• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

デキる女は偽美肌上手?メイクとケアで肌を綺麗に魅せるテクニック

Date:2014.11.27

寝不足だったり残業が続いた次の日の朝、鏡に映る自分を見て気分が暗く沈んでしまうこと、ありませんか?

疲れがたまったことによる肌荒れ、吹き出物、くすみにハリのなさ…これでは自然と化粧のりも悪くなってしまい、それで気分が更に落ち込んでしまうなんて悪循環に陥ってしまうことも。

でも、綺麗に肌がカバーアップされて、カッコよく化粧がきまった日は、仕事モードもONになって、朝から仕事がバリバリと出来たりしませんか?

そう、女性は皆女優さんのように、化粧ひとつで気分の切り替えができてしまうのです。これは国内で行われた研究でも証明されていて、メイクをすることで女性の脳内物質が変化し、気分がパワフルに、そしてアサーティブになると分かっています。

つまりは肌を綺麗に魅せれば気分もぐんとあげることができるのです。肌が疲れているからといって諦めずに、その疲れ肌、綺麗に魅せてみませんか?

1. 氷を使う

冷たい水は最高の化粧水です。

1.しっかりと洗顔し、ピーリングをした後、シンクに冷たい水を貯め、そこにアイスキューブを数個入れてみましょう。

2.その水に顔を付け、そのまま10秒ホールドします。

3.これを数回繰り返しましょう。

顔を冷やすことで、顔の腫れぼったさが治まり、顔色がよくなって、更には毛穴を引き締めてくれます。

もし顔が油性だったり、少しベトベトする気があったら、お酢かレモン汁をティースプーン1杯程度加えた氷水を作るのもお勧めです。すっきり感が増します。

ちなみに、週に2回、20分ほどヤギのミルクを入れたお風呂に入るのがお勧めです。ヤギのミルクはピーリング効果がある酵素を含んでいるラクトースが多いため、肌を柔らかくつるつるにしてくれますよ。

2. コーヒーでピーリング

飲みきれなくて放ってしまっているコーヒー粉末が棚の奥に眠っていませんか?これをピーリング剤にしてしまいましょう。

1.テーブルスプーン一杯のコーヒーを手のひらにとり、そこでココナッツオイルオリーブオイルを垂らし、指で混ぜて、少し濃い目のペーストを作ります。

2.それを顔につけて丁寧に優しくマッサージしてみましょう。

3.十分にマッサージしたら、ぬるま湯で洗い流してください。

これは死んでしまった肌細胞を取り除くことができるほか、カフェインの作用により、血行を良くしてくれる効果もあります。

3. マスクを使う

日ごろの化粧水、乳液、美容液のお手入れにプラスし、美容マスクを使うのは美肌作りに欠かせないものです。美容マスクは即効性があるので、ちょっと気づいたときに使うだけでもかなり肌のコンディションが良くなります。

肌荒れの強い味方、植物エキスを含んでいるマスクを選ぶといいでしょう。

蒸しタオルで肌の毛穴を十分に開いてから使うと、更に効果がアップします。

4. 地肌を綺麗に見せるバームやプライマーを使う

肌をスムーズにしながら、更に乾燥や肌荒れを整えてくれる、フェイスバームや毛穴をカバーするプライマーを使ってみましょう。下地にもなり、肌を綺麗に魅せてくれるBBクリームやCCクリームのようなものがお勧めです。

このひと塗りだけで本当に元の肌がきれいに見えるようになります。

5. 目の下はアイクリームとハイライト

目の下のくまや腫れは美肌の大敵です。そこで、アイクリームを塗ってマッサージをしてあげましょう。メタルボールがついているローラータイプのクリームであれば、マッサージしながらつけることができます。

更に目の周りの皮膚にたまってしまった老廃物や水分を排出してくれる役目がある、カフェインを使うと一層良いでしょう。

また、目のくまを隠すためにコンシーラーを使う方も多いかと思いますが、コンシーラーを厚塗りしてしまうと、目のくまを際立たせてしまいます。

代わりにハイライトを使ってみましょう。まぶたがちょっとくすんで見えたり、腫れた感じに見えるのであれば、まぶた全体に薄くハイライトを塗ってみましょう。

目の下のくまには、目頭から目じりの方向に向かい、放射線状になるように、少し間隔をあけながら3本位の線を引いてみましょう。目じりにも少しハイライトを入れると、目元全体が明るく見えます。

6. くすみやシミ、ニキビ跡を消す

肌の気になる部分はコンシーラーを使いましょう。リキッドファンデーションの場合は、ファンデーションを塗った後、パウダーの場合はファンデーションの前です。指先を使って馴染ませながら使うのがコツです。

もしニキビのように皮膚が盛り上がっていたら、コンシーラーはファンデーションと同じ色のもの、シミや傷はファンデーションよりも明るい色を使うようにすると綺麗に仕上がります。

7. パウダー使いで綺麗に見せる

パウダーのハイライトで鼻と頬、そしておでこを優しく軽くブラシでなでてあげると、そこに柔らかく光を集め、綺麗な印象が出来上がります。

この記事をシェアする

関連記事