• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【写真有】お弁当のおかずも見た目も可愛いお弁当バンドの作り方

Date:2012.10.11

普通のお弁当バンドよりもちょっと一手間加えた、自分だけのお弁当バンドの作り方を紹介します。

材料

・布・針・糸・定規・ペン(全て手縫いでできます。)

中心におくビーズは星形のビーズにしてみます。

花びら作りの製作工程

一辺12cmの線を引きます。

12㎝×12㎝の正方形の線を引きます。線が引けたら、その線の通りに裁断していきます。

同じようにして6枚作っていきます。今回、1枚だけ布を変えてみました。これがつまみ細工の花びらになります。

1枚を三角におり、次の写真のように線を引いていきます。

花びらの基本の縫う順番

次に白い線に合わせて糸を縫っていきます。右下から糸を裏から出して、矢印の方向に向かって糸を縫います。矢印の先端まで波縫いすることなく、一気に糸を連れていきましょう。

表で縫ったものが裏に出てきたら、基本的に横に縫っていきます。

お花を作っていきましょう

先の工程の結果、このように縫わさります。縫う時は一枚ずつ、軽く縫い終わったら、最初に引いた線の外側を裁断しておきます。花びらの下縫いはこれで終了です。

先に、丸い布を一枚つけておくと、あとで花びらをまとめやすくなります。

先ほど縫った花びらを少しずつ糸を引いていくと、写真の様にまとまっていきます。花びらの外側になる部分を指で押して調整してやるときれいな花びらができます。

一枚が出来たら、次の花びらを縫っていきます。

花びらを全部縫い終えるころには、写真のような花が出来ます。真ん中が空きそうな場合は、後ろから先につけた丸い布と花びらを縫っていきます。

最後に真中に、星のビーズをつけてお花の完成です。

ゴムバンドを作っていきます。

ゴムは幅1.5㎝の物を使います。まったく伸ばさない状態で、包むお弁当箱(今回はタッパー)に合わせて長さを合わせて切ります。

ゴムバンドの端を、先ほ作った花の裏側に合わせて縫い合わせていきます。これも、底についた布に縫い付けていきます。

縫い付けたら、ゴムのもう一方を重ねるように縫っていきます。こうすれば、少々伸縮する為、ゴムのバンドになります。

後に重ねた部分を縫い付け、その周りを縫っていきます。一周縫い付けて行けば簡単に切れることはありません。

これで、完成です。しっかりとタッパーを止めることが出来ます。

この記事をシェアする

関連記事