• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ビタミンの過剰摂取はお肌に悪い?正しいビタミンの摂り方

Date:2012.12.27

美肌のためには欠かせないビタミン。健康のためにも必要な栄養素ですね。ビタミンは毎日必ず摂取していきたい栄養素です。ところが、最近ではビタミンの過剰摂取は危険だと言われています。

特に妊婦さんがビタミンAを摂りすぎると、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす、と言われています。また、ガンの発症率も高くなるとか…。何事も過ぎたるは及ばざるがごとし、ということですね。ビタミンの過剰摂取はお肌にも影響するようです。正しい方法でビタミンを摂取していきたいですね。

どれくらいが過剰摂取?

ビタミンの過剰摂取はいけない、と言いますがそれはサプリメントなどからビタミンを摂取している場合です。サプリメントというのは、特定の栄養素の成分がギュッと詰まっています。

野菜や海藻などの食べ物ではなかなか摂取できない量でも、サプリメントなら簡単に摂ることができます。最近はサプリメントを利用する人も増え、簡単に摂取できてしまうことで、過剰に摂取しすぎてしまうという問題が起きているのです。

野菜などの食べ物からビタミンを摂っている場合は、過剰摂取にはならないので安心しましょう。

ビタミンAを過剰摂取すると?

ビタミンAは過剰摂取してもあまり弊害はないとされています。しかし、妊婦さんにとっては注意が必要。ビタミンAを過剰摂取すると胎児に奇形の可能性が出てしまいます。ビタミンAを大量に含むレバーの食べすぎには注意を。

野菜からビタミンAを摂取した場合、体内でベータカロチンに変換されます。ベータカロチンは体内に必要な分だけビタミンAに変換されるので、過剰摂取の心配はありません。ビタミンAは野菜から摂りましょう。

ビタミンB3を過剰摂取すると?

ビタミンB3、ナイアシンとも呼ばれているビタミンですね。ナイアシンを過剰摂取すると、顔が赤くなる、かゆみが出る、胃腸不良や肝臓に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。注意したいですね。

肌に大切なビタミンB1、B2の過剰摂取について

ビタミンB1、B2は肌の健康に重要なビタミンです。これらのビタミンは過剰摂取をしても、尿と一緒に排泄されてしまうので、それほど心配はないようです。

葉酸の過剰摂取も危ない?

葉酸は妊婦さんや母乳で育児をしているママさんに不足しやすい栄養素と言われていますね。十分に摂取することで胎児の成長や、動脈硬化の予防にも役立つと言われています栄養素でもあります。

女性にとっては貧血の予防にもなる栄養素。しかし、過剰摂取は呼吸障害やじんましんなどの危険性があると言われています。

特に摂取したいビタミンD

女性に大敵紫外線。しかし、紫外線対策に力を入れるとビタミンDの不足につながるのだそうです。ビタミンDは免疫系の疾患や関節炎、さらに生活習慣病の予防など必要な栄養素。

しかし、日光から合成することでできるビタミンDは、日焼け止め対策をすると、皮膚で十分な合成ができないのです。だからといって美肌のためには、紫外線対策をやめるわけにはいきません。

ビタミンD不足にならないためにも、食事から摂取するようにしましょう。鮭やさんま、まぐろ、ます、ヒラメ、いわし、しらす干し、ツナ缶、さば、卵、しめじ、きくらげ、などを積極的に食べるようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事