• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌・小顔効果あり?美容鍼がシミや肌荒れに効く理由とデメリット

Date:2016.09.27

shutterstock_185569238年齢を重ねるごとに気になってくるのが、お肌のシワやたるみ、それからシミですよね。

化粧水や乳液などの様々な美容法がありますが、なかなか効果が現れずに悩んでいる人も少なくはありません。

「どんな美容法も効果がなかった」という人におすすめしたいのが美容鍼(びようばり)です!

鍼灸の一種である美容鍼は、鍼(はり)で皮膚の中にあるツボや血管・神経を刺激することで様々な美容効果をもたらす方法です。


鍼だからこそ奥まで届く!美容鍼が効く理由と副作用や痛みについて

鍼灸(しんきゅう)とは、ツボを押せば身体の調子が良くなるように、鍼を身体の中に入れて血管や神経を刺激することで身体を健康な状態にすることを言います。

美容鍼は、その鍼灸の効果を美容に活かしたもののこと。

別名「美顔鍼(びがんばり・びがんはり)」とも言われていて、顔に鍼を刺すことで、

  • シミ・たるみ・シワの改善
  • 小顔効果
  • 肌の乾燥の改善

などの美容効果を得ることができます。

現に中国では「美容鍼科」とよばれる美容鍼専門の科が病院に存在しています。

最近は日本でも美容鍼が浸透していて、エステサロンや美容院などでも施術を行ってくれるところが増えています。

美容鍼に効果が出る理由

美容鍼を試した人の多くは「本当に効いた」「即効性がある」といった感想をお話ししています。でも、試してみるまでは本当かどうかはわかりませんよね。

どうして美容鍼に効果が出るのでしょうか。それにはこんな理由があります。

肌の奥にまで鍼がしっかりと届く
美容鍼のメリットは、鍼が肌の奥にある血管・細胞・神経・筋肉といった場所にまでしっかり届くところです。

化粧水や乳液だとなかなか奥まで浸透せず、しても時間がかかります。しかし美容鍼は直接肌の中に鍼を刺すことですぐに肌の奥まで届くため、刺激を与えたい場所に確実に刺激を与えることができます。

直接刺激することで効果に即効性がある
若干の個人差はあるものの、美容鍼には「即効性がある」と言われています。その理由は、鍼で直接刺激を与えているからです。

外から刺激を与えるのとは違い、直接内側に鍼を入れて刺激を与えることができる美容鍼はその場で気になる部分にアプローチをかけます。そのため、効果も比較的すぐに得ることができるのです。

肌の奥まで直接刺激が届く…。人気の理由もわかる気がしますね。

美容鍼は副作用がない

美容法を試すときに気になるのが、何といっても副作用ですよね。しかし、美容鍼は薬や治療とは違うため、副作用が存在しません。

美容鍼だけに限らず、鍼灸は身体が元から生まれ持っている免疫力や治癒力を高めて健康効果を引き出す方法です。

化学的な作用で効果を引き出すものではないので、

  • 副作用
  • アレルギー

などの心配もなくどんな人でもリスクが平等です。

薬と違ってどんな成分が含まれているかを確認する必要がないため誰でも気軽に試すことができます!

怖いイメージは不要!美容鍼は痛くない

美容鍼で多くの人が気になるのが「痛み」です。皮膚の中に鍼を入れるなんて、ちょっと怖いイメージがありますよね。

実際に調べてみると、結構奥までグサッと鍼が刺さっている写真がいくつも出てきます。

「こんなに深く刺して痛くないの?」と不安に思うでしょうが、実際はほとんど痛みを感じることはありません。

美容鍼に使われている鍼は髪の毛ほどの細さで、美容鍼の施術を行う方もプロしかいませんので全然痛みを感じることはありません。

刺激に敏感な人はちょっと違和感を感じることがありますが、叫んでしまうほど痛い思いをすることはないのでご安心ください!

小顔効果や美肌効果も有り?美容鍼で得られる5つの効果

肌の奥に直接働きかける美容鍼には、ならではメソッドによって得られる効果があります。

美容鍼の施術後に得られる効果は次の通りです。

表情筋を刺激してシワ・たるみの改善

お肌のシワやたるみは、一般に「表情筋」と呼ばれている顔の筋肉が緩んでいるもしくは筋力が低下していることが原因です。

表情筋が衰えることで肌を支える力も弱くなり、シワやたるみになるのです。

特に加齢によって表情筋は衰えてどんどん硬くなってしまうため、歳を重ねてからシワやたるみを改善するには筋肉を活性化する必要があります。

美容鍼の施術は、鍼で表情筋を刺激して凝り固まった筋肉をほぐし、筋肉の働きを活性化させます。

それによって顔のたるみをリフトアップし、顔の皮膚が引き上げられてシワの改善に繋がっていきます。

ほうれい線の解消にも効果抜群だという声が多く上がっています!

肌のターンオーバーを正常化させる

肌の調子を整えるのに避けては通れないのが「ターンオーバー」という言葉です。

ターンオーバーは肌の生まれ変わる新陳代謝のことで、このターンオーバーが乱れることによって肌が荒れたり、ニキビが出来たりする原因になります。

美容鍼は、肌の内側でターンオーバーを行っている層に直接届いて刺激を与え、働きを活性化させます。

そのため、肌のターンオーバーが促されて正常になり、

  • ニキビ
  • 肌荒れ

などの肌トラブルを防ぐことができます。

肌にハリ・潤いを取り戻す

皮膚に刺した鍼は、肌の真皮層にまで届きます。

真皮層は、肌のハリや潤いを保つ働きを持つヒアルロン酸やコラーゲン・エラスチンの含まれている層です。

真皮層に存在する線維芽細胞は、コラーゲン・エスラチンを生成する重要な細胞です。この線維芽細胞は紫外線などによって知らない間に弱まっていることがあります。

鍼でこの真皮層をちょっとだけ傷つけることで、身体の本来持っている自然治癒力を刺激します。

そうすることにより線維芽細胞の働きが活発になり、

  • コラーゲン
  • エスラチン

の生成が促されて肌にハリ・潤いが生まれます。

顔のむくみが取れて小顔になる

「美容鍼に小顔効果がある」という話がよくありますが、実際は美容鍼で小顔になるのではなく、顔が大きく見える原因が美容鍼によって取り除かれているというのが現実です。

フェイスラインが小顔から離れているのには、

  • 顔がむくんでいて通常よりも大きく見えている
  • 顔がたるんでフェイスラインが引き締まっていない

といった理由があります。

美容鍼には顔のたるみを解消する効果があることは既述しましたが、実はむくみの解消効果も存在するのです!

美容鍼は鍼で顔にあるツボを刺激することによって血行を良くし、老廃物が流れていきやすい環境をつくり出します。

特に耳の下やフェイスラインには老廃物が溜まりやすく、マッサージをしてもまだむくみが取れないことだってあります。

そんなとき、鍼で直接ツボを刺激してあげることであっさりと血の巡りが良くなるのです。

美容鍼はむくみを解消し、更に表情筋をほぐす効果もあります。そのため施術後には顔が一回り小さくなっているのです。

「ダイエット鍼」によるダイエット効果

美容鍼にはダイエット効果があるとも言われていて、美容鍼とは別に「ダイエット鍼」と呼ばれている施術も存在しています。

鍼灸はもともと身体を健康な状態にするためのものです。だからこそ、健康を目的とした肥満改善・ダイエットは鍼灸の得意分野と言っても過言ではありません!

ダイエットを目的とした鍼灸は、顔の他にも肩やお腹、耳などに鍼を刺して行います。

このダイエット鍼では

  • 血流を良くし、新陳代謝を促す
  • 胃腸の環境を整えるツボを刺激して便秘を予防・改善する
  • 摂食中枢に働きかけるツボを刺激して食欲を抑える

といった効果を得ることができます。

また、鍼灸を行う環境は出来るだけ施術を受ける人がリラックスできるように工夫されていて、鍼灸自体にもリラックス効果があります。

それによってダイエットによるストレスを軽減させたり、自律神経を整えて無理のないダイエット効果を引き出すことができます。

施術の前に知っておきたい美容鍼の思わぬデメリット

副作用もなく効果も即効性で一見良いこと尽くしな美容鍼ですが、もちろんデメリットだって存在します。

もしも美容鍼に興味があるのならば尚のこと、次のことについて知っておいてください。

美容鍼は保険が利かないので割高になる

美容鍼は基本的に自由診療に分類されます。一部では健康保険が適用される医院もあるようですが、ほとんどの場合は保険が適用されません。

そのため、コストも割高になってしまいます。

施術を受ける施設によって金額はバラバラですが、平均して60分で5000円~7000円ほどのコストがかかります。

また、

  • 「安いから良くない」
  • 「高いから良い」

といった基準で鍼灸院を選ぶのはおすすめしません。何故なら鍼灸の効果にはそれぞれ個人差があり、その人に合う鍼灸院と合わない鍼灸院が存在するからです。

鍼灸は保険が利かないためコストがかかってしまうのが悩みですが、だからと言って価格で鍼灸院を選ぶのはやめましょう。

効果を得たいのなら、あくまでも自分に合った鍼灸院を選ぶのが重要です。

人によっては内出血を起こす

痛くないとは言っても、やはり鍼灸は鍼を身体に刺し入れるものです。そのため、人によっては内出血を起こしてしまう可能性もあります。

美容鍼を身体に刺すとき、大体は血管の方が鍼を避けてくれるため出血は起こりません。

しかし血の巡りが悪くなっていると血管がうまく鍼を避けることが出来ず、血管が傷ついて内出血になってしまいます。

美容鍼の施術で内出血が出来てしまった人は、内出血の部分を最初に冷やし、その後で温めてあげましょう。

そうすることで血行が良くなり、自然治癒力を促進することができます。

早ければ2~3日ほどで内出血は治ります。遅くても2週間あれば自然に消えて治ります。

施術の回数を重ねないと持続しない

施術の後すぐに目に見えて効果が現れる美容鍼ですが、その持続性はあまりありません。

1回だけの施術では、効果はすぐに消えてしまいます。およそ3~4日ほど経った頃にはリフトアップされていた肌が再び落ちてくるのがわかります。

美容鍼は回数を重ねれば重ねるほど効果が増し、持続期間が長くなります。

効果を持続させたい場合は、最初のうちは1週間に1度くらいの頻度で施術を繰り返していきましょう。回数を重ねていくうちに、1か月に1度の施術でも効果が持続するようになります。

また、小顔効果についてはむくみが生じやすい人ほどすぐに効果が薄れていきます。

美容鍼で得た様々な美容効果は日頃の生活にも左右されますから、むくみが生じやすい・太りやすい生活をしないことも効果を持続させる重要なポイントです。

諦めるのはまだ早い!美容鍼で肌の内側から若返ろう

美容鍼は鍼で直接気になる部分を刺激してくれるので、得られる効果も確実です。

文字通り「かゆいところに手が届く」施術ですから、施術後は綺麗になるだけではなく身体がスッキリとした感覚を味わうことができます。

お肌に悩みがあって「もう自分じゃどうしようもない」「年齢には逆らえない」と諦めかけている人は、是非1度鍼灸院のドアを叩いてみませんか?

「もう無理だ」と思っていた悩みが、美容鍼なら解決してくれるかもしれませんよ!

この記事をシェアする

関連記事