• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

余ったビーズが大活躍!ゴージャスネックレスの作り方

Date:2016.05.22

ネックレス

先日、都内の電車にて素敵なマダムがしていらっしゃったゴージャスなネックレス。

コットンパールやベージュのビーズがモリモリついていて、目も心も惹かれるネックレスでした。

でも、その後にふと、思ったの。

もしかして、あれって…少しだけ使って残りが半端に引き出しに眠っている、あの余りビーズでつくれるんじゃ…!?

もちろんチラリとしか見られていないあのデザイン、全く同じものは出来ないけれど、リスペクトってことで…!

ちょっと大き目のビーズが半端に残っているなんて方、ぜひ試してみてね。

所要時間は1時間。難しそうに見えるけど、やっているのは「通すだけ」。

金具も最小限、半端な彼らも一掃です。

W500Q100_5画像1

使用したもの
つぶし玉
2個
カシメ玉
2個
丸カン
2個
ビーズ1:パール9mm~12mm程度
ビーズ2:4mmパール
テグス
ネックレス用金具
平ヤットコ
はさみ

まずは、下準備から。

中途半端な彼ら。

W500Q100_5画像2

微妙に大理石のような柄の入った、アクリルビーズ。

これが何かに少し使って以来、半端に余っていたわけです。

それが、今回は主役。人生(?)、何があるかわからないものだわ。

W500Q100_5画像3

同じくらいの大きさのコットンパールも、足して作りますよ。

さて、こちらは今回のために購入したもの。

W500Q100_5画像4

4mmの樹脂パール。

さぁいよいよ通していきましょう。

W500Q100_5画像5

テグスを2本、切り出しまして。1本は50㎝ほど、もう1本は100㎝ほど。

W500Q100_5画像6

2本まとめてカシメ玉へ。

W500Q100_5画像7

つぶし玉も通したら

W500Q100_5画像8

クルッと戻して、つぶし玉へもう一度。

引っ張って緩みをなくし、

W500Q100_5画像9

平ヤットコで潰しましょう。

W500Q100_5画像10

はい、これで抜ける心配なし。

W500Q100_5画像11

余りのテグスを切って

W500Q100_5画像12

カシメ玉に閉じ込めましょう。

W500Q100_5画像13

これで下準備完了!

ビーズを通す

まずは2本同時にパール4mmを通していきましょう。

W500Q100_5画像14

15cmほど(テキトウ)通したら、

W500Q100_5画像15

その先は1本に通します。お好みですが、私は60㎝程度になるように通しました

W500Q100_5画像16

さて、途中で取り残されたテグスに、いよいよビーズを通します。

W500Q100_5画像17

お好みで。まずは小さ目から。

ひとつ通したら、

W500Q100_5画像18

隣のパールへ通して。

W500Q100_5画像19

もうひとつ通して、隣のパールへ。

W500Q100_5画像20

大きめも足しながら、同様に隣のパールへ進みましょう。

モリ。

W500Q100_5画像21

モリモリ。

W500Q100_5画像22

モリモリモリ!

パールの残りが最初と同じ15cm程度になるまでモリモリさせたら、パールに通しましょう。

ほぼ完成!

金具を付けて、完成

あとはネックレス用金具を付けるだけ。

最後は同じようにカシメ玉とつぶし玉で、留めて。

W500Q100_5画像23

丸カンで、アジャスターを装着。

W500Q100_5画像24

これで完成!

W500Q100_5画像25

どう、このモリモリっぷり。

W500Q100_5画像26

重いかと思いきや、コットンパールが混じっているおかげで、そんなに重くならず。

あの素敵マダムに一歩近づけたような気分!

W500Q100_5画像27

(ちょうどグラスのお掃除中だったので、ちょっと素敵感を演出)

思ったよりもだいぶ、お洒落に出来上がりました。

テグスに通すビーズの順番は、テキトウです。順番を決めてデザインしてもそのとおりにのは出来ないのが、半端ビーズですから。要するに、モリモリさせられればいいんです!

心向くまま、自由に通しましょう。

そんなわけで、図らずも世界にひとつのデザインが出来上がりますよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント