• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分に合うヘアスタイルは?3つのポイントで簡単チェック

ヘアスタイル

昔から「髪は女性の命」と言われていますが、それは間違いではありません。

髪の質が良ければ自然と綺麗に見られますし、特に『髪型』が与える影響は大きく、女性たちは日々「どんなヘアスタイルが良いだろう?」とお悩みでしょう。

そこで、今回は『女性の髪型を決める要素』について触れておきます。

髪型に関わる基本さえ抑えておけば、あなたはより美しく、そして自分ならではの魅力を再発見できるでしょう。

ヘアスタイルを決める前にチェックしたい3つの要素とは?

女性の髪型を構成するにあたり、下記の3点は欠かせないでしょう。

  • 長さ
  • 髪質

最近はウィッグも発達して「欲しいときに欲しい髪型を手に入れる」のも簡単になりました。

しかし、作り物の美しさは天然ものには叶わず、持って生まれた魅力は極めて重要です。

そして美しさにも多様性があるように、女性は「自分の髪はどんな方向性が良いのかな?」という点を理解しないと、似合わない髪型で本来の良さも台無しになるでしょう。

ですが、上記の3点をしっかり踏まえて髪型を決定すれば、目指す方向性が見えてきます。

そうすれば自分に似合うヘアスタイルが作れますし、それが自信になってさらに綺麗に見えるでしょう。

では、各要素についてご説明いたします。

長さの区分は3つ?女性の髪でまず意識したいこと

女性の髪型を決める最大の方向性はやはり『長さ』であり、単純に長さを分けると3つになるでしょう。

  1. ロング
  2. ショート
  3. セミロング

これらは非常に大ざっぱな分類で、さらに細かく分けると『スーパーロング』や『ベリーショート』なども存在しますが、人により認識に差があります。

したがって、この3段階で分けるのが一番通じやすいでしょう。

こうした長さは流行により毎年ベストなサイズが変わりますが、先ほども申し上げたように『自分に似合う長さはどれくらい?』というのが一番大切です。

それに加えて長さにより利点や欠点もあるので、自分のライフスタイルからも選び方を変えてみましょう。

男性受けも良い?人気なロングヘアの利点と欠点

「女性といえば長い髪!」と表現する人が多いように、男性受けも良いのが女性の『ロングヘア』です。

そんなロングヘアの利点と欠点については、下記をご参照ください。

利点 欠点
・髪型のバリエーションが極めて多い
・男性にはない髪型で女性らしさを強調できる
・手入れが大変
・動きの妨げになりやすい

ロングは背中の中腹程度の長さから該当し、代表的なヘアスタイルは『ストレート』や『ポニーテール』、他にも『アップスタイル』など極めて豊富ですね。

気分や場所によっての融通が利きやすく、自分に似合う髪型を模索しやすいのは大きな利点でしょう。

その反面、手入れが大変で運動の妨げになりやすく、活動的な人だと苛立ちを覚えるかもしれませんね。

女性の魅力を最大限まで引き出すなら、こうした手間もときには享受せねばなりません。

「長い髪にしてみたいけど、いきなりロングを維持するのは自信がないかも…」という人は、後述するセミロングから検討するのも良いでしょう。

ロングは男性から人気が出やすいものの、女性側からすると美しさの維持や髪型のセッティングも大変です。

伸ばすだけなら簡単ですが、「伸ばしたあとにどうするか?」も意識してください。

維持も楽ちん!ショートヘアで女性らしさは表現できるか

短い髪といえば男性的なイメージもありますが、女性なら『ショートヘア』でも工夫次第で女性的な美しさが表現可能です。

そしてショートヘアもロングヘアと同様に、利点と欠点が存在します。

利点 欠点
・手入れが楽
・動きを阻害しにくい
・バリエーションが少なめ
・短すぎると女性らしく見えない?

ショートは耳にかかるくらいの長さが該当し、代表的なヘアスタイルは『ボブカット(おかっぱ)』や『シャギーカット』です。

髪が短いということは手入れが非常に楽で、とくに運動が好きな女性はショートヘアにしておくと、スポーティな魅力が強調できるでしょう。

しかし短い分バリエーションが少なく、オシャレ好きな女性からするとマンネリ化が気になります。

さらに短くしすぎると男性との差別化が難しく、女性らしい魅力の維持にはコツも必要でしょう。

こうした背景もあって、ショートヘアは『実用性』のほうが目立つかもしれませんね。

ショートヘアは女性からすると管理が楽ですが、男性からすると物足りなさを感じられることも多く、女性的な魅力を引き出すならパーマやワックスで微調整をしてみましょう。

初心者向け?いいとこ取りなセミロングの特徴

髪の長さといえばロングかショートかの二極化になりがちですが、その中間である『セミロング』は、双方のいいとこ取りな側面を持ちます。

利点 欠点
・邪魔になりにくくバリエーションも多め
・女性らしさと管理難易度のバランスも良い
・非常に扱いやすいため愛用者が多く個性がやや出しにくい

セミロングは肩に届くくらいの長さで、ヘアスタイルは『ロングで行える髪型を短くしたもの』なら大抵作れます。

その上手入れもロングより楽でショートよりもイメージチェンジがしやすく、オシャレの初心者に最適です。

ただし、そうした特性もあってか多くの女性が好むため、こだわりがないと没個性化しやすいでしょう。

オシャレ初心者なら流行を追うだけでも満足するかもしれませんが、より美しくなるなら自分ならではの魅力も意識してください。

また、ロングヘアと似たような髪型も作れますが、アップスタイルなどの場合、ボリューム不足が気になるのも留意しておきましょう。

「長いほうが良いのか、短いほうが似合うのか分からない…」という人も、まずはセミロングを目指すと良いでしょう。

最もバランスが良い長さなので、不足を感じればそこからの微調整が簡単です。

色は染めるべき?女性の髪型はカラーでも左右されます

女性の髪型を決める第2の要素としては『色』が挙げられ、このカラーリングについても3つの系統に分けられます。

こうした色以外にも赤や青といった個性的なカラーがありますが、日本で比較的一般化しているのは上記の3種類ですね。

一般化しているということは『日本人女性に似合いやすい』という意味でもあり、個性的すぎるカラーよりもこの中からまずは検討しましょう。

なお、髪を染める場合には自分で行うか美容室で行うかが選べますが、慣れないうちは美容室に任せるのがおすすめです。

色ムラが出にくくケアのコツなども聞けるので、初回だけでもプロに任せてみましょう。

黒髪の場合はそうした心配はありませんが、何もしなくても良いわけじゃありませんので、まずは色による特徴を把握してください。

日本人ならではの美しさ!人気もある黒髪の特徴とは

まずはジャパニーズスタイルでもある黒髪ですが、こちらは日本人女性にとって最も自然な色で清潔感があり、男性受けも良くプラス面が多いです。

利点 欠点
・男性人気が高く注目されやすい
・フォーマルな場でも問題なく対応できる
・成人以降の女性は茶色が主流なため良くも悪くも目立ちやすい
・似合わない場合は暗いイメージをもたれる

黒髪が似合う場合、『正統派日本美人』として良い意味で目立ち、シンプルな髪型でも非常に魅力的です。

また、清潔感があるということは老若男女問わずに好印象なため、面接といったフォーマルな局面にも強いでしょう。

しかし、成人した女性の大半が茶色系の色にするため、自然な色のはずなのに目立つという欠点もあります。

目立つということはそれだけ他人から評価されやすく、似合わない場合は「ちょっと暗い人っぽい?」と思われやすいのです。

最も自然な色でありながら、似合う人が限定される…まさに『日本人としての実力が試される色』でしょう。

「黒髪が似合うのは和風美人のみ」と言われるように、顔立ちに自信があるなら最高の髪色です。

ただ、髪型によって与える印象は多少操作できるので、日本人なら一度はチャレンジする価値もあります。

成人女性のスタンダード?使いやすい茶色のヘアカラー

続いて、今や黒以上のスタンダードになった『茶色』ですが、使いやすさゆえの利点と欠点が目立ちます。

利点 欠点
・黒よりなら落ち着いた雰囲気に、茶よりなら活発に見える
・女性ならば職場の髪型制限にも引っかかりにくい
・似たような色の女性が多く、何もしないと無個性に見られる

茶色は黒髪に比べて明るい色なため、黒にありがちな暗いというイメージを払拭し、顔全体を『垢抜けた雰囲気』にしてくれます。

しかも黒が強い茶髪ならやや落ち着いた雰囲気に、より明るめの茶髪なら活発な印象が作れるので、段階的に濃さを試すのも面白いでしょう。

しかし、茶色系統の髪をした女性は大変多く、「オシャレなら個性が欲しい!」という人は工夫が欠かせません。

どんな髪色でも工夫は必要ですが、茶色の髪はバランスが良い分、無個性脱出の敷居は高めでしょう。

今では日本人女性に最もしっくり来る色なので、「黒髪は自信がないけど、金色はちょっと…」という人でも安心ですね。

それにバランスが良い色なので似合うヘアスタイルも多く、女性のオシャレヘアの出発点とも言えます。

日本人離れした点を活かせるか?扱いが難しい金色の髪

最も日本人離れしつつもそれなりに見かける髪色が『金髪』で、最も明るい色合いは極端な利点と欠点があります。

利点 欠点
・似合う場合は日本人というよりも外国人のような美しさを得られる
・とにかく明るく目立つので人気者になれるチャンスも
・目立ちすぎるため出しゃばりの印象を持たれやすい
・仕事内容によっては髪型制限に引っかかる

金髪は主にヨーロッパ諸国のスタンダードなので、もしもこれが似合う顔立ちや髪型を維持できる場合、日本人離れした美しさを得られるでしょう。目立つ分人気者にもなりやすく、注目されるのが好きならおすすめできます。

ただし、目立ちすぎると疎ましく思われやすいし、派手すぎる色のせいで仕事によってはヘアスタイルを維持できません。

黒髪は目立つと書きましたが、金髪の目立ち方はベクトルが違うでしょう。

試すにしても勇気と時間が欲しいところなので、長期休暇などがあればその期間中にテストするのが無難ですね。

茶色に比べても明るすぎる色合いなので、一番挑戦しにくい髪色でしょう。

ただ、オシャレを個性と考えるなら非常に強みがあるのも事実で、金髪を活かせる髪型などのアイディアがあれば狙ってみてください。

太さと癖が決める髪質とヘアスタイルについて

髪型を左右する最後の要素が『髪質』ですが、これは2つの要素に注目しましょう。

  1. 太さ

髪質といえばただ単に『髪の状態が良いか悪いか』だと捉えられやすいですが、ヘアスタイルに関しては良いに越したことはなく、その点では悩むこともありません。

大事なのは太さと癖であり、この傾向によってセットできる髪型の得意不得意が決まる上、遺伝による要素が大きく矯正もしにくいのです。

色や長さは自分で調整できるものの、遺伝はさすがに塗り替えられませんね。

「遺伝ならどうしようもない…」と諦めるのではなく、「自分の特徴ならどうすれば魅力的か?」と前向きに考え、ヘアスタイル選びの参考にしてください。

どちらも捨てがたい?太い髪と細い髪での違い

俗称として、太い髪は『剛毛』、細い髪は『猫っ毛』と呼ばれることが多く、女性ならなんとなく「細いほうが良さそう」と思っていませんか?

実は細い髪にも太い髪にもヘアスタイルを作る上での利点があり、その人の好みで評価が変わります。

太い髪の利点 太い髪の欠点
・ボリュームを出しやすい
・キープ力が強くセットすれば髪型が長持ちする
・堅いので癖があるとまとまりにくい
・さわり心地がややごわごわしている
細い髪の利点 細い髪の欠点
・繊細で綺麗に見えやすい
・さわり心地がサラサラしていて気持ち良い
・ボリューム不足で髪型がぺたんとしやすい
・キープ力が弱めで崩れやすい

このように太さで作りやすい髪型が変わり、太い髪はボリュームのある髪型が、細い髪はよりナチュラルなヘアスタイルが向いています。

後述する癖は多少矯正ができるものの、太さは基本的に変わらないため、自分の髪質を受け入れることも大切です。

無いものを欲しがるよりも、自分の特徴を前面に押し出した髪型を考えましょう。

癖は自分で直せる?ストレートとくせっ毛の特徴

髪質の癖は『ストレート』と『くせっ毛』の2種類ですが、太さと違ってパーマにてある程度矯正できるため、遺伝だからと諦める必要はありません。

ただし、パーマをかけてもいつかは元に戻るため、本来の髪質を活かすほうが楽です。そこで、双方の利点と欠点を見ておきましょう。

ストレートの利点 ストレートの欠点
・癖がなく綺麗に伸ばせる
・手間をかければヘアスタイルの自由度が高い
・髪型をキープする手間がかかる
・カールなどを目指すならパーマが必要
くせっ毛の利点 くせっ毛の欠点
・パーマ不要でくるっとした髪型が作れる
・癖をコントロールすれば好みの髪型を維持できる
・ストレートに比べて選べる髪型が偏る
・真っ直ぐにしたいならストレートパーマが必要

ストレートのほうが女の子は喜びそうですが、パーマを別途かける人はくせっ毛を喜ぶこともあり、髪質を矯正するなら自分に似合うかどうか、そして定期的にパーマを当てる手間を受け入れられるかを考えて実行しましょう。

くせっ毛は嫌がられやすいですが、ふんわりした髪型を作りやすく、パーマの手間が不要になりやすいです。

しかし、その分ストレートヘアという本来は楽な髪型も手間がかかるので、癖の有無は一長一短ですね。

要素を組み合わせたベストな髪型を考えよう

以上の要素によって『自分に似合うもしくは目指すべき髪型』が決まり、オシャレの方向性も異なるでしょう。

また、それぞれの要素の組み合わせによって得意分野が違ってくるため、以下の一例を参考にしてください。

ロング+猫っ毛+黒髪の場合
さらさらロングの黒髪を活かした大和撫子スタイル

ショート+剛毛+茶髪の場合
天然のはねを活かしたラフで活発なショートスタイル

このように、要素の組み合わせだけでも全く異なるイメージが作れるため、自分の総合的な髪の特徴を活かしたヘアスタイルは個性にもつながります。

それに加えて『シュシュ』や『ヘアピン』のようなワンポイントアクセサリを付け加えると、さらに可能性は広がりますね。

流行を追ったヘアスタイルも素敵ですが、大人の女性なら『自分の魅力を最高に発揮できる、自分ならではの髪型』を追求してみましょう。