• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

髪はケアの方法でどうにでも変わる、美髪にするためのケアとは

Date:2014.05.25

顔のケアと同じように髪の毛もお手入れ次第で状態がかなり変わってきます。特に髪の毛の場合はお手入れをしている人としていない人では圧倒的な差が出てしまうくらいお手入れが大切になってきます。

「髪は女の命」というように、ずっと美しい髪の毛であるためにはどういうケアに気を付けた方がいいのでしょうか。

その1.あなたのシャンプー選びは間違っていませんか?

シャンプーを選ぶ時、何を基準で選んでいますか?だいたいの人が「ふんわり・さらさら」や「しっとり・まとまる」といった言葉のニュアンスで選んでいると思います。

実は頭皮や髪の状態でシャンプーを選ぶと髪がより綺麗になるんだそうです。

セットをしても時間が経つと髪がペタンコになってしまう人は「ボリュームアップ・根元から立ち上がる」といった言葉の書かれたシャンプーを選ぶとベストです。髪がペタンコになるという人は髪のハリ・コシが足りないだけではなく根元から立ち上がるパワーがなかったり皮脂が出やすい人が多いので、髪をボリュームアップさせてくれるような商品がおススメです。

髪がゴワゴワして固いという人は「しっかりまとまる・手触りなめらか」といった言葉の書かれたシャンプーを選ぶとベストです。ゴワつきがある人は髪がもともと固いという人が多いので、コラーゲンやヒアルロン酸といった美容液成分が入っているシャンプーを使うと髪がしっとり柔らかくなります。

髪のパサつきがきになるという人は「潤い・しっとり」といった言葉の書かれたシャンプーがおススメです。パサつきがある人はパーマやカラーリングで髪が傷んでパサつきに繋がっていることが多いので、オイル成分などが入っているものや髪の毛の芯までケアをしてくれるものがおススメです。

その2.髪の毛を美しくしたいなら頭皮ケアから始めよう

綺麗な髪を目指すには頭皮からケアをすることが大切です。頭皮のケアというと抜け毛や薄毛が気になる人がするものと思っている人が多いですが、頭皮の状態がよくないと綺麗な髪の毛・強い髪の毛というのが生えてきません。

今は育毛効果のものではなく、頭皮の血行をよくしたり頭皮が乾燥しないように潤いを与えたりというケア商品があります。そういうものを使って常に頭皮の状態をよくしておくのも美髪への一歩です。

そしてやっぱり1番行いたいのがスカルプケアです。毎日シャンプーをしても頭皮の毛穴の汚れが落ちていないことがあります。それをリセットするためにスカルプケアを定期的に行うと髪が元気になります。

美容室やサロンでケアしてもらうのもいいですが、時間がない・こまめにスカルプケアをしたいという人はスカルプ専用シャンプーなどを使うのもおススメです。

その3.シャンプーのすすぎ時間は洗浄時間の倍を目安に

シャンプーをした後、よくすすぎましょうというのは当たり前なので、時間をかけてしっかりとすすいでいる人がほとんどだと思います。でもこのすすぎ時間、自分ではしっかりとしているつもりでも意外にシャンプーが取れてないということもあるそうです。

美容室に行った日は髪の毛はサラサラ、頭皮もスッキリとした感じがするのに自分で洗うと頭皮がべたついた感じがしたりすることがあります。それはシャンプーのすすぎが足りてないからだそうです。

知人の美容師さんからアドバイスされたのは、「自宅でシャンプーをする時はシャンプー1に対しすすぎ時間は2取って行うこと」でした。しっかりとシャンプーには時間をかけているのにすすぎの時間となるとその半分という人も多いそうです。

シャンプーは洗うことも大事ですがしっかりとその汚れを洗い落とすというのが大事。なのですすぎには特に時間を取った方がいいとのこと。シャンプーのすすぎが違うだけで髪質は全く変わってくるそうです。

髪は表面ばかりケアをしても綺麗にはなりません。頭皮・髪の内部からしっかりとケアをし、美髪に近づくようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事