• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ビフィズス菌に隠された効果。お腹の調子が良くなるだけでない!

Date:2017.09.04

「美容や健康のためにヨーグルトを食べている」という女性が増えています。

どうしてヨーグルトなのかを聞いてみると、「ビフィズス菌が入っているから」と答える人がほとんどです。

ビフィズス菌は、美容や健康に良いと積極的に摂取している人が多いですが、本当のビフィズス菌の効果を知らないという人も多くいます。

私たちが摂取しているビフィズス菌には、どういう効果があるのでしょうか。毎日、摂取しているからこそ、本当のビフィズス菌の効果を知ることも大事です。


ビフィズス菌と乳酸菌は違う!? ビフィズス菌とはどういうものか

よく、ビフィズス菌と乳酸菌がごちゃごちゃになっている人がいます。

乳酸菌は糖を分解して乳酸を作る菌の総称で、ビフィズス菌は糖を分解して酢酸を作り出します。

ビフィズス菌は乳酸菌の一種とも言われていますが、今では乳酸菌とビフィズス菌を分けて使っているものが多くなっています。

ビフィズス菌は、人間の腸内に住みつくことができる善玉菌で、腸内細菌のバランスを正常化してくれる働きがあります。

そのため、ビフィズス菌は腸に良いと多くの人に愛されています。

こんなものも!ビフィズス菌を摂取することで得られる効果

ビフィズス菌を摂取している人の多くは、ビフィズス菌は腸に良いというCMがあるように、腸が良くなるように摂取している人がほとんどだと思います。

ビフィズス菌が腸に良いと言われていますが、本当はどういった効果が得られるのでしょうか。

その1.腸内環境を整える作用でダイエットにも効果的

ビフィズス菌は、糖を分解する時に乳酸や酢酸と生成します。この乳酸や酢酸が腸内の悪玉菌を抑制する働きがあります。

腸内の悪玉菌を抑制することで、悪玉菌が作り出すアンモニアやインドールという腐敗物も減らすことができるため、腸内環境が良くなってきます。

また、腸内環境が良くなると次のような症状が緩和されます。

  • 便秘
  • 下痢
  • ガス溜まり

腸内環境が良くなれば、善玉菌も増えてきます。

最近、よくテレビで話題になっているダイエットに効果があると言われている「ヤセ菌」である日和見菌の一種も、善玉菌になります。

また、腸内環境が悪くなると、ファーミキューテスという「デブ菌」が増えてきます。

腸内にデブ菌がゼロになることはなく、デブ菌4:ヤセ菌6が理想とされています。

このヤセ菌を増やすには、善玉菌を増やすことが大事です。また、善玉菌を増やすには、腸内環境を整えることが大事なのでビフィズス菌は腸内環境を整えるのにはとても重要になります。

その2.免疫力をアップさせるため、アレルギーや病気の感染を予防する

人間は、体の免疫を左右する免疫細胞の約60%が腸にあると言われています。

ビフィズス菌を摂取すると、腸内の善玉菌が増えて腸内環境が整います。そのため、免疫力もアップします。

免疫力がアップすると、免疫低下で感染する病気やアレルギー症状を緩和・予防してくれます。

最近、テレビなどでも取り上げられている花粉が飛ぶ前にヨーグルトを摂取すれば花粉症の症状が緩和するというのは、ビフィズス菌を摂取することで腸内環境が良くなり、免疫力がアップするからです。

  • 風邪をひきやすい
  • 体調が優れないことが多い
  • 花粉症の症状が緩和しない

こういった人は、ビフィズス菌を摂取して腸内環境を整えて免疫力をアップさせると、風邪もひきにくくなります。

また、ビフィズス菌を摂取することによって免疫力が高まることで、ガン細胞に対する抵抗力も強まると言われています。

その3.コレステロールを分解するのでコレステロール値を下げてくれる

健康診断などで気になる数値の1つが、コレステロール値です。

コレステロールは肝臓でも作られますが、摂取する食事によっても作られます。

血液中のコレステロールが増えると、血管に付着し血栓を作ったり、血管が硬くなり動脈硬化を引き起こします。

ビフィズス菌は、食事から作られるコレステロールの分解を手助けする働きがあります。そのため、コレステロール値を下げてくれます。

また、肝臓で作られるコレステロールは、肝機能が正常であれば全く問題はありません。

その4.体内でビタミンB群、ビタミンK、葉酸などを作り出す

ビタミンというと、体内で作ることができないのでサプリメントや食事で摂取する必要があります。

しかし、ビフィズス菌には、次のような栄養素を作り出す働きがあります。

  • 葉酸
  • ビタミンB群
  • ビタミンK

葉酸やビタミンB群は、たんぱく質の代謝に必要な栄養素です。また、葉酸は女性の妊活や妊娠にも必要な栄養素と言われています。

ビタミンKは、血流を良くしてくれたり骨や歯を形成する働きもあるので、骨粗鬆症の予防などになります。

その5.貧血の予防、症状改善にも効果的

ビフィズス菌が作り出すビタミンB12や葉酸は、血液の成分である赤血球を作るために必要な栄養素です。

ビタミンB12や葉酸が不足すると、正常な赤血球が作れなくなります。

貧血というと、鉄分不足で起こるものと思われていますが、鉄分不足以外にも赤血球が作られないことが原因の貧血もあります。

また、腸内環境が悪くなると血流も悪くなるため、貧血の症状が悪化することもあります。

腸内環境を整えてくれるビフィズス菌は、赤血球を作るのに必要な栄養素を作り、腸内環境も整えてくれるので、貧血の予防、症状改善にはとても効果的です。

その6.ニキビや肌荒れ予防と美肌効果も期待できる

大人ニキビの原因の1つが、ホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰分泌されてます。

ホルモンバランスが乱れると、腸内環境も悪くなり免疫力も低下します。そのため、ニキビや肌荒れを引き起こしやすく、なかなか治らない状態になってしまいます。

ビフィズス菌は、腸内環境を整える働きがあります。腸内環境が整えば免疫力もアップするため、ニキビや肌荒れの予防にもなります。

免疫力アップは、ニキビや肌荒れ予防だけではなく肌のバリア機能もアップさせてくれるので、美肌効果も期待できます。

また、ビフィズス菌には血流を良くしてくれるビタミンKを作り出す働きもあります。

血流が良くなると、肌の代謝もよくなるため肌の状態をよくしてくれる効果が期待できます。

「美容にいいからビフィズス菌の入ったヨーグルトを食べる」という女性も多いですが、これはとても効果的とも考えられます。

その7.ホルモンバランスの乱れを整える補助をしてくれる

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

女性ホルモンの1つ、プロゲステロンの分泌が増えると、便秘や胃腸の不調といった症状が出ます。

また、女性ホルモンが乱れると、自律神経にも影響を及ぼし様々な症状を与えます。

女性ホルモンの乱れが影響して自律神経も乱れ、そちらの症状の方が悪化するということもあります。

よく「女性ホルモンの乱れには豆乳がいい」と言いますが、これは、女性ホルモンに似た働きを持つ「大豆イソフラボン」を摂取することで症状を緩和させるというものです。

女性ホルモンの乱れには、大豆イソフラボンも大事ですが、女性ホルモンの乱れが影響している自律神経の乱れを整えてあげることも大事です。

自律神経の乱れは、腸内環境を整えることで症状が緩和すると言われています。

ビフィズス菌には腸内環境を整える働きがあるので、ホルモンバランスの乱れを整えてくれる補助としての働きも期待できます。

さらにビフィズス菌パワーをアップさせるにはオリゴ糖をプラス!

ビフィズス菌には、様々な効果があるということは分かりました。ビフィズス菌を摂取する時、多くの人が手軽なヨーグルトで摂取していると思います。

ヨーグルトでビフィズス菌を摂取する時、もっとビフィズス菌のパワーをアップさせるには、あるものをプラスするといいと言われています。それが「オリゴ糖」です。

ビフィズス菌を摂取しても、腸内にビフィズス菌のエサになるものがなければ、ビフィズス菌パワーを発揮してくれません。

ヨーグルトを食べる時、砂糖やジャムなどを入れるのではなく、オリゴ糖をプラスすればビフィズス菌と共にエサも一緒に腸内に運ぶことができるので、ビフィズス菌パワーもアップします。

▼オリゴ糖の効果についてはコチラも参考にしてください!

オリゴ糖の記事のトップ画像キャプチャ

腸内環境が整えば便秘だけではなく様々な嬉しい効果がある

ビフィズス菌は、腸内環境を整えてくれる善玉菌です。腸内環境が整えば、便秘の解消だけではなく、美肌や病気の予防にも繋がります。

調子を崩しやすい人や、肌のお手入れをしても思ったように綺麗にならないという人は、腸内環境を整えるようにしましょう。

ビフィズス菌が入ったヨーグルトなどを食べれば、手軽にビフィズス菌を摂取して腸内環境も整います。

ビフィズス菌は、女性にとってとても嬉しい菌です。積極的に摂取して、いつまでも美しく健康な体を保ちましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント