• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もっと、もっと大きく!ビックトーカーがアメリカで推奨される理由

Date:2013.08.14

あなたには夢や目標がありますか?自分の夢を持つとき、「無理かもしれないから」小さめの夢を描いているようでは、あなたもまだまだです。

アメリカでは、物事を大きく考え、大きく語るビックトーカーを育てるビジネス研修があるそうです。それではなぜ、物事を大きく考え、大きく語る力を育てる必要があるのでしょうか。

最終目標の枠を広げる事で、当初の夢が簡単に思える

人は、自分が受け取るお金や成功の大きさを、自分で制限してしまう習性があるそうです。あまりに大きな成功や、お金を受け取る準備ができていないと、自ら拒否してしまうのです。

どんなに実力があって、与える事の出来る人物でも、受け取る才能がなければ、実力に見合った報酬を受け取る事はできません。そこで、物事を大きく考え、大きく受け取る能力を育てる事が必要になってきます。

「私の作ったHPが、日本で一番閲覧される」と目標を立てたとします。きっと、その人にとってはとてつもなく大きな目標でしょう。目標になかなか届かないという事もあるでしょう。

しかし、段階を踏んで一歩ずつでも構いませんが、「私の作ったHPが、世界で一番閲覧される」に目標設定を大きくするのです。すると、HP閲覧は日本一を迎えても、それは最終ゴールではありません。

日本や他の国で閲覧が一番になっても、それは最終ゴールではありません。話題が話題を呼び、いつか世界一になる日が来たとき、ようやくその夢は叶った事になります。目標を、日本一から世界一に変えた途端、ゴールは変わってきます。

日本一はゴールへの過程の一つとなり、最終目的にしていた時より簡単にその夢を叶える事は可能になるでしょう。

ビックトーカーで成功した人々

その時の状況がどうであれ、大きな夢や目標を抱き成功したビックトーカー達を紹介していきます。ソフトバンク社長の孫正義さんは、子供の頃貧乏で会社設立当初は、名もない会社だったにも関わらず、日本一と言えるほどの会社社長になりました。

彼は、会社設立当初ミカン箱の上に立ち「将来は一兆円を稼ぐ会社にします」と演説していたといいます。ミカン箱の上に立っていたほどですから、あまり立派な会社だったとは思えません。

そんな会社で、大きな目標を宣言し、妄想肥大という印象を受ける人も多かったのではないでしょうか。しかし現在、彼は自分の宣言を超えた3兆円もの利益を上げる会社の社長となっています。

「神様よりも有名になってやる!」そう心で誓った人物はマドンナです。彼女は二十歳の頃にNYに出てきて、そう誓ったといいます。これほどまでに強い気持ちを持った彼女は、知ってのとおり世界中で有名なスターとなりました。

日本では、女性の人気者の事を「マドンナ」と呼ぶ代名詞にもなってしまったほどです。彼女が「神様よりも有名になる」と思わずに、「アメリカで一番有名になる」と誓っていたとしたら、私達はまだマドンナの事を知らないかもしれませんね。

「成り上がり」という言葉が最も似合う日本のスターは矢沢栄吉さんではないでしょうか。極貧時代の幼少期を乗り越え、「BIGになる」事を夢みて上京しました。彼は誰よりもデカい事をいい、その数々の言葉は名言として語り継がれています。

年を取った今でも、彼にはカリスマ的魅力があり、多くの熱狂的ファンがいます。

ビックトーカーへのすすめ

あなたには、夢や目標がありますか?もしあるのなら、今持っている夢よりも少しだけ大きな夢を設定してもいいかも知れません。成功したビックトーカー達は、どの人も人を魅了する野心家達だと言えるでしょう。

前例が無ければ、自分が作る。否定する人がいても、構わない。そのような共通する強い意志が彼ら達からは感じられます。あなたも是非、ビックトーカーになって大きな夢を語り人々を魅了するビックな人になってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事