• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ビタミンB群とビタミンEを摂って中からキレイなカラダに変身!

Date:2012.11.21

toptop

美肌になりたい、痩せたい願望は今も昔も変わりません。ですが間違ったダイエット方法で急速に痩せるよりは、正しいライフスタイルの過ごしてリバウンドなしの健康的な体を整えるのが美人の一番の近道です。

腸のぜん動運動を整えるビタミンB群

ビタミンと言うと、美容に欠かせない栄養素という印象がありますよね。実はこのビタミン類にも高い便通効果があるのです。

便通が良ければ自律神経のバランスが整って痩せやすい体になりますし、体内の老廃物を外へは排出してくれるので、美肌にも恵まれます。ビタミンB1は自律神経の動きを正常にする効果があります。

腸のぜん動運動は自律神経によって行われているのです。さらにパントテン酸というビタミンBの一種には、自律神経の中でも副交感神経の動きを促す効果があります。リラックスした時に優位になる神経なので、排便をスムーズに助けてくれるのです。

ビタミンB群を多く含む食材とは?

そもそもビタミンB群は食べ物をエネルギーに変えるときに使われるビタミンです。自律神経を正常にします。不足すると便秘や吐き気などの症状が現れるのです。

豚肉

豚肉はなんと牛肉の10倍近くビタミンB群を含んでいます。疲労効果も抜群に高いのです。また、食欲増進作用もあります。

レバー

ビタミンB群の宝庫といわれているレバー。胃腸に非常に良いとされているナイアシンも多く含んでいるのです。

鶏もも肉

鶏もも肉には、副交感神経を優位にして、緊張をほぐす働きがあります。また、排便をうながすパントテン酸が豊富です。

パントテン酸やナイアシンを多く含み、胃腸を強くする働きがあります。健康的な排便を促進してくれるのです。

腸内の血行を良くするビタミンE群

次に女性ホルモンにも良い働きがあることで知られているビタミンE群です。このビタミンには、血行を良くする作用があります。腸の血行が良くなれば、ぜん動運動も活発になり、排便活動がスムーズになるのです。

またB群と同様に、自律神経にも働くので、ダブルで効果が期待されるわけです。もちろん女性ホルモンの分泌バランスも整えてくれます。

月経前にはプロゲステロンの分泌で便秘が起こりやすくなりますので、日頃から食べ物やサプリメントでビタミンEを補っておくのも良いですよ。

ビタミンE群を多く含む食材とは?

末梢血管を広げて血行を良くする働きや、自律神経やホルモン分泌を調整する作用があります。また、筋肉の働きも良くする為、排便もスムーズになるのです。

うなぎ

ここ最近では手に入れるのが困難かもしれません。ですが、ビタミンEを豊富に含みます。血流アップはもちろんの事、粘膜を丈夫にするビタミンAも豊富なのです。

「土用の丑の日にはうなぎ」と言われているように、疲労回復には抜群の栄養素を含んでいることでも有名ですよね。

はまち

DHAなどの良質な脂質が多く、また肝機能を高めるタウリンも豊富なのです。

アーモンドなどのナッツ類

100g中に30gものビタミンEを含んでいます。また、食物繊維も多く含んでいるので、便通促進効果が高いです。

かぼちゃ

ビタミンEと食物繊維を多く含んでいます。体をあたためて、血行を良くする食材です。

ダイエット、美肌にはビタミンB群とE群が重要なポイントです。バランスの良い食事と運動と睡眠で美しいカラダを手に入れましょう!!

この記事をシェアする

関連記事

コメント