• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

1日たった7分の美脚マッサージ!その日のむくみはその日にとる!

Date:2012.05.27

女性なら誰でも『むくみ』に悩まされた事があるのではないでしょうか。人間は体重の70%が水分でできているといわれ、体には血管内や細胞内などにたくさんの水分があります。

この水分が血管や細胞の外にたまってしまうのが「むくみ」です。この「むくみ」はダイエットでは解消できず、放っておくと『セルライト』になってしまいます。(絶対にセルライトは避けたいとこ!)

脂肪と老廃物の塊セルライト!

お尻や太ももなどにできやすく、肌がでこぼこしてきます。女性の8割にみられるもので、一度できてしまうと自然に消すことはできないもの。更にどんどん痩せにくい体になってしまい、むくみや冷え性といった症状の原因となるこも・・・。女性の敵です!

又、足のむくみを解消すると脚も細くなってきます。女性であれば「足を細くしたい」とか「足首を細くしたい」という思いは誰にでもあるはずです。

であれば、ダイエットをして細くする前に「むくみ」を解消してあげることが、ゆくゆくは足を細くすることにつながるのではないでしょうか。

むくみが起こる原因は自分の生活スタイルにある

立ち仕事やデスクワークといった長時間同じ姿勢でいる事や、冷え、ストレス、運動不足、アルコールの飲み過ぎなどさまざまなことが考えられます。

とくに立ちっぱなしの時間や座りっぱなしの時間が多かったり、夏の冷房などで体が冷えてしまうと脚の筋肉が全く刺激されず、血液の流れも滞ってしまうのでむくみやすくなってしまいます。まずは自分の生活スタイルを振り返って原因を見つけてみましょう。

顔のむくみは塩分の取り過ぎから起こることが多いです。塩分を摂取し過ぎると体内の塩分濃度が上がり、それを薄めようと体が水分をため込もうとするのです。アルコールの飲みすぎも同じ考えです。

1日1500ml~2000mlの水分でむくみ予防

定期的に軽いウオーキングやストレッチなどで脚を動かしてあげるとむくみにくくなります。又、むくみやすいからといって水分を控えるのはNG。体内の水分が不足すると水分をため込もうとするので反対にむくみやすくなってしまいます。

水分をしっかりとって、汗や尿として排出しましょう。理想の水分摂取量は1日1500ml~2000mlです。

その日のむくみはその日に取る

一番効果的な方法はマッサージでもみほぐしてあげることです。むくみというのは、血液やリンパの流れなどが悪くなり起こるものなので、マッサージ効果で皮膚を温め柔らかくしてあげると、血流が促進されむくみ解消につながります。

マッサージを行うのは入浴後、もしくは寝る前の7分間だけでOK。むくみ解消の最大のポイントは、『その日のむくみはその日に取る!』という事です。むくみを解消するだけで、脚は本来の姿に戻り、マッサージ効果でダイエットにもなりますからね。

1日たった7分の美脚マッサージ

足の指
足の指の間に手の指を入れ、くるくる回したり上下運動させた後、足の指を1本ずつ引っ張りましょう。
※ポイント:とくに足の小指をもみほぐすと、冷えやむくみの解消になります
足の裏
手の親指で指圧しながらもみほぐします。次に軽く叩いたり指を滑らせたりして気持ちがいい場所は重点的に行いましょう。
ポイント①:便秘の人は土踏まずをしっかりとほぐしましょう
ポイント②:甲状腺が悪い人は足の指の下にしこりがあったり、膨らんでいます
ふくらはぎ
手の親指を重ねて体重をかけながら押していきます。

(1~3のステップを3セット)

  • 3-1内側くるぶし~膝下まで3回。
  • 3-2アキレス腱~膝裏まで3回(軽くゆっくりと2~3回押す)
  • 3-3外側ぶし~膝下まで3回
  • 3-4アキレス腱をつまんでもみほぐします。
  • 3-5足首から両手でギュッと圧迫するように包み込み、膝下まで10回~15回滑らせていきます。

テレビなどを見ながらのんびりと行ってみてください。気持ちがいいのはもちろん次の日の足の軽さも違いますよ!

秘かに行うむくみ解消テクニック

仕事や外出している時などは、なかなか座ってマッサージするのは難しいですよね。そんな時は・・・エレベーターで立ち止まってる時、信号待ちをしている時などの立ち止まっている時間を利用しちゃいます。

爪先立ちになり5秒間そのままキープ!これを5回~15回行います。そうするとふくらはぎが刺激されて血流が良くなりますから、密かにやってみてくださいね。

又、ストッキングやソックスでむくみ予防も効果的。足首から段階的に圧力をかけていくものです。さまざまなタイプのものがありますが、選び方の基本は足首まわりのサイズに合わせるということです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント