• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分の肌に合っていますか?美白化粧品で肌荒れを起こさないために

Date:2014.06.22

スキンケアなどの化粧品を使って肌荒れを起こしたなどのトラブルがあります。この化粧品でのトラブル、意外に多いのが美白化粧品を使って起こすことが多いんだそうです。それくらい美白化粧品を選ぶのは難しいとも言われています。

でも美白化粧品はたくさん販売されています、その中から自分に合ったものを選ぶにはどういうところに注意をしたらいいのでしょうか。

シミを予防したいのか、消したいのかで選ぶものが違う

「美白化粧品」といっても実は2種類のものがあります。シミを予防するものとシミを薄くするものの2種類です。この時点でしっかりと選ばないと効果もありません。

この選び方を間違っている人が意外に多く、効果がないからといって大量に肌に化粧品をつけてその部分が肌荒れしたり肌にかさつきが出たりするという人が多いそうです。

まず商品を選ぶ時は、自分がどういう対策をしたいのかをきちんと見極めてから商品を選ぶようにしましょう。自分でどっちを選んだ方がいいか分からないという場合は店員さんなどに相談をしてみると適した商品を選んでくれます。

美白化粧品はどうしても肌が乾燥しやすくなります。なのでどちらの化粧品を選ぶにしても保湿力の高いセラミドなどが入ったものを選ぶのがおススメです。

肌質に合った美白化粧品を選ぼう

美白化粧品はいろんな種類がありますが、実は肌質によって使い方を選ばないと肌荒れや吹き出物の原因となってしまうことがあります。ではどういう肌質がどういう商品を選ぶのがいいのでしょうか。

【脂性肌タイプの場合】

美白化粧品にはライン使いができるようにシリーズ化しているものがほとんどです。その中で脂性肌タイプの場合は化粧水・美容液を使うのがおススメです。

脂性肌の場合は余分な油分を与えてしまうと肌荒れを起こしたり吹き出物ができてしまいます。ジェルタイプのものなどがある場合は、そういうものを使うのもおススメです。

【混合肌タイプの場合】

混合肌タイプの場合は場所によって使い分けが必要です。化粧水で全体を保湿した後に乾燥の気になる部分にはクリームなどで油分を補ってあげるようにしましょう。間違っても皮脂が多く出ている部分にはクリームを塗らないようにするのが大事です。

【敏感肌・乾燥肌タイプの場合】

敏感肌・乾燥肌タイプの場合は保湿力が大事になってきます。化粧水・クリーム・美容液とライン使いできるものを選ぶようにしましょう。

しかし美各化粧水の中には殺菌力が強いものやアルコールが強く入っているものなどもあるので、そういうものは選ばないようにしましょう。

敏感肌・乾燥肌タイプの場合は化粧水は低刺激で美白力が低いものを使って美白サプリメントなど内側からケアをするものを使うのが安全かもしれません。

人気商品より相談をして商品を選ぼう

化粧品ってどうしても人気のものを選んでしまいます。人気がある商品が自分の肌に合うかというのは絶対ではありません。実は人気商品よりももっといい商品というのはたくさんあります。

専門の店舗などで購入する場合は自分の肌の状態などを説明し、どれが一番いいかを相談してみましょう。店舗などによってはテスターをくれるので、それを使ってから決めるという方法もあります。

肌につけるものは慎重に選ばないと肌荒れなどの原因になります。きちんと自分の肌に合ったものを選んで美白肌を目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事