脱いだって、私いい女なんです!裸に自信がつく6つの魔法!

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは自分の裸に自信がありますか?お風呂上りに、自分の全身を鏡でチェックしてみましょう。あれ、お腹周りここまで肉ついてたかな?え?なんかお尻の辺り、もっとキュっとしてなかったっけ?背中、こんな丸かったかしら?…。

普段きちんと見ていない分だけショックを受けるかもしれません。でも、大丈夫!それに気付いただけ、あなたは大丈夫!ライフスタイルを少し変えるだけで、あなたも脱いだってキレイな女になれます!

顔のメイクアップや、ファッションは、女性なら誰もが気を使い、ケアをしていることだと思います。しかし、自分のヌードについてはどうでしょうか?自分の裸をチェックしている人はどのくらいいるでしょうか?

お風呂上りに、まめに体重計に乗ってはいても、鏡を見ることは少ないのでは?私達は裸に対して、あまりにも無防備で無頓着で、まさに「丸裸」のままにしているのです。自分でもチェックしていない、無頓着な裸を誰かに見られることほど恥ずかしいことはないです!

あなたのヌードは、気を使っているか、気を使っていないかは、一目瞭然です。脱いだ体に自信を持っている女こそが、本当にいい女!それでは、裸に自信がつく6つの魔法を紹介していきましょう。

1、裸のメイクアップ

いい香りの新しいボディローションを手に入れましょう。お風呂上りには、必ずそのローションで保湿し、いつでもいい香りの漂う体でいます。

髪はドライヤーできちんと乾かし、ブローします。そして、マニキュア・ペディキュアで爪先のケアをします。裸であってもきちんとケアをしていれば、あなたはもっと裸に自信が持てますよ!

2、自分の体に慣れる

毎日お風呂に入っていても、意外と自分の裸は見慣れていません。プライベートで自分の裸に慣れるようにしましょう。

一人の時、ヌードになって部屋で過ごしてみると、服を着ていない自分を見るのに抵抗がなくなります。もちろん、カーテンは閉めて鍵もちゃんとかけて下さいね!

3、寝室の照明を変える

必要以上に明るい天井のライトは消してしまいましょう。寝室には、ランプやキャンドルといったムードのある光を使うと、あなたの裸をもっとキレイに見せてくれます。

4、ボディケアは念入りに

ボディケアを怠らず、なめらかで柔らかい肌をキープしましょう。ボディローションでの保湿や、スクラブなどで肌のザラザラをなめらかにしておくことは必須です。ボディローションを使う時には、女性らしい曲線を思い描いて塗っていくといいでしょう。

5、むくませない

彼と素敵な夜を過ごしたいなら、5時間前にはパンや炭酸飲料を口にするのはやめましょう。そうすれば、むくんで膨張した体を見せなくてすみます。

6、日常化する

1~5までのケアを日常的にしておきましょう。そして、いつ裸を見られても、慌てず自信を持っていられるようにしておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク