• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分からは見えない部分だからこそ美しく!上手くいく背中痩せの方法

背中痩せ

普段、目が届かない部分なだけに自分ではなかなか気づく事ができない背中のぜい肉。

久しぶりに後ろ姿を鏡で見たらなんだか丸みを帯びていて、年齢よりも老けて見えた!なんて事はありませんか?

私達は普段の生活の中で、お料理をしたり洗濯物を畳んだり、パソコンで作業したりと、日常的に腕を前に出している事の方が多くなり、その結果、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなってしまいます。

姿勢が悪くなると、背中の筋肉が衰え、血流も悪くなり、どんどん背中に無駄なお肉がついてしまいます。

服で隠れているから大丈夫だと思っていても、背中はしっかり見られています!

背中を見ているのは男性だけではありません

背中にぜい肉がついたかも…と危機を感じるのは特にブラジャーをつけた時にポコッとはみ出るお肉を見た時ではありませんか?

日本の衣料メーカーであるワコールが実施したアンケート調査で興味深いものがありましたのでご紹介します。

ワコールは、2月12日の「ブラジャーの日」を前に、20代~50代の男女約1,000名にブラジャーについてのアンケート調査を実施しました。

その結果、女性の背中のハミ肉を見た事があると答えた人がなんと8割以上もいたそうです。しかもその感想が、「残念・がっかり」などネガティヴな意見が多かったそうです。

ブラジャーのはみ肉だけではなく、

  • 肩甲骨(天使の羽の部分)が肉に埋もれていて見えなくなった
  • 服がキツくなった

と感じる人も残念な背中と思われている可能性があります。

また、

  • 普段の姿勢が悪い
  • 運動不足である
  • 左右の手を背中で組めない

という人も要注意です!

美意識の高い女性もしっかりあなたの背中を見ています

ケアがしにくく、脂肪が落ちにくい場所である背中が綺麗だと「美意識が高い女性」だと好感を持たれると思います。

背中が「がっかりだ」と思われてしまわないように、背中にぜい肉がつく仕組みと、どうケアしていけば良いのかをご紹介していきます。

背中太りの原理

そもそもなぜ、背中に余計なお肉がついてしまうのでしょうか。

実は普段の姿勢と肩甲骨が背中太りに大きく関係しています。肩甲骨とは背中の「天使の羽」の部分です。

長時間、前かがみや猫背の姿勢を続けていると、外側に肩甲骨が開いてしまい、背中の筋肉が使われずに衰えていって、たるみになります。

肩甲骨の周りには、褐色細胞という意外にもダイエットに重要とされる細胞があり、姿勢が悪い事で肩甲骨付近の血流が悪くなってしまい、褐色細胞を阻害してしまうからなのです。

筋肉の衰えと、血行不良は脂肪が燃えにくくなる原因の1つなので、これにより脂肪やセルライト、老廃物が蓄積され背中太りにつながってしまいます。

背中太りを改善するには肩甲骨がカギとなります。その肩甲骨がどれだけ重要で体にどんな影響を及ぼすかをご説明します。

肩甲骨の重要性

みなさんは背中で両手の手のひらを合わせ、お釈迦様のポーズができますか?

小さい頃、簡単にできていたのに、久しぶりにやってみたらできない!という人が多いのではないでしょうか。

本来の正しい位置に肩甲骨があれば背中でお釈迦様のポーズも難しい事ではないのですが、家事や仕事に追われ、悪い姿勢が長時間続くと日々、肩甲骨は歪んでしまい、その付近の筋肉も凝り固まっていきます。その結果

  • 背中にぜい肉がつく
  • 二の腕が太くなる
  • ひどい肩こりが治らない
  • 背中の痛みがとれない
  • 顔のたるみ

など、背中太りだけではなく、様々な不調が起こります。

そして、肩こりや背中が痛いとまた悪い姿勢をとる事になり、延々と負のループが続いてしまいます。

背中にぜい肉がつく事や、肩こりの原因になる事はなんとなく肩甲骨と関係しているのはわかるのですが、顔のたるみまで⁈と思った方も多いはず。

実は肩甲骨は顔のたるみにも影響してしまうのです。

たるみのせいで美人が台無し!

人に出会った時、まず顔を見ますよね。

バッチリとメイクしても顔がたるんでいたり、むくんでいたらせっかくの出会いも台無しになってしまいます。

前から見られても後ろから見られても綺麗な女性である為に、顔のたるみの原因と対策についても少し触れてみたいと思います。

肩甲骨と顔のたるみはどう関係しているのか

肩甲骨が歪んでしまうと、猫背になり、正しい姿勢を保つのが難しくなります。その結果、頭が前に少し突き出たような格好になります。

頭は約5キロから6キロあると言われています。

本来、正しい姿勢であれば体全体で支えているはずの頭が、猫背によって前に突き出てしまうと、重力に逆らえずに顔の筋肉や皮膚が引っ張られてたるみ(顎)につながってしまいます。

また、肩甲骨や首付近の血流が悪くなると老廃物を含んだ、本来なら排出される水分が顔周りに溜まり、むくみにつながってしまいます。

姿勢を正す事で顔のたるみも改善できる!

肩甲骨は首や顔の周りの筋肉にも大きく影響しますので、まずは姿勢を正しましょう。

姿勢を正す事で自然と顎が引け、頭も体の重心にしっかり乗りますので、顔の皮膚や筋肉だけが重力に引っ張られるという事がなくなりますし、血流も良くなり、老廃物も顔周りに溜まる事なく排出されます。

正しい姿勢とはどんな姿勢なのか

「姿勢を正しく」とよく聞くけれど、そもそも「正しい姿勢」と言われるのは一般的にどんな姿勢なのでしょうか。

  • 頭のてっぺんから糸で吊られている感じで立つ
  • 耳、肩、くるぶしが一直線で結ばれている
  • お尻の穴に軽く力を入れお尻をしめる
  • あごを引く
  • 肩の力を抜いて左右同じ高さを意識する
  • おへそに力を入れてお腹を引っ込める

どうでしょう。正しい姿勢をキープするのは意外とキツいと思いませんか?

全部が全部ではなくても、普段の生活で意識をする事が大事で、意識する事の繰り返しにより、そのうち意識しなくても自然に正しい姿勢ができるようになります。

まずは「お腹を引っ込める」と「お尻の穴をしめる」この2つを意識する事でもだいぶ姿勢が変わってきます。

この姿勢を維持する事が、顔のむくみ改善と、背中痩せに近づく為の重要なポイントとなります。

正しい姿勢がわかったところで、次はいよいよ背中痩せの方法についてご紹介します。

わたしの理想の背中はどんな背中だろう

まずは自分の理想の背中を思い描いてみてください。

例えば

  • 肩甲骨(天使の羽)が綺麗に見える
  • 適度に筋肉がついて、しまりのある背中
  • ニキビや肌荒れがない背中

など、いろいろあると思います。

自分の理想は同じように他の人の理想でもありますので、美意識の高い女性は、密かに他の人の背中をチェックしています。

理想の背中を思い描いたら、あとはそれに近づけるだけです。

今日からできる効果的なストレッチをご紹介します。

今日からできる背中痩せストレッチ!

ストレッチは、慣れるまできつく感じると思いますが、最初は秒数や回数を減らして調整しても構いません。

とにかく少しずつでも毎日やる事が大切です。

背中痩せストレッチ初級編

初級編1

  1. 足を肩幅に開き、姿勢をまっすぐにして立ちます。
  2. 両手のひらを後ろで組みましょう
  3. そして、そのまま腕をゆっくり上にあげてゆっくり下げます
    (これを1分繰り返す)

初級編2

  1. 足を肩幅に開いて立ちます。
  2. 両手を頭の後ろで組みましょう。
  3. 息を吸いながら両肘を後ろに引いていきます。
  4. 息を吐きながら背中を丸めて頭の後ろで組んだままの状態で肘を顔の横につけます
    (これを1セットとし、10回)

初級編3

  1. 気をつけの姿勢から、両肘を90度に曲げます。
  2. 手のひらを体の内側に向けます
  3. 90度をキープしたまま、両脇はあけずにゆっくり外側に開いていきます。
  4. またゆっくり最初のポーズに戻します。
    (これを10回繰り返す)

このストレッチ以外にも、ストレッチポールを背中にあてて寝転がるのもおすすめです。もし、ストレッチポールがなければ、バスタオルを丸めたものでも代用ができます。

ストレッチポールは通販などでだいたい2,000円台から購入できますが、バスタオルを丸めて棒状にし、ヘアゴムでとめたものでもOKです。

初級編ができるようになったら次はもう少し難易度の高いストレッチに挑戦してみましょう。

背中痩せストレッチ中級編

中級編1

  1. 四つんばいになります。
  2. 左腕と右足、つまり対角線上にある腕と足を伸ばし10秒キープします。
  3. ゆっくり四つんばいに戻ります。
  4. 次は右腕と左足を伸ばし10秒キープします。
    (これを5セット)

中級編2

  1. うつ伏せになります
  2. 両腕、両足をピンっと伸ばします
  3. そのまま天井から引っ張られるように上に向けて伸ばして10秒キープ
    (これを5セット)

短期間で背中痩せしたい人は上記のストレッチに上級者向けのストレッチを追加してみてください。

ただし無理のないように体と相談しながら行ってください。

背中痩せストレッチ上級編

上級編1

まずは、1〜2kgまでのダンベルを用意します。

ダンベルは100円ショップのものや、500mlのペットボトルに水を入れたもので結構です。

  1. 足を肩幅よりも大きく開き、両手にダンベルを持ちます。
  2. ダンベルを体の真横で肩の高さになるように持ち上げます。
  3. 息を吐きながら、右腕を左足のつま先にダンベルでタッチするようにくっつけます。
  4. 左手は天井に向けて伸ばしてください。
  5. 今度は左腕を右足のつま先にダンベルでタッチするようにくっつけてください(交互に30回繰り返す)

このダンベルを使ったストレッチは、背中だけではなく、二の腕痩せやバストアップにも効果的です。

もし、どうしてもストレッチができない日は、テレビを見ながらストレッチポールの上に10分程、寝転がるだけでも肩甲骨付近の筋肉はほぐれ、姿勢も良くなるので背中が引き締まります。

寝転がるだけなのでオススメです。

マッサージでさらに背中美人になろう

姿勢を意識する事、ストレッチを無理なくできるようになったら、マッサージもプラスでさらに綺麗な背中を目指しましょう。

お風呂で右側についた背中の肉を左手で寄せ集め、右脇の下を通って胸に集めるようにマッサージ。

左側も同じように手を変えてマッサージをそれぞれ10回ずつ行ってみましょう。

ストレッチだけでも1週間続けると効果は見られますが、さらにこのマッサージをプラスすると、より早く効果がでます。

しかも背中についた余分なお肉をバストに集める事でバストアップにもつながり、一石二鳥です。

引き締まった背中に肌荒れは似合わない!

背中を引き締めたら次は肌荒れ改善で最高の背中美人になりましょう。

背中の肌荒れケア

背中が引き締まっても肌荒れしていたのでは楽しいはずの薄着の季節は憂鬱になってしまいます。

背中はお手入れをしなければ肌荒れは治りにくい場所でもあります。治す為には1つずつ見直しが必要です。

  • シャンプーはちゃんと流せているか
  • 適度に汗をかいているか
  • ボディソープは体に合っているのか

背中ニキビの原因としてよく言われるのが、シャンプーやボディソープが流しきれておらず、背中に残ったままになっているという事です。

見えにくい場所なだけに、完全に流し切るのは確かに難しいかもしれません。

しかし、ボディソープなどに含まれる界面活性剤が肌荒れを悪化させているとすれば、やはりしっかり洗い流しましょう。

それから、背中にも毛穴はありますから、顔と同じように毛穴づまりを起こす事もあります。

毛穴づまりは適度に運動をしたり、サウナを利用するなどして汗をかく事でだいぶ改善され、そこに背中ニキビ用の石鹸や化粧品でケアをプラスすると改善が早くなります。

  • 温泉や海に行きたいけれど背中の肌荒れが気になって踏み出せずにいた人
  • 背中の開いた可愛い服が着たくても着れなかった人
  • 友人の結婚式にドレスを着て行きたいのに背中を見せたくなかったという人

理想の背中を手に入れて、これからは思い切ってセクシーな背中を見せつけましょう。あなたの背中を見て、目標にしたいと思う人がきっと現れます。

何度も言いますが顔はもちろん、背中も人に見られています!

背中は目の届かない場所なだけに、ダイエットもケアも後回しにされがちです。

しかし背中は本来、姿勢や肩甲骨の歪み・肌荒れなど、気にしなくてはいけない事だらけなのです。

ましてや実年齢よりも老けて見られるとなればなおさら、美しい背中を目指したくなりますよね。

たかが姿勢、と思ってもそれが背中だけではなく、第一印象を決める顔にまで影響を及ぼしてしまいます。

ご紹介したエクササイズを全て行う事が難しければ、これならやれる!と思うものだけ選んでやってみてください。

毎日ほんの少しでも良いので継続する事が大切です。

いつの間にかついてしまった背中のぜい肉にサヨナラをして、自信を持って見せられる背中を目指しましょう。