• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

産後のバストは垂れやすい!バストケアで美しい胸をキープしましょう

shutterstock_388251508

出産後の女性の体は、バストを含めて体全体がサイズアップしている状態になり、多くの女性がほっそりとサイズダウンはしたいけれども、バストサイズだけはキープできないかと思うことが多いです。

バストは妊娠中から出産を経て、授乳中も大きさが変化するもので、形や見た目の色、触ったときの感じも個人差があり、変化の様子が大きく違うこともあります。

女性らしさの象徴ともいえるバストは、女性の心理にも影響を与える存在です。

育児で忙しい状態でも、キレイなバストや自分なりに理想的なバストでいるためのバストケアについて見ていきましょう。

知らないと垂れる!バストの仕組み

妊娠をして胸の張りを感じるようになってから、出産を経て授乳をやめるまで、胸は大抵の場合大きくなります。

母乳が出ない女性もある程度胸の張りを感じたり、サイズアップしてきたことを実感しますから、胸のケアについて関心が高まることでしょう。

大きく成長した胸は、赤ちゃんが離乳食を食べるようになると徐々に出番が少なくなり、やがて断乳の時期を迎えます。

断乳後の胸はしぼんだ風船のように頼りない状態となり、放置しておけば垂れて手が付けられなくなります。

垂れパイを避けるためにも、まずは、妊娠や出産、授乳とバストケアの関係性など、詳しく見ていきましょう。

思わずうれしくなるような大きなバストは一時的なもの

妊娠しておなかの赤ちゃんが大きくなると、胸は赤ちゃんが生まれてからおっぱいを飲ませるための準備をします。

人によっては胸の大きさが妊娠前の倍、サイズで言えば2サイズ以上も大きくなることもあります。

これだけ大きく育った胸を見ると、いくら妊娠のためのサイズアップだとしても、女性なら思わずうれしくなるものです。

しかし、この大きくてハリのある胸は一時的なもので赤ちゃんがおっぱいを吸わなくなるとしぼみ始めるものです。

胸が大きくなるのは赤ちゃんが生まれるための準備として乳腺組織がするためで、妊娠している期間、または授乳している期間限定のものです。

ボリューミーな胸は、赤ちゃんに授乳するという役割を終えると、発達していた乳腺組織も落ち着きを見せ始め、元の状態に戻り始めます。

胸のサイズだけで言えば、元のサイズに戻っていってしまいます。問題はそのしぼみ方です。

大きく膨らませた風船を考えてみてください。大きく膨らませた状態にして1か月程度放置しておくと、自然に空気が抜けてきて頼りない状態になり、しわを伴いながらしぼんでいきます。

かすかに元の大きさよりも大きくなって見えますが、膨らませる前と比べると見た目は良くありません。

これと似たような現象が胸にも起こるとしたら?恐ろしい状態になることが想像できます。

バストの形が変化する仕組みを紹介

胸は、触るととても柔らかです。これは腕や脚と違って、骨や筋肉が関与していないためです。

具体的には、

  • 乳腺提靭帯(クローバー靭帯)
  • 脂肪組織

で作られていて、この2つの働きにより形がキープされています。

主に胸の形や張りをサポートしているのが乳腺提靭帯(クーパー靭帯)で、一度伸びると元の状態に戻れないという特徴があるものです。

つまり、妊娠中から授乳中にかけて大きく育つ胸は、乳腺提靭帯(クローバー靭帯)にサポートされている関係上、しっかりケアをしなければ、乳腺提靭帯(クローバー靭帯)が伸びきった状態になってしまい、役目を終えた胸は無残に垂れてしまう仕組みになっています。

母乳育児とバストの形の関係

母乳を飲ませると、胸が垂れるとか、胸の形が悪くなる、胸が痩せるなど、マイナスイメージな話を聞いたことがある女性もいるかもしれませんが、母乳育児そのものが悪いというわけではありません。

母乳育児をしていても胸の形をキープするための大きなポイントとしては、

  • 左右の胸からバランスよく授乳する
  • 胸に合ったサイズや形、サポート機能のあるブラジャーを付ける
  • バストケアは左右平等に行う

特別な高級エステなどに通わなくても、これらの点に気を付けるだけでもだいぶ違います。

ミルクで赤ちゃんを育てているとしても、何もケアしないでいれば胸が垂れることもありますので、注意が必要です。

出産後にしておくべきバストケア

出産後は赤ちゃんのお世話と自分自身の体の調子を整えることで何かと忙しくなります。

ですが、この時期にバストケアを十分にしておかないと、キレイなバストを保つことはできなくなります。

バストケアといっても育児に支障が出ない程度のことで、ポイントをチェックしつつ行えることばかりです。

育児をしながら少しずつ実践していけば良く、極端に面倒だったり、赤ちゃんのことを後回しにしてまでするようなことはありません。

育児をしながらバストケアも意識的にしていくためには、どのようなポイントがあるのでしょうか。基本となることを見ていきましょう。

きれいな胸を維持するための下着選び

胸とブラジャーの関係は切っても切れないもので、むしろ、キレイなバストづくりには欠かせない存在です。

人によっては、多少サイズが合わなくてもデザインや価格帯によって使用していることがありますが、実はこの方法だと胸の形もサイズも理想通りには育ってくれません。

ブラジャーを選ぶときに何よりも重要なポイントはサイズで、出産前後でバストサイズが変化してもそのたびに調整が必要なものです。

小さめサイズの場合
乳房を締め付けてしまうため、乳房の形状そのものをいびつに変形させる可能性がある。母乳が出ているときは漏れてしまったり、カップに乳房が入りきらないことも考えられる。
大きめサイズの場合
乳房のトップの位置が下がり、乳房全体がしっかりサポートされない状態になるため垂れの原因になりかねない。背中やわきに脂肪がつきやすくなることも考えられる。

出産前後は少しゆったりめの服装が良いと言われていますが、ブラジャーについてはきつく感じない程度のジャストサイズが理想的です。

産後専用のブラジャーを使用するときは、ワイヤーが入っているものを選ぶようにしたり、乳房のホールド力を考えて選ぶことも必要です。

また試着ができる場合は、専門の店員さんに相談しながら、正しい装着の仕方なども指導してもらうようにしましょう。

ナイトブラは授乳中からつけられるので、できるだけ活用すると良いでしょう。

バストケアに良い食生活

キレイなバストを目指すにはそれに見合った栄養成分を食事から摂取することも大切です。

バストに良い食生活は母乳の生産にもかかわってくるので、バランスよく食べることが必要です。

乳腺の働きやバストアップに良い食品は、女性ホルモンの分泌を促進してくれるので、美肌にも効果的です。代表的なものでは、

大豆製品
納豆、豆腐、油揚げなど
果物や野菜
りんごやぶどう、キャベツなど
海藻類
ひじき、とろろ昆布、わかめなど
畜産加工品類
はちみつなど

さまざまな食材があります。これらの食品は出産前から日常的に食べてきているものです。

産後は少し意識的に食べるようにするとキレイなバスト作りの他に、美容やダイエットにも効果が期待できます。

産後は育児がメインとなり、忙しく感じる女性がほとんどです。

無理をしないためにも買い物はたまに、ネットショッピングを利用したり、パートナーや身内にお願いしたりすると良いです。

エクササイズをするなら産後がおすすめ

キレイなバスト作りのためには、ブラジャーを付けてバランスの良い食事をするたけでは物足りなさを感じます。

かといって運動が苦手な方は産後は育児もあるのでなおさらエクササイズなんて続きません。

ですが、妊娠によってついた脂肪は産後半年間は落ちやすい特徴があり、美しいバストのために大胸筋を鍛えてバストメイクすることがおすすめです。

そのため短期間なら頑張れる可能性も出てきます。

エクササイズの方法はダンベルを使ったものや500mlのペットボトルを使用したものがおすすめで、1日おきくらいのペースで行います。

特に生後半年くらいまでの間は、赤ちゃんの寝ている時間が長いことや、歩き始める前ということから、さっと5分、10分のエクササイズをするにも適している時期だと言えます。

必ず適応サイズのブラジャーを付けて、バストに負担がかからないように行いましょう。

産後のバストケアにはクリームも効果的

産後のバストはこれまでも述べてきたように大きくサイズアップします。そのためバストの皮は伸びていることがほとんどで、そのまましぼんでしまえば、しわを伴って垂れるものです。

そこへバストクリームなどを使ってケアしていくと、保湿や張りツヤを取り戻せる可能性があります。

バストも皮膚でおおわれているため、保湿や張りツヤ成分を与えてあげると伸びてしまった皮に対しても良い効果があります。

近年では授乳中でも使えるものもありますし、安全性も高くなっています。さらにマッサージと組み合わせるとより良い効果を発揮するものもあります。

産後のバストケアはクリームが良いと言われることについて、見ていきましょう。

バストアップクリームが効果的な理由

バストアップクリームは産後のバストケアの中でも手軽でケアし忘れる可能性が低いことから、毎日続けやすいものです。

バストアップクリームの効果は、

  • バストに張りを与える効果
  • 保湿効果
  • 血行促進効果
  • バストアップ効果

ざっとこのような効果があります。こうした効果が出る理由としては、

  • バストに張りや弾力を与える成分が配合されている
  • マッサージをしながらクリームを使用することで乳腺を刺激しバストを持ち上げる効果が期待できる
  • 各種美容成分がバストにうるおいを与える

バストアップクリームの成分によっては、他にもいろいろな効果を生み出す秘密があり、授乳中から使用できるものもあります。

これらのバストアップクリームはエステのように赤ちゃんと離れる時間が必要ではありませんし、サプリメントのように成分が母乳にどう影響するのかなどの心配がありません。

バストも肌ですから、こうしたクリームなどで潤いや張りを保つことによって柔軟性のある状態となり、バストがしぼみ始めても垂れにくくなることが考えられます。

赤ちゃんへの影響や副作用について

バストアップクリームはサプリメントのように飲むことがありませんので、成分が体内に入って母乳に影響を与えるなどの悪さをすることはありません。

クリームを塗った状態のバストと赤ちゃんが触れることを考えれば、唯一授乳のときでしょう。

基本的にはバストアップクリームの成分は植物由来が多くて、赤ちゃんの肌についても刺激になることは非常に少ないものです。

授乳のときに乳首と乳輪についているクリームは、濡れタオルや清浄綿などでふき取ってから赤ちゃんの口に含ませるようにしてあげることで、クリームの成分が赤ちゃんの口に直接入り込むことを防ぎます。

副作用については個人差のあることなので、一概には言い切れないものがありますが、一般的には添加物や女性ホルモンを刺激する成分が少量は含まれています。

産後の女性の体は非常にデリケートなので、今までは市販のクリームでも全く異常を感じなかった人も、肌荒れを起こすことがあります。

使ってみなければわからないところがありますが、万一、肌荒れや、その他のアレルギー症状が出た場合は、使用をやめて皮膚科や産婦人科に相談するようにしましょう。

バストアップクリームの選び方

バストアップクリームを選ぶときは、有名だからとか、ブランド品だからという選び方ではなくて、成分に注目して選ぶようにしましょう。

  • ボルフィリン
  • コラーゲン
  • コエンザイムQ10
  • プエラリア
  • プラセンタ
  • 白きくらげ多糖体
  • イソフラボン
  • コポリマー

これらの成分はバストの張りや弾力の他に女性ホルモンに働きかける成分も含まれていて、女性らしいバストを作りをサポートしてくれるものたちです。

バストアップクリームと一口にいってもさまざまな成分で構成されていますので、成分表示を良く見て購入するようにしましょう。

また、赤ちゃんのためにより安全性を高める意味でも、アルコールやパラベンなどは不使用のものを選ぶようにすると安心できます。

産後のバストケアは状況を見て行おう

赤ちゃんを出産した後は、赤ちゃんのお世話をすることはもちろん、自分自身の体の回復にも十分な配慮と時間が必要です。どちらも両立できることが理想的でも、なかなか体1つで完璧にはできません。

無理をしても赤ちゃんと自分自身の両方に肌トラブルを起こしたり、回復しきっていない自分の体に想像以上の負担をかけることになりかねません。

赤ちゃんにとっては唯一ママが頼れる存在なので、バストケアのためにダウンしてしまうようでは元も子もありませんし、赤ちゃんが一番困る事態になります。

できるだけ早期にバストケアをしたい気持ちはわかりますが、体調と相談をしながら無理をしないで適度にケアを行うことがおすすめです。