• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

水分を摂ったつもりになってない?美肌を作る水分補給法とは

Date:2015.06.27

shutterstock_200570987 - コピー

美しい肌の条件のひとつとして、“潤い”は不可欠です。女性ならば日々保湿ケアに勤しんでいる方がほとんどではないでしょうか。

しかし、そもそも人間の体の70%は水分。それだけの水分を保ち続けるには、皮膚の上から保湿するだけではとても補えません。

健康のためにも、美しい肌や体を保つためにも、口からの水分補給はとても重要なのです。日常の一部としておざなりにしがちな水分補給について、見つめ直してみませんか。

スキンケアだけではNG!「水分補給」と「美肌」の関係

美肌になりたいと考える時、つい私達は化粧水など、皮膚の上からの保湿について考えがちです。

しかし、体を健康に保つための水分は、そのほとんどを口からの水分補給に頼っています。毎日の水分補給は、どのように美しい体作りと関わっているのでしょうか。

生きているだけで水分は失われる

夏の熱中症問題も広く知られるようになり、正しい水分補給が健康な体の維持に欠かせないことは明らかです。

私達の体は、ただ生きているだけで大量の水分を失っています。

  • 尿・・・1.5リットル
  • 便・・・0.1リットル
  • 汗や呼気・・・0.9リットル

合計すると、なんと2.5リットルの水分が失われていることがわかります。

この失われた水分量を、わかりやすいようにペットボトルで想像してみると、1.5リットルペットボトルが1本と、500ミリペットボトルが2本。持ち運ぶのにもおっくうな量ですよね。

一日1.5リットルを飲むべし

では、毎日2.5リットルの水を飲まなければ干からびてしまうのかと言うと、そうではありません。

意外に感じるかもしれませんが、私達は毎日の食事から1リットル程度の水分を摂っています。味噌汁やラーメンなどスープが多い食事、野菜や果物などの水分が多く含まれているものを食べていると、案外多くの水分を摂っているのです。

その他に、体内で0.2リットルほどの水分が作られているので、コップに水をくんで飲まなくても、私達は1,2リットル程度の水分を摂取していることになります。

つまり、私達が意識して水分を摂る量は、一日に失われている水分2.5リットルから1.2リットルを引いた、“1.3リットル”ということ。

もちろん、この必要量はその日かいた汗の量や食事の量にも左右されるので、あくまで目安です。とは言え、意識すればしっかりと摂れる量だと言えます。

代謝アップ&体内をお掃除

水分が不足すると、血液の流れが悪くなり新陳代謝が衰えます。これが酷くなると熱中症の症状となり、筋肉が動かなくなったり、意識を失ったりします。新陳代謝を正常な状態に保つためにも、水分は不可欠なのです。

夏場のオフィスや涼しい季節には体が冷えるから水分を摂らない、という人もいますが、代謝を高め冷え症を改善するためにも、水分補給はした方がよいと言えます。

また、正しい水分補給で血液の流れを良くするということは、体内の老廃物の排出もスムーズになるということです。

肌のターンオーバーを促したり、便に含まれている水分を増やすことで、便秘の解消にもつながります。つまり、お風呂に入るのと同じように、水分補給は体の中を水洗いしてくれるのです。

健康を保つだけでなく、美肌を作る上でも、正しい水分補給は不可欠なのです。

効果的に水分補給できてる?効果別「水の飲み方」

shutterstock_228053314 - コピー
水分補給の基礎を押さえたところで、ここからは、具体的な水分補給の方法を、欲しい効果別にご紹介します。

冷え症&乾燥肌は「白湯」を

暑い季節でも指先が冷たい、オフィスの冷房がつらいという人は、体の新陳代謝が悪くなっています。この時に冷たい水での水分補給は、体をさらに冷やしてしまい逆効果に。

冷える時は、やはり体の内側から温めるように「白湯」など温かい飲み物が効果的です。

また、冷え以外にも肌が乾燥しているという人も、肌の代謝が悪くなっています。体を冷やす冷たい飲み物やカフェイン飲料は避けて、白湯で体を温めるようにしましょう。

「冷水・炭酸水」は便秘に効果アリ

便秘でお腹が苦しい、便秘が原因のニキビなどでお悩みの人におすすめなのは、「冷たい水」または「炭酸水」です。

冷たい飲み物は体を冷やすからと避けた方が良いという意見もありますが、一方で消化器官を刺激して活発化させる効果も期待できます。

常に飲むというよりは、目覚めて最初に飲む水分補給としておすすめです。胃腸が活発に働き出し、お通じが出やすくなります。

汗をかいたら「スポーツ飲料」

スポーツをしたり、外回りや外出で大量の汗をかいた時には、水分を補うだけでは足りないことがあります。

ご存知の通り、汗には塩分、つまりナトリウムが含まれています。

ナトリウムも体にとっては不可欠で、不足すると必要な水分を摂れなくなったり、食欲の減退や疲労感が取れないなどの症状が出てきます。

また、汗で大量に水分が失われている時には、糖分も一緒に摂るようにすると、水分が効率よく吸収されます。

つまり、汗をかいた時には、水分だけでなくナトリウムや糖分が含まれている「スポーツ飲料」が効率的なのです。

糖分が多く含まれているため、日常的にスポーツ飲料で水分補給をするのはNGですが、汗を大量にかいた時のほか、体調不良で食事が十分でない時には強い味方になってくれます。

注意!美肌のためにはおすすめできない、水分の摂り方

水分補給の方法は様々ですが、美肌のためにはおすすめできないものをまとめてみました。

コーヒー、紅茶などカフェイン飲料
カフェイン飲料は水分の排出を促してしまう上に、体を冷やしてしまいます。
アルコール
アルコールを分解する過程で水分が余計に排出されてしまいます。
ジュース
たとえフルーツ100%という表記のジュースでも、果物由来の糖分はたっぷり。糖分やカロリーの過剰摂取になってしまいます。
やはり、美肌を作るための水分補給としては、水やハーブティーなどが最適です。

上手な水分補給で内側から美しくなりましょう!

shutterstock_121165324
とにかく毎日たくさんの水を飲む、という美容法が流行ったのも、記憶に新しいと思います。

しかし、健康な体、健康的な美しさを保つには、不自然に大量の水を飲むと言う“無理”をせずに、体が必要としている水分を正しく補給することが一番なのではないでしょうか。

無理せず、体が欲している水分を上手に摂って、内側からの綺麗を目指したいですね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント