• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

抹茶はスーパーフードだった!海外でも人気の抹茶の美容効果

Date:2016.01.05

shutterstock_244203049

スーパーフードという言葉はアメリカ・カナダ生まれ。海外発信のスーパーフードはチアシード、アサイー、キヌアなど、日本人には馴染みのないものが多いですが、ここのところ海外では和のスーパーフード「抹茶」が人気です。

日本でも少し前までは抹茶=茶道というイメージが強く、日本人でありながら縁のない人も多かったものですが、最近では、お茶やスイーツとしてよく見かけるようになりました。

とはいえ、「スーパーフード」という認識をもっている人はそう多くはないのでは?そこで、抹茶のスーパーフードとしての効能を改めて紹介したいと思います。

抹茶には女性にうれしい効果がたくさん!その美容効果とは

shutterstock_57681691
日本茶の中でも特に抹茶が注目されるのは、茶葉の栄養をまるごと全部取り入れることができるから。茶葉を捨ててしまう緑茶では、水に溶けやすい成分しか摂取することができず、体によい成分の6~7割は捨ててしまうことになります。

その点、抹茶は茶葉をすりつぶしてすべて摂取することができるので、水に溶けにくい成分もまるごと全部吸収することができます。

抹茶のダイエット効果

抹茶には肥満予防に効果がある成分がいくつか含まれています。

  • 脂肪を効率よく燃焼させる効果、糖の吸収を抑える効果のあるカテキン
  • 脂肪の吸収を抑制・分解する働きがあるタンニン
  • 脂肪の燃焼(特に内臓脂肪)を促すカフェイン
  • 不要なコレステロールを排出されやすくする葉緑素
ダイエット効果を得るには、1日3杯(約6g)の抹茶を飲むとよいそう。脂肪を燃焼しやすくする効果があるため、トレーニング前、1日の活動前に飲むなどすると更なるダイエット効果が期待できます。

抹茶の美肌効果

抹茶にはビタミンも豊富に含まれています。

  • シミやソバカスの予防など美肌効果のあるビタミンC
  • 肌のバリア力を高めるビタミンE
  • 肌のうるおいを保ち、乾燥から肌の角質化を防ぐビタミンA

ビタミンCはカテキンと共に働くことでメラニン色素を抑制し、美肌形成に効果を発揮します。また、お茶に含まれるビタミンCは熱に強い性質があり、ホットで飲む場合にもビタミンCの効果はちゃんと得られます。

抹茶のアンチエイジング効果

  • 活性酸素除去作用の高いカテキン
  • 老化防止効果の高いビタミンE

などの働きにより、肌のシミやシワ、たるみなどを予防する効果が期待できます。

抹茶のデトックス効果

茶葉ごといただく抹茶には食物繊維もたくさん含まれています。

抹茶1杯でさつまいも35g分とも言われる食物繊維で便秘も解消!肌荒れの解消にもつながります。

また、

  • カフェイン
  • カリウム

の利尿作用により、体の余分な水分も排出。むくみ解消効果が得られます。

健康効果もたくさん!美容とともに元気な体もGet!

その他にも、体によい効果がたくさんあります。実にいろいろあり、毎日抹茶を飲んで生活していれば、かなり健康に暮らせるのでは!という気持ちになります。

  • 食中毒予防(カテキン)
  • 整腸作用(カテキン)
  • ガンや生活習慣病予防(カテキン)
  • 血中コレステロール抑制(カテキン)
  • 風邪予防(カテキン・ビタミンC)
  • 虫歯・口臭予防(カテキン・フッ素)
  • 抗アレルギー作用(カテキン・サポニン)
  • 血流改善(サポニン)
  • 高血圧改善(カテキン・テアニン)
  • リラックス作用(テアニン)
  • 不眠改善・睡眠促進(テアニン)
  • 月経前症候群、更年期障害症状緩和(テアニン)
  • 疲労回復・覚醒(カフェイン)
  • 認知症予防(カフェイン)

抹茶は点てなくてもおいしく飲める?抹茶の飲み方いろいろ!

shutterstock_273541262
抹茶というと茶筅(ちゃせん)を使ってお茶を点てて飲むイメージがあります。実際、抹茶の粉を軽くお湯に溶いただけでは少し粉っぽくておいしくはありません。

でも、茶筅を持っていない人も多いですよね。では、この抹茶ブーム。おいしく抹茶を頂くにはどうすればよいでしょうか。

マグボトルでシャカシャカシェイク!

スプーンで軽くかき混ぜたくらいでは、なかなかきれいに混ざってくれない抹茶。茶筅を用意するのもちょっと面倒という人は、マグボトルなどふた付きの容器に入れて、シェイカーを振るようにシャカシャカとシェイクするとよいでしょう。

ボトルに入れる前に茶こしなどで一度こすと、更にきれいに混ざります。冷たい水よりもお湯の方が混ざりやすいですが、熱湯をシェイクしては危険です。少し冷ましたお湯で。

抹茶入り緑茶を飲む!

最近、緑茶や玄米茶などの茶葉の袋に「抹茶入り」の文字をよく見かけるようになりました。抹茶の粉が入ったお茶っぱです。

これなら、緑茶や玄米茶などベースになるお茶の味があるので、抹茶の風味が苦手な人も飲みやすく、入れ方も普通のお茶と変わりないので簡単に抹茶を取り入れることができますね。

抹茶ミルク、抹茶オーレなどを購入!

ダイエット目的でないなら、市販されている抹茶ミルクや抹茶オーレに加工されたものを購入してもよいでしょう。

元々お茶のような味のないものが苦手な人は、ジュースを飲むよりも抹茶入りドリンクを飲む方がずっと健康的!お湯やミルクに溶かして簡単に飲めるのでおすすめです。

その他にも、組み合わせいろいろ健康ドリンク!

抹茶をお茶代わりにシンプルに飲むのが苦手、もしくはさらなる効果を狙いたい!という人は、いろいろ組み合わせて飲んでみるのもいいですね!

  • 腸にやさしい「抹茶+カルピス」
  • 冷え解消や燃焼効果アップを期待「抹茶+ショウガ湯」
  • 便秘解消やダイエット効果アップを期待「抹茶+バナナオーレ」

いろいろなドリンクに混ぜて試してみてください!

最も手軽なスーパーフード!ぜひ日常に取り入れて!

shutterstock_152785025
スーパーフードとして取り上げられている食材は実にたくさんありますが、抹茶はその中でも一番手軽で、取り入れやすいと思いませんか?

「食材」となると調理が必要だし、思い立ったときにすぐに食べるのも難しい。でも、抹茶は「お茶」。しかも「粉」。ササッと混ぜるだけ。ゴクッと飲むだけ!それでいて、体によい成分がたくさん摂取できるのです。これこそスーパーフードです!

ただ、飲みすぎには気をつけて。抹茶にはカフェインが含まれています。カフェインの過剰摂取は体に悪影響がありますし、中毒性もあるので注意が必要です。

抹茶の茶葉自体のカフェインは煎茶など他の緑茶にくらべて少ないくらいですし、タンニンがカフェインと結びつく性質を持っているので、コーヒーや他のカフェイン飲料に比べればカフェインの効果は低減しますが、飲みすぎないように注意してくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント