• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ビールは夏の風物詩!女子にも飲みやすいビールアレンジ

Date:2013.08.30

苦いビールもひと工夫で飲みやすくなる!

女子の中には、ビールの苦味が好きになれないという人も多いですよね。お酒にはもっと飲みやすいカクテルやチューハイなどもあり、若い女性のビール離れが進んでいると話題に上ったりも。

でも、飲み会などの乾杯ではビールを頼むのがお決まりだったりして、飲めるようになりたいと思っている人も多い様子。

そこで、自宅でカンタンにビールアレンジを試して、ビールの味に徐々に慣れていってみてはいかがでしょう。もちろんビールに慣れる練習というだけではなく、美味しいビアカクテルとして楽しめますよ。

ビール+梅酒

私はビールは大好物なのですが、梅酒の甘さがちょっと苦手・・・。そこでビールに梅酒を混ぜて飲んでみたところ、これがとってもイケる!ビールの苦味は中和され、梅酒も甘すぎない風味を味わうことができます。

アルコール度数はちょっと高くなってしまいますので、弱い体質の人は割合に気をつけて作ってみましょう。二つをそのまま混ぜるだけなので、簡単で日々の晩酌にぴったりですよ。どんな料理にも合うので、食事と一緒に飲むものおすすめです。

ビール+はちみつ+レモン

やはりビールの苦味を和らげるには、甘さが必要です。そこで使えるのがはちみつです。さわやかでほのかな甘みが加わることで、だいぶ飲みやすさが増します。そこにさらに風味付けとして、レモン果汁をプラスしましょう。

レモンは果実を直接絞ると風味がしっかり出るのでおすすめ。ポッカレモンなどがあればそれでもOKです。グラスにレモンを飾ったりすれば、見た目もオシャレなビアカクテルになります。

はちみつはしっかり混ぜないと分離したり、沈殿してしまいますので少量の氷を一緒に入れてしっかり混ぜてくださいね。

ビール+好みの炭酸ドリンク

シャンディガフのように、炭酸ジュースとビールを混ぜるのも簡単で美味しい飲み方です。例えば、レモンスカッシュのようにさわやかなドリンクと混ぜると、酸味と甘さでビールの苦味がうまく中和されます。

ほのかに香る麦の香りも、レモンスカッシュに合います。夏にはぴったりのビアカクテルです。

また、もっとビールの味を楽しみたい場合は三ツ谷サイダーのような甘いサイダーを入れてみましょう。余計な香りや味がないので、苦味だけをうまく薄めてくれます。甘さと苦さが程よく混ざるので、非常に飲みやすいお酒に大変身しますよ。

ビール+好みのドリンク

強い炭酸が苦手、という女子は結構多いもの。ビールは炭酸ですが、普通のジュースを混ぜると微炭酸になってさらに苦味も中和されます。女性におすすめなのは、ビタミンCたっぷりのアセロラドリンクとビール組み合わせ。

こちらも酸味が強いので、ビールの苦味と合わせることでマイルドになって美味しいです。アセロラの酸味が強すぎて苦手でも、こうして二つを合わせることでちょうど良い程度になりますよ。お酒を飲みながらビタミン補給できるというのも嬉しい点です。

健康志向の女子は、野菜ジュースをビールに混ぜるという人もいるんです。野菜ジュースはアップルやキャロット、キウイベースのものがおすすめ。もちろんトマトベースの野菜ジュースでも、レッドアイのような風味になるので美味しく飲むことができます。

ビールは何にでも合って優秀なお酒!

簡単にできるビールアレンジをご紹介しましたが、もうお分かりの通り基本的に何にでも合うのがビールの良さ!特に柑橘系などの酸味の強いものとは相性抜群です。

レッドアイなどには塩が含まれていますし、甘さにも塩分にも酸味にも融合するのです。ぜひ、自分なりの美味しいビアカクテルを作ってみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事