• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

関東地方のオススメ美術館。センスを磨いて人生を豊かに!

Date:2016.12.09

shutterstock_156445667普段、美術館には行きますか?

美術館と聞くと、何だかお上品でちょっと敷居の高いイメージを抱く人もいると思います。「私には芸術なんて分からないから」と避けてしまう人も中にはいるでしょう。

でも実際には、美術館は誰でも気軽に訪れることのできる場所です!普段から芸術に敏感でも疎くても、一つの作品を前にしたときの気持ちは誰だって平等です。

美術館はたくさんの作品を見て回りながら、インスピレーションを貰ったり心をからっぽにするには最適な場所です。

ルーチンワークの毎日に疲れている人や、何か新しい刺激が欲しい人は美術館を訪れてみませんか?この記事では、関東地方の美術館をちょっとだけ紹介します。


アール・デコ調の建物が魅力的…東京都庭園美術館(東京都)

東京都庭園美術館は1983年に開館された美術館です。

館内は全体的にモダンな雰囲気を醸し出すアール・デコ調の装飾で統一されていて、中に入って壁や照明を見るだけでも十分楽しめる造りになっています。

庭園で気ままな散歩をしよう

「芝園」と呼ばれている庭園は、本館の前に広がっています。本館に入場せずに庭園だけ楽しんで帰ることも出来ます。

  • 芝生広場
  • 日本庭園
  • 西洋庭園

の3エリアに分かれていて、秋には大ボリュームの紅葉が見られるなど、季節によって花や葉の情緒を楽しむみながら歩くことができます。

ただし、庭園の状態によっては立ち入りが制限される時期もあるようです。「今は入場できるか?」を行く前にしっかり確認しておきましょう。

旧王族の邸宅を楽しめる

東京都庭園美術館になっている建物は、戦前に朝香宮夫妻が使っていた邸宅です。中には

  • 大広間
  • 大食堂
  • 客室
  • 書斎
  • 殿下寝室
  • 妃殿寝室
  • 浴室

…などがあって、モダンな照明や壁の様式から旧皇族の生活を垣間見ることができます。

一歩中に入れば、今いる場所が現代日本とは思えないようなタイムスリップ気分を味わうことができます!

展覧会のスケジュール

現在開催中の企画展や今後の予定は次の通りです。

開催予定の展覧会 開催時期
クリスチャン・ボルタンスキー 2016.9.22~12.25
アール・デコの花弁 旧朝香宮邸の室内空間 2016.9.22~12.25
並河靖之七宝展 2017.1.14~4.9

東京都庭園美術館の詳細情報

東京都庭園美術館の基本的な詳細情報は次の通りです。
※2016年11月現在

  • 開館時間…10:00~18:00(入館は17:30まで受付)
  • 休館日…毎月第2・第4水曜日(祝日であれば翌日休館)、年末年始
  • 入館料…展覧会によって異なる
  • 庭園入場料…一般100円、大学生80円、中・高校生・65歳以上50円
    (展覧会のチケットを持っていれば庭園にも入場可能)
東京都庭園美術館
http://www.teien-art-museum.ne.jp/

原美術館/ハラ・ミュージアムアーク(東京都/群馬県)

原美術館は、昭和初期に建てられた個人宅を改装して出来た美術館です。

絵画や彫刻など様々な現代美術を取り扱っていて、展覧会やイベントの多いスイタイリッシュな美術館になっています。

群馬県には、別館のハラ・ミュージアムアーク(Hara Museum ARC)があります。

東京都:原美術館

東京都の住宅街にひっそりとある原美術館は小さくて目立った建物ではありませんが、中はまるで誰かの家に遊びに来ているような感覚になるアットホームな雰囲気です。

展覧会やイベントなど美術を通して多くの国際交流を行ってきた原美術館には、日本人だけでなく海外アーティストの作品も多数取り揃えています。

約1000点にものぼる作品がありながら、一つ一つの作品に向き合ってじっくり鑑賞ができます。

館内には、中庭の芝生に面したカフェがあります。多くの作品に触れるのなら、一度に全部を見てしまうのではなくカフェで小休憩を挟んでからゆっくり楽しんでみてはいかがでしょうか?

原美術館の詳細情報

東京都・原美術館の基本的な詳細情報は次の通りです。
※2016年11月現在

  • 開館時間…11:00~17:00(入館は16:30まで受付)
    ※水曜日のみ20:00まで開館(祝日を除く)
  • 休館日…月曜日(祝日であれば翌日休館)、展示替え期間、年末年始
  • 入館料…一般1,100円、大学生・高校生700円、小・中学生500円
    ※原美術館メンバーは無料

群馬県:ハラ・ミュージアムアーク

群馬県にある原美術館の別館ハラ・ミュージアムアークは、群馬県渋川市の高原にあります。

豊かな緑色の草原に佇むハラ・ミュージアムアークは、ブラックで統一されたスタイリッシュな外装になっているので一目で分かります。

ハラ・ミュージアムアークは、その広大な原を活かした野外常設作品を見ることができるのも魅力です。

ハラ・ミュージアムアークの詳細情報

群馬県のハラ・ミュージアムアークの詳細情報は次の通りです。
※2016年11月現在

  • 開館時間…9:30~16:30(入館は16:00まで受付)
    ※水曜日のみ20:00まで開館(祝日を除く)
  • 休館日…木曜日(祝日・8月を除く)、展示替え期間、冬期、1月1日
    ※荒天時には臨時休館をする場合もあり
  • 入館料…一般1,100円、大学生・高校生700円、小・中学生500円
    ※原美術館メンバーは無料

企画展のスケジュール

原美術館とハラ・ミュージアムアークで行われる企画展の予定は次の通りです。

開催予定の展覧会(東京) 開催時期(東京) 開催予定の展覧会(群馬) 開催時期(群馬)
そこにある、時間―ドイツ銀行コレクションの現代写真 現在~2016.1/11 時間<とき>を視る 原美術館コレクション展 現在~2016.1/11
ハラドキュメンツ10 佐藤雅晴―東京尾行(併催:原美術館コレクション展:トレース) 2016.1/23~5/8 現代美術ギャラリー 女神たちの饗宴-原美術館コレクション 2016.3/12~6/26
みんな、うちのコレクションです 2016.5/28~8/21 特別展示室 觀海庵 古/今 書院でみる現代美術 2016.5/20~6/26

大自然の中に並べられた野外彫刻…彫刻の森美術館(神奈川)

神奈川県の箱根にある彫刻の森美術館は、大自然の土地を活かして出来た日本初の野外美術館(オープンエアーミュージアム)です。

約7万㎡の大きな庭園には、近・現代に活躍した彫刻家の作品が約120点ほど展示されています。

野外彫刻は季節によって楽しみ方が変わる

彫刻の森美術館の最大の売りである野外彫刻は、箱根特有の自然と調和する形で展示されています。

そのため季節によって葉の色や空の明るさで違う表情を見ることが出来ます。

彫刻は絵画と違って水に濡れてもふやけないため、雨が降っても楽しむことができます!雨の中に佇む彫刻にはどこかセンチメンタルな雰囲気を感じます。

美術館にいるのに温泉にも入れる

箱根は温泉で有名な場所です。彫刻の森美術館の敷地内にも温泉は湧き出ていて、美術館でありながらもそれを利用した足湯温泉に入ることが出来ます

100%源泉掛け流しの天然温泉は、庭園の木陰になった場所にあります。

散策にちょっと疲れてきたら、ここでゆっくり足の疲れを癒しながらのんびり庭園を眺めてみましょう。

展覧会のスケジュール

企画展の予定は次の通りです。

開催予定の展覧会 開催時期
篠山紀信写真展 2016.9/17~2017.4/5

彫刻の森美術館の詳細情報

彫刻の森美術館の詳細情報は次の通りです。
※2016年11月現在

  • 開館時間…9:00~17:00(入館は16:30まで受付)
  • 休館日…年中無休
  • 入館料…一般1,600円、大学生・高校生1,200・中・小学生800円
箱根 彫刻の森美術館 THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM
http://www.hakone-oam.or.jp/

美術だけでなく音楽や演劇も楽しめる…水戸芸術館(茨城県)

水戸芸術館は、音楽・演劇・美術といった芸術活動をそれぞれの空間で楽しむことが出来ます。様々な形で芸術に触れ、センスを磨くには絶好の場所です!

美術館のある現代美術ギャラリーは、作品の個性を最大限に活かすために壁や照明の主張が抑えられているのが特徴です。

ジャンル豊富な現代美術

展示室は9室あり、現代美術を始め

  • 建築
  • デザイン
  • 映像

といったジャンル豊富な作品に出会えます。

地域の発展と結びつきのある水戸芸術館では、ワークショップや講演会、講座を通して美術館に来た人が美術に触れるための機会が用意されています。

今まで美術に触れたことのなかった人も、気軽に美術を楽しむことができますよ。

展覧会のスケジュール

企画展の予定は次の通りです。

開催予定の展覧会 開催時期
クリストとジャンヌ=クロード アンブレラ 日本=アメリカ合衆国 1984-91 2016.10/1~12/4
石川直樹 この星の光の地図を写す 2016.12/17~2016.2/26
藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察(仮) 2017.3/11~2017.5/14

水戸芸術館の詳細情報

詳細な情報は次の通りです。
※2016年11月現在

  • 開館時間…9:30~18:00(入館は17:30まで受付)
  • 休館日…毎週月曜日(祝日であれば翌日)・年末年始
  • 入館料…一般800円(一年間有効フリーパスあり)

地域・生活・環境の3つからなる芸術…宇都宮美術館(栃木県)

宇都宮美術館は、「うつのみや文化の森」と呼ばれる公園施設に併設してオープンした美術館です。緑豊かな自然の中に建ったこちらの美術館では、澄んだ空気の中でリフレッシュすることができます。

3つの美術を楽しむことが出来る

宇都宮美術館では、次の3点に重点を置いて作品を展示しています。

地域と美術
宇都宮の地域と関係の深い「創作版画(複製を目的としないオリジナルの版画)」など
生活と美術
生活用品やグラフィックデザインといった近代的な作品
環境と美術
美術館周辺の自然を利用した野外彫刻など

コレクション展の解説が聞ける

宇都宮美術館では、毎週火・水・木・日曜・祝日の午後2時からコレクション展の解説を行っています。

自分では一体どういった芸術なのかが分からない作品も、改めて解説を聞くことで魅力を理解することができます。作品の見方が変わることで視野も広がりますよ!

展覧会のスケジュール

企画展の予定は次の通りです。

開催予定の展覧会 開催時期
石の街うつのみや―大谷石をめぐる近代建築と地域文化 2017.1/8~3/5

宇都宮美術館の詳細情報

宇都宮美術館の詳細情報は次の通りです。
※2016年11月現在

  • 開館時間…9:30~17:00(入館は16:30まで受付)
  • 休館日…毎週月曜日(祝日であれば翌日)、祝日の翌日(土・日、祝日を除く)
  • 観覧料…一般310円、大学生・高校生:210円、中・小学生:100円
    ※企画展の観覧料は展覧会によって異なる。企画展のチケットでコレクション展の観覧可
宇都宮美術館
http://u-moa.jp/

美術館の楽しみ方は人それぞれ。作品だけでなく館内全体を見て回ろう

美術館はいろんな場所にあって、中には「こんな場所にもあったんだ」と驚くような意外な場所にもあったりします。

今回の記事でご紹介した美術館はほんの一部ですから、是非いろんな美術館を訪れてみましょう。

美術館巡りの楽しいところはもちろん作品の鑑賞ですが、館ごとに違う作品の配置や魅せ方・館内施設の工夫を観察してみるのも面白いですよ。

作品の魅力や芸術にピンとこないときは、訪れた美術館が作品に対してどんな思いでそれを飾っているのかを考えてみるとまた違った楽しみ方が出来ます。

美術館の楽しみ方は人それぞれです。もし暇な時間があったら、是非近くの美術館を訪れてみてください。きっとあなたなりの楽しみ方が見つかるはずです!

この記事をシェアする

関連記事

コメント