• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

台所にあるもので作れる簡単で効果的な美容パックで美肌美人に

Date:2012.07.04

食材を利用した美容パックは、よく知られていますが、なんだか、もったいないなあと思いながらやっている方、ぜひご覧ください。今回紹介する美容パックは、賞味期限が切れたものや、傷んでしまったものでできます。

バナナパック

バナナは、よくこんな風に痛みますよね。たまに、真っ黒になってしまうことがあります。私自身、黒くなったバナナは、あまり好きではないので、捨ててしまうことも・・・これは、もったいないので、パックにしてみました。

皮をむき、切る

バナナの皮を剥いて、バナナを一口大に切ります。フードプロセッサーなどで、細かくすれば、手間が省けます。

バナナを潰します。スプーンやフォークで、日頃のストレス発散!位の勢いで潰します。ある程度細かくなれば、OKです。

ラップなどを用意

これも台所にある、ラップと、クッキングペーパーを用意します。適当に切ったラップの上に、クッキングペーパーを半分におって載せます。

バナナを載せる

先ほど用意したラップの上に、潰したバナナを載せます。お好きな量載せてください。

パックする

あとは、お好きなところに15分ほどパックしてください。バナナは、シワやシミの予防になるそうです。ひんやりしますので、瞼なんかにもオススメです。

卵白パック

続いて、卵です。卵も賞味期限が意外と短いんです。

卵黄と卵白を分ける

卵黄は、今回使いませんので、卵白と分けます。卵黄は、賞味期限が切れていなければ納豆などに入れてしまいましょう。

メレンゲ状に

<
卵白を泡立てて、メレンゲ状にしていきます。こうすることで、卵白を塗ったときに、ひきつる感覚が緩和されます。メレンゲが余ったら、先の卵黄と混ぜると、ふわふわ卵焼きも焼けます。

このくらいかき混ぜてください。

バナナパックと同じようにラップと、クッキングペーパーに広げて

お好きなところをパックします。クッキングペーパーだけでも、大丈夫です。こちらは、保湿効果がありそうです。

ヨーグルトパック

ヨーグルトは、そこそこ賞味期限が長いですが、大きいパックを買うと、後悔するほど残ることが・・・そこで、常備してあることの多い、蜂蜜と一緒にパックにします。

大さじ2:小さじ1

ヨーグルト大さじ2に対して、蜂蜜を小さじ1程度、ボールに入れます。

よく混ぜる

この2つを、よく混ぜてください。蜂蜜の硬い感じがなくなり、ヨーグルトに馴染んだらOKです。

あとは、同様に

あとは同じようにラップ&クッキングペーパーの上に載せて

お好きなところをパックします。ヨーグルトと、蜂蜜は、美肌効果や老化防止の効果があるそうです。このほか、きゅうりやトマト、米のとぎ汁なども、パックにできます。お試しください。食べ物で、安全なものですが、アレルギーが出ると怖いので、必ずパッチテストをしてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事