• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ビールは女性の味方?美味しくてキレイになれるビールの美容効果とは

Date:2013.11.25

ビールはキレイの為の栄養がたっぷり入った、女性に嬉しい美容ドリンク!飲むだけで美肌やダイエット、ストレス対策など、色々な美容効果が期待できます。

でも飲み方次第では、ビール腹や肌荒れの原因にもなり逆効果になる事も・・・。美味しく賢くビールを飲んで、つやつや素肌を手に入れましょう!

ビールで若々しい美肌へ

ビールの原料は「麦芽・ホップ・ビール酵母」です。※メーカーや商品により多少違います。

・「麦芽」はビタミンB類が豊富で、肌荒れ予防や代謝促進に効果的!

・「ホップ」には女性ホルモン様成分「フィストロゲン」が含まれてます。

フィストロゲンの作用で女性ホルモンの乱れを整えて、きめ細かい美肌や豊かな髪に!さらにホップは抗菌力があり、ホルモン様作用と抗菌作用のダブル効果で大人ニキビにも効果的です。

・「ビール酵母」は腸内環境を整え、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富な健康食品!

残念ながら普通のビールはろ過される過程で減ってしまいますが、無ろ過の地ビールには酵母が多く残っているものもあります。

ビールで元気な身体になる

・老化の予防

老化予防に効果的な「ポリフェノール」が豊富で、美容や生活習慣病の予防に。

・ストレス解消、おだやかな催眠効果

「GABA」「ホップ」「アルコール」などの作用でストレスを解消し、リラックス状態に。

・便秘をスッキリ

ビールの苦み成分や、気褐色の色素成分「メラノイジン」が腸の動きを活発にして、便秘に効果的だといわれています。またアルコールや炭酸が腸を刺激します。お酒を飲んだ翌日は、お腹がゆるくなる人が多いのはこの為です。

ビールでダイエット

「GABA」には脂肪燃焼効果もあり、やせやすい体質に。また便秘を改善したり、利尿作用で余分な水分が排出されてスッキリに!

ビールのカロリーは中ジョッキで約150キロカロリーと、ご飯軽く一杯程度です。またカロリーの半分以上はアルコールのカロリーです。アルコールは分解されたりエネルギーになるので、炭水化物のようには太らないと言われています。

ビールで健康を損なわない為に

・女性なら、中ジョッキ1~2杯が1日の目安です。

それを超えるとカロリーオーバーの上、身体への負担が大きく老化の原因になります。

・ビールと同じ量の水を飲む。

利尿作用が強く、飲みすぎると脱水状態になる事も。これは心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなります!水分も一緒に、同じくらいの量を摂りましょう!

・すきっ腹に注意!

すきっ腹にビールを流し込むと吸収が早くなり、危険です!必ずおつまみも一緒に食べましょう。えだまめは不足しがちな栄養を補い、チーズなどの乳製品は胃に膜をはるのでオススメです。

・休肝日を週1~2回つくること。

毎日の飲酒は胃腸の粘膜を荒らし、肝臓を疲れさせ、じわじわとダメージを与えます。ダメージを修復する時間を作って、美味しくお酒を楽しめる身体をキープしましょう!

休肝日には、修復力を高める「しじみ」「ごま」「いか」「里芋や納豆などのネバネバ食材」がおすすめです。またどうしても飲みたい人は、ノンアルコールビールなどを活用するとストレスが減りますよ!

この記事をシェアする

関連記事