• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

後ろ姿はハリウッドセレブ?ヒップアップで女性らしさをアップ。

ヒップアップ

あなたは、自分のお尻の状態を把握できていますか?

お尻の形は、太っている、痩せているは関係なく、生活習慣で変わってしまいます。全身が痩せているからといって、油断できないのがお尻の形です。

お尻はバストと同じくらい、女性らしさをアピールするパーツの1つです。

お尻ケアを日常的に行い、ボディラインにもっともっと磨きをかけてみませんか?

1) お尻が垂れる原因とは?

まずはお尻が垂れてしまう原因について説明していきます。

最初に申し上げた通り、お尻は生活習慣や日常の何気ない癖ですぐに形が崩れてしまうのです。

自分の悪い習慣や癖を見つけて、お尻の形が崩れることを防止することから始めましょう。

歩き方チェック

あなたは普段、どんな風に歩いていますか?重心はどこにありますか?背筋は伸びていますか?

まずは、お尻に悪影響な悪い歩き方から見ていきます。

お尻が垂れる歩き方

  • 猫背で前のめり。
  • 歩いている時に膝が曲がったままになっている。
  • 歩いている時に腰が落ちた状態になっている。

上記の項目に当てはまった方は、今すぐ歩き方を見直す必要がありそうです。

このような歩き方をしていると、下半身の筋力が衰える原因になり、お尻のたるみに繋がっていきます。

日本人は特に猫背が多いと言われています。これまで自覚のなかった方も、是非この機会に確認してみてください。

正しく美しい歩き方をしている方は、お尻のみならず、全体的にスタイルがよく見えますし、自信に満ちてキラキラと輝いているように見えます。

歩き方一つで変われるのです。まずは正しい歩き方を身につけましょう。

ヒップアップにつながる歩き方

  • 背筋をのばす。
  • 膝を伸ばす。
  • いつもより2センチ大股で歩くことを意識する。
  • 膝はのばしすぎず、曲げすぎず、適度にたゆませる。
  • かかとに重心が来るように意識する。
  • お尻周辺の筋肉を意識する。

歩き方を改善していくこと、そして、毎日お尻をチェックすることで、美しく引き締まったお尻にぐんと近づけます。

座り方チェック

デスクワークをしていると、ついつい椅子の背もたれにもたれたり、足を組んだり、股を開いていたりしがちです。

そんな座り方をしていて、お尻の形が綺麗に保たれるはずがありません。

また、単に座り方の問題だけでもありません。正しく座っていても、ずっと座りっぱなしでいると、血行が悪くなり、お尻周辺の代謝が落ちてしまいます。

お尻に不純物がたまってしまうので、垂れる原因となります。

そこで、特にデスクワークの方以下のことに気をつけてみましょう。

正しい座り方

  • 足は組まない。
  • 足をきちんと揃えて座る。
  • 椅子には浅く腰を掛ける
  • 骨盤を曲げない。立てるように意識する。

最初はきつく感じるかもしれませんが、根気よく頑張って慣れていきましょう。ヒップアップだけでなく、足が細くなる効果も期待できますよ。

立ち方チェック

ちょっとした瞬間も大切に。歩くときだけではなく、立ち方も意識してみましょう。

お尻が垂れてしまう悪い立ち方、そして正しい立ち方を同時に確認していきます。

お尻が垂れてしまう立ち方

  • どちらか片足に重心がかかっている。
  • 足をクロスして立ってしまう。   
  • 重心が極端に前後どちらかに片寄っている。

ヒップアップに繋がる立ち方

  • しっかりと両足に重心を置く。
  • 両足の重心は、土踏まずから親指にかけて内側に置くようにする。
  • 肩の力は抜く。
  • お臍の下、丹田を意識して立つ。
  • 腰をそらさない。真っ直ぐ立つことをこころがける。

単に立つだけでも、ついつい癖で片方の足だけに重心をおいたり、足をクロスさせて立ったりしてしまいがちですよね。

正しい立ち方をして、ヒップアップ効果を狙うと同時に、かっこよく品良く見られるようにしましょう。

ちょっとでも早く綺麗なお尻を手にいれたい方のながらエクササイズ

日頃の習慣を改めるだけでも効果は出てきますが、もう少し頑張りたい方へ、ながらエクササイズをご紹介します。

“ながら”なので、特別な時間を要することはありません。気が向いた時に、少しずつ行ってみてください。

椅子に座りながらヒップアップエクササイズ

会社のデスクでできるエクササイズです。

まず、両手に拳を作り、それを両膝で挟みます。あとは、両膝を内側にグッグッと10秒間ほど押し込み続けてください。

その際お尻を意識するようにしてくださいね。

細かい決まりはありません。仕事の合間に息抜きをかねて、数回ずつ行ってみてください。

ごろごろ寝転がりながらヒップアップエクササイズ

ただ、意味もなくごろごろしているだけなら、ちょっとエクササイズしてみませんか。

  1. まず、うつ伏せになります。
  2. 肘から先は床に着けたままで、上半身をしっかりと起こしてください。
  3. 片足の膝を曲げ、そのまま太ももから足を浮かせます。
  4. そのまま10秒キープです。これを片足3回ずつ行ってみましょう。

次は、手の位置を少し変え、頬杖のポーズを取ります。膝を曲げて踵をお尻に近づけます。

左右の踵でポンポンとお尻を刺激してみましょう。これを30回を1セット、合計2セット行いましょう。

テレビを見ながらでも、充分に行える運動ですので、気軽にチャレンジしてみてください。

料理をしながら、ヒップアップエクササイズ

ながらエクササイズの3つ目は、立ちながらエクササイズです。

  1. 肩幅くらいに足を開きます。
  2. そのまま踵を5センチほど浮かせて5秒キープします。
  3. キープ出来たら踵をおろします。この時、踵を完全に床に着けてしまうのではなく、1センチほど浮かせたままにします。
  4. その状態でさらに5秒キープしましょう。

これを10回を1セットとし、1日3セット、頑張ってみましょう。

本気エクササイズでさらにお尻に磨きをかけましょう。

ここからは、もっともっと美しいお尻を手に入れるために頑張りたいという貪欲なアナタへ、さらなるエクササイズのご紹介です。

ながらエクササイズとは違い、少し根気が必要ではありますが、綺麗になったお尻を想像しながら頑張ってみましょう。

スクワットでヒップアップ

海外でも、30日間スクワットチャレンジが流行るなど、スクワットは多数あるエクササイズの中でもヒップアップに最も効果的と言っても良いかもしれません。

しかしながら、やり方を間違うと効果が出ないどころか、腰や膝を痛めてしまいます。スクワットは単に屈伸運動をするだけではありません。

スクワットの正しいやり方をまとめますので、自己流はさけて、是非正しい方法で取り組んでくたさい。

スクワットの正しいやり方

  • 背中は丸めず、背筋をのばす。
  • 反り腰にならないようにする。
  • 膝と爪先は同じ向きにする。
  • 膝より爪先を前に出さない。
  • 体を上に持ち上げる際、完全に膝を伸ばしきらないようにする。

スクワットは体にとても負荷がかかります。無理のしすぎは関節を痛めてしまいかねません。

正しい方法で、かつご自身のペースで取り組むようにしてください。

ヨガでヒップアップしよう!

ヨガは夜寝る前に行うと安眠効果が期待できますし、朝起きてすぐに行うと、体がすっきりとし、代謝アップにもつながります。

メニューを組んで何十分もやるとなると根気が必要ですか、毎日5分程度なら頑張れそうじゃないですか?

ヒップアップに効果があるとされるポーズを2つご紹介します。

1) 橋のポーズ

  1. 仰向けになり、膝をたてます。足は肩幅に開いてください。
  2. そのまま腰をぐっと持ち上げ、手は腰の下で組んでください。
  3. ゆっくり呼吸をしながら、30秒ほどその状態をキープしましょう。

2) 下を向いた犬ポーズ

  1. まず、四つん這いになります。手と足は肩幅くらいに開いておきます。
  2. そこからゆっくりと膝を伸ばし、腰をあげてていきましょう。
  3. お尻を天井に向かってつき出すようにします。
  4. 肘と膝を伸ばし、体全体で三角形を作ります。
  5. 踵は地面に着けるようにしてください。
  6. お尻を天井に向かってつき出す意識を持ったまま、20秒キープです。

体が堅い方や初心者の方でも簡単にできるポーズですので、気軽に試すことができると思います。

ただ、ヨガを行う際はいくつか注意が必要です。以下にあげておきますので、参考にしてください。

  • 固い床で直接行わない。できればヨガマット、なければバスタオル等を使用する。
  • 呼吸は一定のリズムをキープする。無理に呼吸を止めたり、口呼吸をしたりしない。
  • ポーズをとるのが厳しい時は無理をせず、できる範囲でおこなう。

お尻歩き運動でヒップアップ

方法は簡単ですが、そこそこの運動量とヒップアップ効果が期待できるのがお尻歩 きです。

足を前に伸ばして座り、腰をひねりながら、お尻で前後に10歩ずつ歩きます。肘をあげると腰をひねりやすくなります。

前後10歩ずつを5セット行ってください。

やり方は簡単ですが、やってみると意外と大変ですので、ヒップアップ効果が期待できるのも納得できることでしょう。

美容器具を使ってヒップケア

最後に、ヒップケアに使える美容器具のご紹介します。

美容器具はあくまでも補助的なもの。まず大切なのは、これまでにご紹介してきた日常的なトレーニングだということは忘れないでくださいね。

セルライト防止用ローラー
セルライト防止用にさまざまやローラーが販売されていますが、それらでお尻をマッサージすることで、お尻の血行がよくなり、凝りがほぐされるので、ヒップアップ、美尻効果が期待できます。
ヒップアップ用クッション
座るだけでヒップアップ効果が期待できるというもの。仕事中やテレビを見ている最中に使うと良さそうです。数千円から販売されているので、懐もそれほど痛みません。
ヒップアップ用下着
ヒップアップ効果を狙った下着が様々販売されています。一時的に形を整えるものから、継続して着ることで、ヒップアップを図っていくものまで様々です。着るだけで形が整うので、手っ取り早い方法ではありますね。

プリっと上がったヒップは美の象徴です

お尻がは美の象徴で、お尻整形が人気な国もあるほど、ヒップは美の象徴です。

ヒップアップを実現させると、足が長く見られたり、スキニーのような細身のパンツも自信を持って着ることができます。

ヒップアップトレーニングをに取り入れ、お尻に自信を持って、日常生活をもっと楽しんでみませんか?