• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

洗顔から見直して!敏感肌さんのニキビが治るケア方法

Date:2014.09.02

コスメや環境の変化などで赤味が出たり、ひりひりしたりする敏感肌。ただでさえ繊細な肌なのに、そこにニキビができたらもう、どうやってケアしたらいいのか途方に暮れてしまいます。

この記事ではニキビに悩む敏感肌さんへのアドバイスをご紹介します。

洗顔を見直そう

赤味があっていたいニキビに長く悩んでいるのなら、今のスキンケアになんらかの問題があると考えていいかもしれません。

肌によさそうだからと石けんを使って洗顔するのはいいのですが、ゆすぎなどに熱いお湯を使っていませんか?熱いお湯は肌を乾燥させ、敏感肌を悪化させます。洗顔に使うお湯はぬるま湯かお水にしましょう。

また、石けん自体の成分を見直す必要もあります。市販の石けんのほとんどはアルカリ性であり、肌の汚れを取らずに、必要な潤いは持って行ってしまう厄介なもの。

中にはPHを調整して、一見肌に優しいもの、という風に見せているものもあるので、よくラベルを見て注意してください。

肌がアルカリ性になっていると、皮脂の量が増え、ニキビが繰り返すという悪循環になります。

悪循環を断ち切るには?

石けん成分を含まないリキッドタイプか泡タイプの洗顔料でごしごしとこすらずにごく優しく洗い、ぬるま湯でよくすすぐことです。

クレンジングブラシや布などで顔を洗わず、手を使って優しく洗うことで皮膚へのダメージを減らすことができます。

その後、化粧水をたっぷりと付けたら、ニキビができにくい処方(ノンコメドジェニック)のクリームなどで潤いにふたをします。

あれこれと自己判断で手を出すと失敗することもあるので、コスメを選ぶときにも必ずお医者さんのアドバイスを聞いてください。

このケアは避けて

プロピレングリコールや硫酸塩の入ったコスメは使わないようにしましょう。これらはニキビのある敏感肌から潤いを取り去り、肌をアルカリ性に傾けてしまいます。

また、スクラブを使った洗顔も肌にダメージを与えるのでおすすめしません。

加えて、化学成分の入ったコスメ、香料の入っているものも肌に刺激となるので避けましょう。ナチュラルなものを使うほうが敏感肌さんの繊細な肌にはよくなじみます。

いかがでしたか?敏感肌さんのニキビケアは、細心の注意を払って、成分などにも気を付けながら行ってほしいもの。

食べ物などもジャンクフードや糖分、脂肪分たっぷりのものから、野菜や果物、植物性タンパク質などの食生活にシフトし、体の内側からのケアもしたほうが、効果が早く表れてきますよ。

この記事をシェアする

関連記事