• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アメリカの高級マクドナルド(おマック)で女子会をしてきました!

Date:2012.10.30

米在住組の日本人主婦たちで女子会をしてきました!場所はサンディエゴのマクドナルドです。実はこのマクドナルド、私たちの間では「おマック」と上品な言い方で呼んでいるゴージャスな店内で有名なマックのことなのです。

私はまだ行ったことなかったので噂では、店内は絵画や革張りのソファーなどが置いてあるインテリアが高級仕様、トイレにはシャンゼリゼが光っている、メニューも普通のマックに置いてあるもの以外にパスタなどイタリアンレストランにあるようなメニューなどが置いてあるとか…。

しかし最近、このおマックが変貌を遂げているという情報があったのでさっそく確認してきました。この高級マックの日本人主婦たちの採点はいかに?

主婦の女子会には気軽に行けるマクドナルドが最高!

OLになっても主婦になってもガールズトークは楽しいものです。特に主婦にとっては家事、子育てのせわしない毎日の発散に主婦友などの女子会は貴重な憩いの場になっていますよね。

高級ホテルのラウンジや飲み屋での女子会になかなか出向けない主婦にとって、わりとどこにでもあるファーストフード店での女子会はいまや日常のことでしょう。特にマクドナルドは子供用のプレイ広場を設けているところが多いので子連れでも女子会が出来ます。

わたしたちアメリカ在住主婦友も同様、女子会をよくやるのですが今回は、地元で有名なちょっと変わったマクドナルドで女子会をすることになりました。私は初めて行くのですが 「おマック」と呼ぶのにふさわしい、豪華マクドナルドなのだとか…。

でも、最近このおマックが変貌しているという噂を耳にしました。期待に胸ふくまらせながら行った高級仕様のマクドナルドはどんな感じだったのか報告いたします。

噂の高級おマックの中へいざ出陣!

女子会の場所はアメリカ、カリフォルニア州サンディエゴのデルマーという高級住宅地エリアのショッピングモールの中にあるマクドナルド。お店の看板にはBistro Gourmet at McDonald’sと表示されています。

このビストロ・グルメド・アット・マクドナルドという表示がある以外では外観は普通のマックの店とさして変わった様子がありませんでした。さあ、友人ともども、いざ中へ出陣!お客さんは昼時とあって結構入っていました。

入口入ってすぐの左側にカウンターがあり、それがL字型に店の奥へと延びていました。入口近くのカウンターでオーダーを取り、会計を済ませて品を受け取りました。ここまでは通常マックと変わらずです。右側を見ると食事が出来るゾーンとなっていてそれほど広い感じではありませんでした。

良く見るとテーブル席がレストラン風になっていて、壁にはヨーロッパの風景画などの絵画が飾ってありました。ビロード調の高級そうなカーテンなども窓際にかかっていて、食べる場所はマックというよりビストロレストランといった内装になっていました。

「これが他のマックの店内と違うのね!」みんなで話しながら席をまず確保、その席の向こう側、カウンターの側をまた見ると、L字型のカウンターの奥の延びた部分が何もなくアイスクリームが入っていたとおぼしき透明の冷蔵ケース(中は何も入っておらず)が寂しそうにカウンターの間に鎮座されていました。なんだかそこの部分だけガランとした感じでした。

トイレへ行くと、豪華な手洗い場があり、上にはシャンデリアが煌々とてらしていましたがトイレ自体はよくあるマックのトイレでした。なんだか高級さが徹底されていない雰囲気に「どうして?」とみんなで首をかしげあってしまいました。

オーダーしに行くと噂の期待していたレストラン仕様のメニューが、いっさいがっさいなくなっていました。しかたなく、アメリカのマックのどこにでもあるメニューの中から選びランチをとりました。前に来て食したことある友人の一人が「前はこんなんじゃなかったわよ!おマックに何かが起きたに違いない!」と断言する始末です。

Bistro Gourmet at McDonald’sのマネージャーに聞いてみた!

主婦の好奇心は果てしないものです。お客さんの足が途絶えた頃を見計らって、お店のマネージャーを呼んで質問してみました。やさしそうなスパニッシュ系の男性マネージャーのルイスさんです。まずは一番気になったレストラン仕様のメニューがなくなっていたことについて伺いました。

ルイスさん:当店は7年前よりグルメマックのメニューを始めましたが2011年11月6日に残念なことに取りやめになりました。この時、マクドナルド本社のメニューのスタイルが変更になり、今までのメニューから一気にメニューが増えました。このことより他店と統一してほしいというリクエストがきましたのでやむなくやめました。

グルメマックのメニューはパスタやサラダ、パ二―ニなどのサンド、イタリアンなメニューとデザートもジェラートアイスなど各種取り揃えていました。本社の命令で今年いっぱいでBistro Gourmet at McDonald’sのサインも外す予定です。

よく伺うと、今ガランとなっているカウンターは以前にはシェフがおり、目の前でサーブしてくれていたようです。なんとも残念なお話しでした。ルイスさんは、このガランとしたカウンターにはコークなどのドリンクコーナーにして充実させていくと言っていました。

…ということはこれから改造するので現時点は何もせずの期間に私たちがたまたまここに来てしまったということですね。7年も経てば古くなっていく感じは仕方がないのかな?というのがみんなの感想でした。

ノーモア・おマック?

日本では黒マックやマックカフェが流行っているそうですが、せっかくの高級なビストログルメおマックに、もう行くことが出来なくなるのでしょうか?

主婦友と話していると、やはりアメリカでは子供のためにマクドナルドに行くという風潮は色々と叩かれながらも今も根強く残っています。子供の好きなメニュー、遊び場(プレイルーム)などが充実しているほうが本来のマックの役目にかなっており、お客さんも行きやすいのでは?という話になりました。

でもこのおマックスタイル、サンディエゴではなくなってしまったのは何とも残念なことです。のちに調べてみますと現在、アメリカのビストロ・グルメド・アット・マクドナルドはフロリダ州オーランドにあるようです。日本ではこの手のおマックがお目見えしたら流行るでしょうか?見てみたいものです。

マクドナルドとは思えない高級な店内

この記事をシェアする

関連記事

コメント