• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ビールとテーブルを使った噂のスポーツ”ビアポン”の楽しみ方

Date:2014.08.19

毎日なんだかつまらない…なにか新しいことを始めたい…知り合いを増やしたい…どんな女性でもそんな気持ち、心のどこかに抱えていると思います。

今回はそんな女性の思いすべてに応えてくれる、最新のスポーツでかつレクリエーション要素たっぷりのアメリカ生まれの”ビアポン”をご紹介します。

ビールを飲んでプレーをするスポーツという、日本人では考えられないようなシチュエーション、楽しい大人のスポーツをぜひストレス解消に使ってみてはいかがでしょうか。

ビアポン、そのルールとは?

ビアポンは、2人1組のチームで行います。専用のテーブルをはさんで、10個のビールまたは水が入ったカップをめがけて2球ずつ交互にピンポン玉を投げ合い、先に全てのカップにピンポン玉を入れ終えたら勝ちというシンプルな内容のスポーツです。

お酒を飲まないと参加できないのなら、お酒に弱い人は参加できないじゃないか!とお思いの皆さん、”ビールまたは水が入ったカップ”というところに注目してみてください。

お酒を飲めない人でも、無理にビールを飲む必要はないのです。飲める人は飲んで楽しむことが出来る…そんな適度にゆるいルールが、たまらなくアメリカチックで良いと思います。

強制飲酒ではないので自分がお酒を飲みたいときに飲む、一息つきたい時には水を飲むという選べるプレイスタイルが、万人にとても受け入れやすいのです。

聞いたことの無いスポーツ、そしてお酒を用いた一風変わったその内容ですが、興味がそそられますよね。普段の生活では味わえない楽しい時間をスポーツとアルコールの力で手に入れましょう!

ポピュラーなスポーツではないからこそ…

中学校、または高校からサッカーを始める男の子はごくわずかですし、同じように中、高校からバレーボールを始める女の子もそうそういるものではありません。

それがなぜかというと、小学校やそれ以前からそのスポーツを経験してきている人がいて、中学校から始めたところでその人達の実力の足元にも及ばないと考えるからです。

何倍、何十倍の努力を重ねても、子供時代の何年もの努力で身についた実力に追いつくのは厳しいですし、追い越すなんてもってのほかですよね。ポピュラーなスポーツであるゆえ、競争率が高いのです。

でも、このビアポンならそんな心配ご無用です。このスポーツではたいたいの皆さんが初心者なので、誰でも気軽に参加しやすくはじめやすい、敷居が低いということが大きな魅力なのです。

競技人口は少なく知名度は低いですが、先程ご紹介した単純明快なルールであるがゆえに、「なにそれ!やってみたい!」という好奇心に駆り立てられ、お友達と一緒に参加してみようという気持ちになります。

一人で始めるもよし、友達を誘ってまず1度参加してみるも良しのビアポン。アメリカの産物はそのほとんどが日本人にバカウケしていますよね。ハンバーガーにパンケーキ、スポーツだと野球…どれも日本人とはもう切り離すことの出来ない重要な文化の一部です。

ビアポンも今はまだ知名度が低いですが、今後じわじわと競技人口が多くなって、いずれ大人の男性と女性が楽しく飲みながら競い合い、そして仲を深めるスポーツの代表格になることでしょう。

会場がオシャレなバーだから…

「スポーツという大きな枠のなかのものですが、誰にでも始めやすく簡単にでき、更にはゲーム中の展開でわりとハラハラドキドキするシーンもあり、夢中になってしまう人が続出…その結果、初対面の人同士でもすぐに溶け込むことができるのもまたいいところですね。

そこにアルコールの力も借りて、よりプライベートなコミュニケーションをとることも十分可能ですから、素敵な大人の時間を過ごせると思います。

会場としていうならば90年代のアメリカンスタイルのバーやアイリッシュバーで行われることが多いので、オシャレで洗練された空間のなかで、参加された皆さんは陽気で笑顔が絶えずとても明るい雰囲気競技をプレーされていますよ。」(20代男性・イベント運営)

流行ものが大好きで、新しいものにめっぽう弱い女心を更につかんでくるのが、会場のオシャレさです。ちょっと素敵な雰囲気のバーでお酒を飲むだけで、一緒にいた人との距離が縮まった気になった経験はありませんか?

そんな素敵な空間で、テーブルを囲みながらアルコールを摂取し、そしてゲームにのめり込む…日常の退屈さを忘れ、しばし夢心地でいられるに違いありませんね。ストレス発散にはもってこいです。

参加する年齢層も老若男女問わず、アルコールを使用するという観点から20歳以上の全ての人が楽しむことができる”ビアポン”。

普段中々ハメを外せない人も、スポーツとアルコールの融合した新しいジャンルに足を踏み入れてはいかがでしょうか。そこでの新たな出会いにも、一層心躍ることでしょう。

この記事をシェアする

関連記事