• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寝ている間こそ美肌作りに効果的?寝る前にしておきたい美肌ケアはこれ!

Date:2014.01.11

美肌ケアはお風呂上りにしなきゃいけないと思っている女性が多いのではないでしょうか。実は寝ている間こそ美肌作りにとても効果的で、そのため寝る前にケアをしておくと美肌に繋がるとも言われています。

どうして寝る前ケアがが美肌にいいのでしょうか、そして寝る前ケアといってもどういうことをしておけば美肌に効果的なのでしょうか。

美容のゴールデンタイムを有効活用しましょう

よく耳にする「美容のゴールデンタイム」を知っていますか?これは夜22時~翌2時までのことを言い、この時間は肌のターンオーバーが活発になりこの時間帯に睡眠を取っておくと美肌へと繋がると言われています。

しかし仕事などをしているとどうしても22時に眠るというのは難しいのが現状です。そこで言われ始めたのがこのゴールデンタイムに寝る前、美容をしながら少しでも多く睡眠を取ることで22時に眠れなくても美肌が作れるのではないか?ということです。

この「美容のゴールデンタイム」をいかに有効活用するかで今後の美肌にも繋がるといわれています。

寝る前保湿で乾燥知らずの肌にする

寝ている間に体は乾燥していきます。寝ているだけで汗をかいてコップ1杯の汗を出しているとも言われているぐらいです。もちろんそれは肌も同じことで、寝ている間に肌の水分も蒸発していき乾燥してしまいます。

そこで寝る前にしておきたいのが保湿です。寝る寸前に顔にいろいろとつけるとベタベタして眠れないのでは?と思う人も多いかもしれませんが、べたつきのあるクリームなどを避ければあまり気になることもありません。

化粧水で保湿をするのもいいのですが、この時間帯にシートパックなどを使って美容成分の高いものを肌に浸透させておくと翌朝の肌の仕上がりがかなり変わってきます。シートパックも長時間つけておくと反対に乾燥してしまうので、5~10分程度で十分です。

その後にしたいのが洗い流さないタイプのパックです。いわゆる美容液のようなものですが、これをすることで折角シートパックで保湿した水分の蒸発を防ぐことができます。

べたつきが気になる場合は、ジェルタイムのものやオールインワンゲルで水分蒸発を防ぐこともできるので試してみる価値ありです。

寝ながらできるパックを活用し美肌へ繋げる

上記のケアをしても目元や口もとの乾燥やシワが気になるという場合は、部分パックシートを使うと効果的です。最近では貼ったまま眠れるタイプの部分パックシートがたくさん販売されているので、こういうものを時々使うと部分ケアもきちんとできます。

ただ貼り付けたまま眠るので、使う前にきちんとアレルギーチェックはしておく必要があります。

眠りを誘うリラックスタイムを作るのも美肌への第一歩

折角きちんと美肌対策のケアをしてもぐっすりと眠ることができなければ意味がありません。そのために質の良い眠りを誘うためのリラックスタイムを作るのも大切になってきます。

眠る前などにアロマやお香で精神的にリラックスをしたり、お風呂などに入って適度に体温を温めるのも効果的です。他にも落ち着く音楽を聞いたりと自分の心が落ち着くものを見つけ、眠る前にリラックスタイムを設けるようにしましょう。

それだけで眠りの質がかなり変わってきて、肌への影響も随分と違ってきます。こういったケアをすることで「美容のゴールデンタイム」を1時間でも有効活用することができます。きちんとケア、そして睡眠をとってみんながうらやむくらいの美肌を手に入れましょう。

この記事をシェアする

関連記事