• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

誰もが許せない「毛穴」、美肌作りの王様「ビタミンC」の上手な摂り方

Date:2012.05.05

肌悩みの代表的なものに「毛穴」「シワ」「シミ」「たるみ」「クマ」などがある中で、女性が一番最初に抱える悩みは・・・「毛穴」。例えば「黒ずみが気になる」「毛穴が開いてる肌は汚く見える」「ザラザラしてる」など。

早ければ10代半ばから毛穴が目立ち始めてくる女性も多くみられます。毛穴のトラブルはただ毛穴が多いというだけならここまで複雑化はしないはず。誰もが許せない毛穴の悩みの正体は「皮脂線(皮脂を作る工場)」なのです。

ただ、この皮脂線から出る「皮脂」には、お肌の表面で水分と混ざり合い皮脂膜という「天然のクリーム」をつくる重要な役割があります。

この天然のクリームは紫外線やエアコン、冷たい風などで奪われてしまう水分の蒸発を防いでくれるバリア機能の働きを持ち合わせているので、上手に付き合っていく必要があります。

毛穴は季節や体温、肌の調子によって大きさが変動します。とくに夏は冬と比べて毛穴が10%大きくなるといわれているので要注意。

毛穴は適切なお手入れで小さく目立たなくすることができます。まずは自分の毛穴のタイプを知り、そのタイプに合ったお手入を行っていきましょう。

毛穴のトラブルはいろいろ!あなたはどのタイプ?

【タイプ1・・・詰まり毛穴】
鼻まわり(Tゾーン)に見られるもの。毛穴の中の皮脂線から過剰に分泌される皮脂と、古い角質とが混ざり合い酸化して黒く詰まってしまう毛穴(角栓)。皮脂は毎日分泌されとめどなく溢れでてくるので、ひどくなると肌表面がザラザラしてきます。

【タイプ2・・・・たるみ毛穴】
鼻横の頬からほうれい腺まわりにみられるもので、加齢によって毛穴の周囲の肌がくぼんで更にたるみが加わり涙型に広がったもの。お肌のハリ、弾力のもととなるコラーゲンやエラスチンが老化によって壊されてしまい毛穴を支えきれなくなってしまいたるんだ毛穴。

【タイプ3・・・開き毛穴】
生まれつき遺伝的なもので男性ホルモンが多い。この男性ホルモンが多い人は皮脂分泌が活発で皮脂の出口が大きく開いている状態なので毛穴が目立ってしまう。

美肌作りの王様ビタミンCの毛穴効果とは?

ビタミンCは美白効果で有名な成分の1つですが、皮脂分泌を抑制する働きや抗酸化作用などさまざまな効果を期待できる有能な成分です。

ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくく酸化もしやすい為、形を変えた「ビタミンC誘導体」配合の化粧品がお肌にやさしくオススメ!又、ハリや弾力を蘇らせてくれる効果も抜群に持ち合わせているので、美肌作りにはとっても嬉しい成分です。

【詰まり毛穴にビタミンC】
ビタミンCは皮脂線から過剰に分泌される皮脂を抑えてくれる働きがあります。皮脂を作る工場を抑える事によって皮脂の作りだされる量が減り、皮脂線が小さくなり毛穴も目立たなくなります。

又、お肌が乾燥していると皮脂膜(バリア機能)を作ろうと皮脂分泌が活発になってしまうので水分補給もしっかりと行ない潤いのあるお肌を保つようにしましょう。

【たるみ毛穴にビタミンC】
ビタミンCはハリと弾力を保つコラーゲンとエラスチンを作る線維芽細胞(真皮のお母さん細胞)の働きを活発にしてくれます。

このお母さん細胞が元気に働いてくれるとコラーゲンとエラスチンがしっかりと作られハリと弾力が出てくるので、たるんだ毛穴が持ち上がり涙型が丸く小さい毛穴になってきます。合わせて保湿ケアも万全に行いましょう。

とは言ってもクリームなどの油分の多いものを塗るのではなく、水分をしっかりと補給して潤いを保つように。ビタミンCには水分保持力の高いヒアルロン酸を作りだす働きも活発にしてくれる役割があるので、ぷるぷる肌にしてくれます。

【開き毛穴にビタミンC】
遺伝的なものなので毛穴の大きさは小さくなりません。ですが、大きさをキープすることが重要。それには今以上に皮脂分泌を活発にさせないこと。

オイリー肌に傾きやすいのでビタミンCで皮脂の量を抑制しましょう。又、毛穴が開いていると汚れが入りやすい状態です。毎日の正しいクレンジングと洗顔を心がけるようにしましょう。

毛穴のお掃除3つのポイント~角栓除去~

Point1、毎日の正しい洗顔(落とすケア)が重要。クレンジングは擦り落とすのではなく、清潔な手のひらにたっぷりの量をとって短時間でしっかりと浮かせることが大切です。

泡洗顔はキメの細かい弾力のある泡をしっかりとつくり、指の腹が直接お肌に触れない程度にやさしく泡を転がします。

Point2、ザラつきが気になるようならピーリングや酵素洗顔をプラス。AHAなどを配合したクリームタイプやジェルタイプが刺激が少なくてオススメ。スクラブや拭き取りタイプなどは刺激が強いのでNG。

Point3、上記2つのケアをしてもザラザラ感が気になる人はシートタイプの毛穴パックなどをしてみましょう。刺激が強いので2週間に1度くらいが目安。

パックのあとは毛穴が空っぽになっている状態で汚れが入りやすくお肌が敏感になっているので気をつけてください。繰り返しの強い刺激は毛穴の周囲の肌を傷め、肌が陥没して毛穴が大きく開いたように見えることもあります。やり過ぎはNG。

毛穴の三大悪

喫煙・睡眠不足・飲酒

タバコは血管を収縮させるので、酸素の運搬を妨げ活性酸素を発生させます。「タバコを吸う人に美人ナシ!」睡眠不足も活性酸素を発生させたり、肌を乾燥させます。飲酒は血中のアルコール濃度を薄めるために体の水分が使われてしまうので、肌は乾燥します。

この記事をシェアする

関連記事

コメント