• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

パッドだけじゃない!?胸を大きく見せるビキニの選び方

Date:2013.04.21

shutterstock_254911351

バストをより大きく見せることは、バストが既に満足なほど大きい人を除いて、殆どの女性が使いたいと思うテクニックですよね。

勿論、小さくて、平坦な胸が好きな男の人も中にはいます。でも大きなバストは人の目を引いて、グラマーで豊満な容姿を創りだします。つまりは、バストを強調させ、そこに視線が集まるようにすることで、女性らしいグラマーな身体を持っていると思わせることができるのです。

これは女性の身体が人の目に一番さらされる時―つまり、ビキニを着ているときに役立つテクニックに繋がるのです。生まれ持ったバストに自信がもてない方でも、実際に肉体自体を変えなくてもバストが大きく見せるという方法は意外と沢山あるのです。

そんなテクニックは、ビキニみたいに身体や胸を隠す範囲が小さなものに対しても可能なのです。それって嬉しいですよね!これからご紹介するテクニックを利用すれば、この夏、バストに自信がないあなたも自信満々で胸元を見せれるようになりますよ!

トリック1:ビキニトップは大切!胸囲のサイズに注意して選ぼう

胸を押し上げてサポートしてくれるようなビキニトップを選びましょう。できたらビキニにカップが内蔵されているものを選んでください。昨今バストのボリュームを出すブラが沢山出回っています。また、ボリュームアップブラのような目的で作られていなくても、その効果があるビキニトップもあるのです。

まず、良いビキニトップの特徴としては、胸周りがしっかりとしまっているというものです。しっかりとサポート感を感じられるものを選ばれてください。それによって胸を両側から押し上げ、谷間と胸のふくらみを強調できるのです。

バストを上に引き上げて、胸を中央に寄せるという二点を両方出来るブラをすることで、バストの大きさに関しては調整ができた、つまり大きさはカバーできたということになります。

更には、このようにバストを絞り上げることで、大きなバストがカップの中に納まるようにビキニの素材を引っ張っているかのように見え、はちきれんばかりの大きなサイズのバストを持っているかのように見せることが出来るのです。

トリック2:最高のビキニトップは胸を水平線で横切る形をとる

このラインは視線を左右に流す形になり、幅が広いという印象を作り出すため、本来のバストの幅より幅が広く、横に大きく見えるという錯覚を引き起こします。

また、同じような目の錯覚を利用して、胸部にアクセントとなる色や装飾を施した、バスト部分に視線を集めるようなデザインのものを選ぶとよいです。ビキニのほかの部分は濃厚な色や暗い色合いとなっているものを選びましょう。

トリック3:胸に注目を集めるようなアクセントを自分で加えてみよう

そのほかにも効果的な方法のひとつとして、チェーンやネックレスを丁度胸の谷間の中心にあたるようにつけてみてください。

特にペンダントタイプのものは飾りのおかげで中心にフォーカスがあたりますし、長いチェーンであれば、胸の谷間に押し込むような感じでインパクトを与えるという方法が有効です。

イメージとしては2つの大きな塔(=バスト)の谷間(=胸の谷間)に宝石(=ペンダント)がある、という感じです。これが相対的にバストサイズを大きく見せるというわけです。

(トリック4:メイクアップ等を利用してみよう

同じようなトリックとして、着るものではなく、バストそのものにメークアップや他の製品を使うことで、胸にスポットライトをあてる、というのがあります。

例えば日焼け止めやモイスチャライザーを胸の谷間にたっぷりぬると日の光やきらめきを胸がキャッチします。これはバストラインのハイライトを作るのに最高の方法なのです。

肌よりちょっとだけ濃い色のチークカラーやファンデーションを用意して、胸の谷間に粉をはたいてみてください。そうすると粉をはたいた谷間が更に深くなったように感じるはずです。深い影を作り出すことでバストサイズが大きくなったような幻覚を作り出せます。

トリック5:カップに詰め物やパッドをしよう

最後に、典型的にはなりますが、カップの余った部分に詰め物やパッドを入れましょう。そうすれば胸がさらに突き出して大きくなったように見えます。

でもつめすぎに気をつけてください!あまりにもわざとらしくて、あからさまになってしまいます。胸が妙に浮いているような感じに見えてしまうかもしれません。

不自然になってしまったら元も子もありませんから、ほどほどに調整して、鏡の前でチェックしてみてくださいね。勿論、泳ぐときにとれてしまわないように、しっかりと固定しましょう!

この記事をシェアする

関連記事