• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今日でサヨナラ!あの手この手で便秘解消法

Date:2013.11.28

便秘に悩む女性は少なくないと思いますが、便秘はただお通じが無いという問題だけでなく、そこから更にニキビや吹き出物といった肌トラブルや、肥満といった症状も同時に誘発する、極めてやっかいな問題ですよね。

便秘の原因は個人差はあるものの、やはり骨盤の広さの違いから、男性よりも女性の方が腸の中に便が滞留する傾向にあるそうです。

便秘で身体の中に老廃物を1週間以上ため込むと、体内で腐敗し有害物質を発生させることもあるそうで、あるアメリカの調査では、便秘を患った女性の乳がんの発癌率は、通常の女性の5倍にもなるのだとか…。「たかが便秘」と侮るわけにはいきませんね。

便秘の解消方法としては、やはり規則正しい生活は欠かせないのでしょうが、加えて各自の自己努力としてどんなことができるのか、調べてみました。

食べ物編

食物繊維を多く摂取するというのはよく聞きます。食物繊維を多く含む食べ物は、海藻類や根野菜、キノコ類などが挙げられます。

けれど、1つの食材に含まれている食物繊維の量にも限界があるので、満足に摂取するには相当量食べなければならない場合もありますので大変です。

そこで良い食材を見つけました。食物繊維でなくとも、水分を多く含む食材であれば、お通じを促す働きがあります。ですから、水やお茶、ジュースに牛乳と言った飲み物をたくさん飲むのも良いのですが、水分は腸に届くまでに蒸発してなくなることも多いのだとか。

そのため、寒天は非常に有効的な食べ物なのだそうです。90%が水でできているうえ、腸に届くまでその水分を蓄えておくことができる。暑い季節にはあんみつが美味しいですが、あんみつは、寒天と小豆で非常に効果の高い組み合わせになっているのだそうです。

デザートやスイーツ選びには、生クリームなどの洋菓子ではなく、あんみつなど寒天が使われた和菓子などはいかがでしょうか。

エクササイズ編

背筋は、腹部が圧迫されて腸の運動を活発にしてくれるそうです。背筋と言っても色んなやり方があると思いますが、身近な便秘に悩む知人たちに取り組んでみてもらったところでは、次のようなスタイルが効果的だったという女性が多かったです。

まず床にうつぶせになります。両手(腕)両足を自分の身体より高い位置にのけぞるように引きあげ、また元に戻すという動作を10回1セットとして繰り返します。

鍛えているのは背筋ですが、床についた腹部にも、腕と足の上下運動により力が加わりますので、腸にも刺激になるようです。

朝起きてすぐの…

ある友人は、腸ポリープが複数見つかっているほどの便秘の常習でした。けれど、朝起きてすぐに、コップ一杯の冷たい水を一気飲みして、次は飲みやすいくらいの温めたお湯かお茶をまたコップ一杯一気に飲むと、すぐに排便があるのだそうです。

なぜそれが彼女の身体に効果的なのかそのメカニズムはよくわかりませんが、それをするようになってからは毎日欠かさずにお通じがあるそうです。

70代以降の男女には便秘の差がほぼ無く、やはり20~30代の女性に偏って起こりがちな便秘の症状。体質の問題もある人もいるでしょうが、多くは生活習慣・生活の不摂生による場合が圧倒的に多いようです。

まずは、睡眠時間の確保と、生活のリズムを整えること、そのうえで食事のバランスや水分補給、適度な運動など、自己努力が効果的になるのは間違いありません。

便秘を単発的な事象にとらえず、あらゆる身体の不具合につながる基礎ととらえ、これを機に生活改善するのが良いでしょう。

この記事をシェアする

関連記事