• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

まるで食べる美容液!美肌を叶えるオイルの選び方

Date:2013.07.23

オイルを摂ると「太る、ニキビが出来る」といったマイナスイメージがありませんか?

「ノンオイル」「低脂肪」の食品があふれ、まるでオイルが悪者のような扱いですよね。確かに良質とはいえないオイルを使った、揚げものやお菓子をたっぷり食べる事は良くない事。

でも、「良いオイル」はむしろ不足しているのです。良いオイルは、まるで美容液のように肌をしっとりさせ、血液をキレイにして健康にしてくれます。身体にとって良いオイルの選び方を覚えておくと、一生キレイでいられますよ!

美肌に油が必要な理由

お肌の潤いを守っている天然のクリーム「皮脂膜」は、皮脂と汗でできています。また、身体を作っている60兆もの細胞を覆っている膜「細胞膜」も、ほぼ脂でできています。そして皮脂や細胞膜の脂は、自分が口にしたオイルがもとになっています。

美肌や健康を左右する「女性ホルモン」や、記憶力や精神面を左右する脳も、もとはオイルです。ちなみに脳の60%は脂でできているので、特に影響を受けやすいと言えるでしょう。

ダイエットの為にとオイルを一切食べないと、美容に悪いだけでなく健康や精神面にも悪影響がでかねませんよ!

でもどんなオイルでもいいのではありません。酸化したオイルが原料になった「皮脂膜」「女性ホルモン」では、キレイになれるはずないですよね?

美肌に良い油・オメガ3

EPA、DHA、αリノレン酸が代表的。美肌の為に、もっとも摂りたい必須脂肪酸です。善玉コレステロールを増やして血液をサラサラにしてたり、炎症を沈めたり、不安感などのメンタル対策にもいいとか。

主な食材は、アマニ油(フラックスオイル)、シソ油(エゴマ油)魚(鮭、いわし、サバなど)くるみ、ほうれん草など。

ポイントは、加熱しない事!良質なものを新鮮なうちに、そのまま食べるのがオススメです。ドレッシングにしたり、仕上げにふりかけたり。EPA・DHAのサプリを飲んでもいいでしょう。肌の質感がみるみる柔らかくなってきますよ。

たっぷり食べてOK!オメガ9

オレイン酸が代表的。加熱しても酸化しにくので、料理に重宝します!便秘の解消やコレステロールが気になる人にもオススメです。主な食材は、オリーブオイル、アボガド、アーモンド、ピスタチオ、マカデミアナッツなど。

他に摂りすぎなければOKなのが、キャノーラ油、なたね油、ごま油、紅花油も。これらはオメガ6も含まれているのでほどほどに。

量を減らしたい油、オメガ6

リノール酸が代表的。必須脂肪酸ですが、現代人は食べ過ぎる傾向があります。オメガ6とオメガ3を 4対1の割合で食べれば問題ないのですが、現代人はオメガ3が不足しがち。オメガ6を食べ過ぎると、炎症を引き起こしたり、ホルモンバランスや免疫系にも悪影響が。

主な食材は、サラダ油、サンフラワーオイル、大豆油、コーン油、綿実油、マヨネーズ、コーン油。唯一食べてもいいのが、ブレープシードオイル。ぶどうの実のオイルです。こちらはビタミンEやポリフェノールが豊富で酸化しにくく、加熱料理にオススメなんだとか。

サラダオイルや、ドレッシングのオイル、パンやお菓子にもオメガ6がよく使われています。「油ものを食べると肌荒れする」のは、オメガ6が炎症を引き起こすからなんですね。

血液ドロドロ、飽和脂肪酸

いわゆる動物の脂です。冷えると固まるので、動物より体温の低い人間が食べると血管にへばりついてしまいます。主な食材は、お肉の脂身、バター、生クリームなどの乳脂肪、ラードなど。

でもそこまで神経質にならなくても大丈夫!一緒に生野菜を食べたり、オメガ3を摂るなどして相殺しましょう!

最も悪い脂、トランス脂肪酸

狂った油と言われるほど、健康への悪影響が大きく、欧米では禁止されている国もあるほど。植物油に水素添加した人工的な油で、老化はもちろん、生活習慣病やガンのリスクも高めるといわれています。

主な食材は、マーガリン、ショートニング、コーヒーフレッシュなど。これらのオイルは、安い菓子パンやケーキ、お菓子、揚げもの、冷凍食品など色々使われていますので、避けるのは大変です!

老化をすすめる酸化したオイル

どんなに良質なオイルでも、酸化したオイルは身体に悪い!酸化=腐っている状態に近いのですから。

例えば、揚げ物に使ったオイルをキレイにして使う家は多いと思いますが、あれは健康にはNG!使いまわしする事が多いので、外食で揚げ物を食べる事には慎重になった方がいいですね。

またドレッシングのオイルも、古くなっている事が多いので気をつけて下さい!手作りするか、ノンオイルのものを使いましょう。

理想のオイルの食べ方のまとめ

火を使う調理には、グレープシードオイル、オリーブオイル、なたね油がオススメ。少量ならば、ごま油、紅花油もOK!揚げ物はやめるか、少ない油で炒め揚げにして、油は使いきる。

ドレッシングには、アマニ油、しそ油がオススメ。毎日大さじ1杯程度は、飲む美容液として摂ると良いです!パンにはバターかオリーブオイル、コーヒーにはミルクか乳脂肪の生クリームを使いましょう。

スイーツは、きちんとしたパン屋さんや菓子店で買うようにする。コンビニのお菓子やパン、ファストフードはほどほどに。

お肉を食べるなら、生野菜も一緒に。魚を毎日食べるのが難しいなら、DHA・APEのサプリを飲んでもいいでしょう。

毎日食べるオイルは、想像以上に美容や健康に影響しています。アレルギーやニキビに悩む人、生活習慣病が気になる人、アンチエイジングしたい人はまずオイルから変えてみませんか?まずは3日、続けてみてください。

この記事をシェアする

関連記事