• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ちょっと変わってるけど効果あり!美髪に導く簡単なお手入れ方法

Date:2014.08.24

新しいヘアスタイル、流行りのヘアカラー、手作りのヘアマスク。髪にまつわる話題はつきることがありませんね。けれど実際、どれだけのことを自分で試せるかと言ったらそう多くはないもの。

可能ならば、忙しい毎日の中でできるだけ簡単でかつ効果の感じられる方法を試したいですよね。この記事ではちょっと変だけど簡単で効果のあるヘアケア方法をご紹介します。

レモンで明るい髪色

夏だし、ちょっと明るい髪色にしたいなぁと思うけれど、お財布が空っぽになるのもいやだなぁと思う方におすすめなのが、レモンです。

①レモン一つを絞り、果汁をボウルにとります。
②そこに清潔な歯ブラシを浸し、髪を優しくとかしましょう。
③外に出て、45分間日光を浴びましょう。日焼け止めは忘れずに!
④これを2週間に1回続けると、だんだんと髪が明るくなってきますよ。

髪の静電気防止

ぷわーっと広がる静電気髪。これを防ぐのはなんと、柔軟剤のシートです!使い方も簡単。シートを髪の根元から毛先に向かって優しく滑らせるだけ。

くしやブラシなども事前に柔軟剤シートでなでておけば、髪をとかすことで起こる静電気も減らすことができます。

ふんわりポニーテール

ヘアクリップを使うことでふんわりとしたポニーテールに見せるトリック!

①頭のてっぺんの少し後ろでポニーテールを作ります。
②できたポニーテールを上下二つに分け、小さなヘアクリップで上下の髪の間の根元、下のセクションの髪をつまみます。
③上のセクションの髪をクリップを隠すようにふんわりかぶせ、ボリュームを加えるタイプのヘアスプレーをして、逆毛をたてましょう。

頭皮の毛穴の汚れをスッキリ除去!

皮脂やシャンプーの残りかすが毛穴につまると清潔な印象が損なわれるだけでなく、髪の成長も阻害されます。それを解消するのが、ベーキングソーダ!

①ベーキングソーダに水を少量ずつ加え、ペースト状にします。
②できたペーストで髪を洗い、リンスはアップルサイダービネガー大さじ2を水カップ1に混ぜたものを使います。

歯ブラシで産毛防止

ぴよぴよしてる生え際の産毛、気になります。これを解消してくれるのも、歯ブラシ!

歯ブラシに強めのホールドスプレーを吹きかけ、それでうぶ毛を優しくとかしつけて。これで残りの髪の毛と産毛が一体化しますよ。

眠りながら産毛を防ぐ

眠りながら産毛を防ぐ鍵、それは枕カバーです!シルクの枕カバーなら、他の素材のように髪との摩擦が起こらずに枝毛を防いで美髪になることができるそう。

ヘアアイロンの極意

ストレートヘアやカールヘアのために毎日ヘアアイロンを使っている人、アイロンの設定温度が低すぎませんか?温度が低すぎるときちんと癖がつかず、何度も同じところにアイロンをかけることになって結局髪にダメージを与えることに。

中の上くらいの設定温度にし、一度でくせづけできれば結果的に髪のダメージを減らすことができますよ。

塩素に注意!

プールの水に溶けている塩素は髪にダメージを与えます。プールに入る前には髪を洗い、コンディショナーを付けて流したら、乾かさずにそのままプールに入りましょう。このひと手間で髪に塩素がしみこまなくなります。

ちりちり髪を防ぐには

ちりちり髪を防ぐには、洗髪後の髪をタオルではなくコットンのTシャツで覆って軽く絞りましょう。決してこすってはいけません。水気が取れたなら、ドライヤーを低温に設定して乾かします。

髪のキューティクルをはがさないこの方法なら、ちりちり髪がだんだんとおさまってきます。

いかがでしたか?一見髪には関係ないものを活用したり、今までのヘアケアの仕方を変えてみたりと、新鮮なアイディアが結構ありましたね。

信じるか信じないかはあなた次第ですが、話のネタにでも試してみると、意外な効果を感じられてうれしい誤算があるかもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連記事