• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ベビーマッサージで赤ちゃんの夜泣きが治ります!

Date:2013.08.06

1. ベビーマッサージっていろんな嬉しい作用が生まれるのです。

最近よく耳にするベビーマッサージ。これは、赤ちゃんとママが肌で触れ合いコミュニケーションを深めるマッサージなのですが、赤ちゃんにとってもママにとっても嬉しい効果がたくさんあるということがわかってきています。

何より赤ちゃんは、ママから優しく体をマッサージされることで安心感に満たされます。そして、適度な強さで全身を触れられることが、赤ちゃんの心と体の成長によい作用をもたらすのです。

また、赤ちゃんの体に触れながらゆっくり観察するうちに、どんなふうに触れると赤ちゃんが心地よいかわかってくると楽しさも増します。

ベビーマッサージを繰り返すことで、ママ自身の気持ちも安定し、落ち着いて育児に取り組むこともできるのです。

ベビーマッサージは、赤ちゃんだけではなく、ママを癒すためのものでもあるのですね。それでは、他にベビーマッサージはどんな効果があるのか見てみましょう。

1.ママと赤ちゃんの絆が深まり関係を良くする。
2.赤ちゃんの体の代謝が良くなり免疫力も上がる。
3.オイルをたっぷり使うので乾燥しやすい赤ちゃんの肌を保湿することができる

そして何よりもママに嬉しい効果として夜泣きが直る、ということがあります。

そのためには、決まった時間に毎日20分程度のマッサージを行うことが大切です。マッサージが終わったあとは、程良く疲れて気持ちが良くなり、深夜も夜泣きを忘れてぐっすり寝てしまう場合が多いのです。

2.ベビーマッサージの手順を見てみましょう。

それでは、両手に専用のオイルをたっぷりつけたら、さっそくベビーマッサージを実践していきましょう。

①まずはじめに、頭から足先までの全身にゆっくり軽く触れ、これからマッサージするよと赤ちゃんに教えてあげます。

②左足の太ももの付け根から足先にむけて、螺旋状に手のひらでゆっくりほぐしていきます。

③左足裏をママの手の親指で軽くマッサージし、終わったら足の指を小指から1本ずつクルクル回して軽くひっぱります。

④左足が終わったら次は右足を同じようにしていきます。

⑤左腕の脇の下から指先に向かって、螺旋状に手のひらでゆっくりほぐしていきます。

⑥左手の手のひらをママの親指で軽くマッサージし、終わったら手の指を小指から1本ずつクルクル回して軽くひっぱります

⑦顎の下から脇にむかって(片方ずつ)、八の字を描くようゆっくりマッサージしていきます。

⑧おへその下を時計周りにゆっくり5回ほどなで、両手の人差し指で胸とお腹をツンツンと軽くつきます。

⑨赤ちゃんを腹這いにし、背中の下から上へ向かってまっすぐなでます(腹這いが苦手な場合は無理しないようにしましょう)。

⑩最後はお顔。首の下から頬にむかい、頬肉を軽く引き上げるようにゆっくりマッサージします。

⑪最後にもう一度、頭から足先まで軽く押すようにマッサージして、これで終わるよと赤ちゃんに語りかけて終了です。

いかがでしょうか。そんなに難しくなさそうですよね。毎日繰り返しマッサージを行うことで力加減も徐々にわかってくると思います。そして、赤ちゃんとママの絆が深まるだけでなく、夜泣きなどで苦労されているママが、ゆっくり睡眠をとれるようになるといいですね。

この記事をシェアする

関連記事