• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

やっぱり、肉食系より草食系:ベジタリアンは健康で長生きする

Date:2013.10.18

野菜だけに偏った食べ方は、肉・魚・野菜のバランス食より優れていた

私達のほとんどが「健康のために肉も、魚も、野菜も万遍なく食べましょう!」と子供の頃から教えられてきたかと思いますが、アメリカの大学研究チームが長期間にわたり7万人以上の男女を対象とした健康調査を行い、野菜のみを食べて生活をしているベジタリアン達は肉、魚や乳製品を食べる人達に比べて病気等で死亡する確率が低いと最近発表したそうです。

なぜ、ベジタリアンは健康的なの?

野菜、豆類、穀物類は言わずと知れた、低カロリー、低脂肪、高栄養の優秀な食品ですが、対照的に肉、特に赤身の肉は栄養価も高いのですが、調理中に発生する発がん物質やコレステロール値を上げる悪玉脂肪、飽和脂肪酸の宝庫。

高コレステロールは、ご存じのとおり、心筋梗塞を含む循環器系の病気及び脳梗塞などを血管が詰まる事で引き起こします。なので、専門家は、ベジタリアンの有利な点は肉、特に赤身の肉を取らない、あるいは摂取量が少ないのが大きな理由だと説明しているのです。

健康志向の強いベジタリアン

勿論、野菜、豆・穀類を食べる事自体、健康に良く、寿命を延ばす事にもつながりますし、菜食主義だと宣言するくらいですから大半のベジタリアン達は健康志向が強いという事が言えます。

実際、50歳を過ぎても見事なボディを持つ、マドンナや女優のニコール・キッドマンもマクロビオティックといって、野菜、穀類を主要な食べ物としている、健康志向の強いベジタリアンです。 

ある調査では、ベジタリアンのほとんどは35歳以上で高学歴、そしてたばこやお酒を飲まず、適度なエクササイズをしていると、かなり確固とした考えのもとで菜食主義を貫いている事が分かっています。

多様なベジタリアンの中でもやはり王道の「ベーガン」

ベジタリアンと一言で言っても、色々な菜食主義が有る様で、元祖の魚・卵・乳製品を含む動物性たんぱく質の入った食品を一切食べない「ベーガン」、野菜中心ではあるものの、たまに魚や肉を食べる準ベジタリアン、卵・乳製品または魚介類を食べるベジタリアンと多種多様。

でも、これらのベジタリアンも菜食主義では無い人に比べるとやはり、死亡率が低い事が調査で確認されています。しかし、あるイギリスの研究では魚でもたまに食べる肉でもやはりベーガンの方が心臓病などのリスクが少ないという結果が出ているのです。

今回の研究結果で、赤身の肉を食べない事で健康的な恩恵を多く受けるのは女性よりも男性と出たようですが、これを機に食生活を見直して、健康に良くしかも、女性に嬉しい低脂肪、低カロリーのナチュラルフードに切り替えるのも良いかもしれませんね?

この記事をシェアする

関連記事