことに、大胆にやってしまうといいと思います。

多少、塩コショウがかかっていなくても、焼肉のタレか何かで食べるとわかりませんって。

ブロック肉に十字に焼き目を入れる

これ、一番簡単なので、やりましょう。プロみたいに網の十字を利用して、肉に焦げ目をつけるのです。斜めに焦げ目を入れたいですね。真四角に焦げ目がついている肉を見てもおいしそうに感じませんから。

野菜は肉汁で焼く

ツウは、肉から出てきた肉汁で野菜を焼きます。好みもあるかもしれませんが、肉から出てくる肉汁こそが本当は一番おいしいのです。

同じサイズの食器はまとめて洗う

片づけの際は、同じサイズの食器はまとめて洗うこと。これ、基本です。飲食店でバイトをしたらいの一番に教わると思います。効率がいいのです。

みんなのコップだけをまとめて洗い場に持ってくとか、そういうことをしているのを、意中のオトコはヨコで眺めています。「コイツと結婚したら、家事、テキパキやってくれるかも」とオトコは思います。

この記事をシェアする

関連記事