• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

植物の力で美容と健康UP!自分でも作れる身体に良いお茶3選

Date:2015.04.28

shutterstock_247839244 - コピー

何か最近だるい、肌荒れが気になる…そんな時は少しお疲れなのかもしれません。そうした症状が出たら、日々ストレスを溜めていないかを見直し、更に食生活の乱れを正し、睡眠をたっぷりとるといったことが大切になります。

でも、実際規則正しいストレスなしの生活は、言うほど簡単なものではありません。少しでも体調を整えたい、気分を変えたい…そう思われるのであれば、お茶を飲んでみるのはいかがでしょうか?

お茶と言えば緑茶が真っ先に頭に浮かぶ方が多いと思いますが、緑茶は普段口にしている人も多く、口にする機会も多いことでしょう。そこで、気分を変えるのであれば、ちょっと変わったお茶はいかがでしょうか?

ここでご紹介するお茶は、市販で手に入るのはもちろん、「保存料などの添加物が心配」という方は自分で手作りをすることもできるものです。そして美容にも健康にも良いのです!

市販のものに比べるとちょっとクセがあったりもしますが、自分で作ると感動もひとしおです。是非一度試してみませんか?

若返り効果あり!ゴボウ茶

きんぴらにしたり、サラダにしたり、煮物に入れてみたりと、日本人にとってなじみの深いゴボウ。ちょっと土臭さがあったりすることから、好き嫌いは分かれるかもしれません。

でもゴボウの臭いが気にならず、美容や健康を手に入れたいのであれば、ゴボウ茶は是非試して頂きたいお茶の一つです。

日本で食されているゴボウは、昔から中国で漢方薬として取り入れられてきており、その効能は非常に注目すべきものなのです!

ゴボウ茶とは?

ゴボウ茶は、私たちになじみのあるゴボウをカットして、天日干しし、炒って作るお茶のことです。市販のものでは、粉末や茶葉タイプ、ティーバッグなどが主ですが、ペットボトルでもあります。

味はそのまま「ゴボウ」で、ゴボウの香りがそのまま口に広がります。ノンカフェインのお茶なので、カフェインを制限している方にもお勧めです。

ゴボウ茶の美容効果

○アンチエイジング

ゴボウ茶の美容効果として一番最初に挙げられるのが、アンチエイジング効果です。ゴボウ茶にはサポニンという成分が皮に含まれている他、タンニン、クロロゲン酸という成分も含まれています。

  • サポニン
  • タンニン
  • クロロゲン酸

上記はポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を有しているのです。そのため、身体のサビとなる活性酸素を取り除いてくれる効果が期待できます。

ゴボウ茶を続けて飲むことで、身体の老化を極力防ぐことができ、体内から身体を若々しく保ってくれるのです。

○ダイエット効果

更に女性にとって嬉しいゴボウ茶の効果として挙げられるのが、ダイエット効果です。

ゴボウ茶に含まれるサポニンは、体内の脂質の酸化を防いでくれたり、コレステロールを分解排出させ、コレステロール値を下げてくれる効果があります。

この効果により、血管に脂肪がこびりついてしまうのを防ぎ、血液をさらさらにし、体温を上昇してくれる他、毒素を排出してくれる効果があるため、ダイエットに最適なのです。

また、イヌリンと呼ばれる食物繊維として分類されるオリゴ糖の一種がゴボウ茶には含まれており、これが水分を吸収して排出してくれるため、解毒作用がある他、むくみなど水太りが気になる方にも効果的です。

○美肌効果

前述のとおり、ゴボウ茶に含まれるポリフェノール

  • サポニン
  • タンニン
  • クロロゲン酸

この3つはその優れた抗酸化作用によって美肌にも効果を発揮してくれます。

また、イヌリンの持つ利尿作用、解毒作用により、老廃物が体外に排出されるため、肌のくすみや肌荒れなどの解消にもつながります。

ゴボウ茶の健康効果

○動脈硬化の予防

ゴボウ茶に含まれるサポニンには、コレステロールの吸収を阻害して、除去してくれる働きがあります。

悪玉コレステロールが増えすぎてしまうと、血管にこびりついてしまうため、これが血流を邪魔してしまうことになります。サポニンはそれを防いでくれ、更に脂質の酸化を防ぎ、血栓ができるのを防いでくれるため、動脈硬化の予防となります。

○糖尿病の防止

ゴボウに含まれるイヌリンは水溶性の食物繊維です。そのため、お茶にしてもお茶に溶け込むことで成分が残るわけなのですが、これが血糖値を安定させて、糖尿病を防ぐ役割があるのです。

イヌリンは胃に入り、ゲル状に変化します。これが食物を胃の中から小腸に移動する時の速度を遅め、血糖値を急激に上げてしまうことを避けてくれるのです。

その結果、糖尿病の原因となるインスリン不足を解消することに繋がります。

○冷えの解消

ゴボウ茶に含まれるサポニンは、血液をさらさらにして、血流を改善する効果があります。そのため、ゴボウ茶は冷え性の人、そして冷えが大敵である女性の強い味方なのです。

○咳など風邪の症状

風邪気味であったりして咳や痰に困っている方は、ゴボウ茶がお勧めです。ゴボウ茶のサポニンには咳や痰を抑える効果があり、更に血流を改善してくれる効果があるため、身体を温めて風邪の諸症状を緩和してくれる働きが期待できます。

中国などではこの働きが注目され、ゴボウが漢方薬として利用されています。

ゴボウ茶の作り方

ゴボウ茶は市販でも手に入ります。ただ、信用できるものを購入しないと、実際どんな加工がされているかわからないのが現状です。そこで、是非手作りをしてみましょう。

① ゴボウを用意します。ゴボウは必ず国産の新鮮なものを!できれば無農薬の泥が付いたものを用意しましょう。

② 水道水で良くゴボウを洗います。たわしを使うのがお勧めですが、皮の栄養も摂取したいため、皮がむけてしまうほどにこすり過ぎないよう注意しましょう。あくまでも、泥を丁寧に落とすということが目的です。

③ 皮ごとゴボウをカットします。ピーラーを使うと簡単です。薄くチップ状にするようにしましょう。あく抜きはしないので水につけないように!

④ 天日干しをします。ベランダなど、日当たりのよいところを選んで干しましょう。虫や鳥などを防ぐ為にもネットを掛けるのがお勧めです。半日程度を目安に干しましょう。

面倒な方は電子レンジも可能です。500wでラップなし、2分ほどで様子をみながら2-3回繰り返し、水気がなくなる程度まで乾かします。

⑤ フライパンで炒ります。テフロン加工のフライパンを使い、10分から15分ほど弱火で丁寧に炒りましょう。水分が完全に飛んでパリパリになればOKです。

⑥ 急須にティースプーン1杯弱程度入れてお湯を注ぎ、好みの濃さに調節して飲みます。煮出して飲むのもお勧めです。

ゴボウ茶の副作用

ゴボウ茶は正に女性の味方で、魅力が一杯です。その一方で、副作用も心配されます。それほどひどい副作用は報告されていませんが、十分に気を付けた上で摂取する必要があります。

○アレルギー

実はゴボウはキク科に属しており、アレルギーが出やすい食品の一つなのです。ゴボウを普段摂らない人は、様子を見ながら摂ってみる方が良いでしょう。

○胃腸を傷める

更に胃腸が弱い人は、下痢などを引き起こしてしまうこともあるようです。これはゴボウ茶の皮に含まれるサポニンの作用です。サポニンはいわゆる「灰汁(あく)」なので、これがマイナスに働くと、このような症状が出てしまいます。

どのような食品にも共通することですが、摂りすぎは逆効果です。

  • 適量に抑えること
  • 少量から始めて自分にあった量を見極めること

この2点が大切です。

女性の不調の味方!タンポポ茶

春に野原に一面黄色いじゅうたんを作ってくれるタンポポ。幼いころ、冠や首飾りなどを作って遊んだ方も多いのではないでしょうか。

そんなタンポポですが、実は可愛いだけではないのです。お茶として飲めば、特に女性に非常に良い効果をもたらしてくれる効果が期待できるのです!

タンポポ茶とは?

タンポポ茶とはタンポポの根と葉、または根のみを使って作られたノンカフェインのお茶です。市販でもあり、ティーバッグや粉末状で売られていたりします。タンポポのみでなく、飲みやすく他のものとブレンドされているものも多くあります。

よく市販では「タンポポコーヒー」という名前で販売されていることがあります。香りや味、色、そして苦味が何となくコーヒーに似ているためです。コーヒー豆を使っているわけではなく、通常、タンポポの根のみを使用しています。

なお、名称に関しては、タンポポの根のみを使っているものをコーヒーと呼ぶ、葉や茎を使っているもの、またはローストしていないものを茶と呼ぶという区切りを付ける場合もあるようです。

しかしながら、明確な線引きがされておらず、全く同じものとされていることが殆どです。ここでは、「タンポポ茶=タンポポの根を使ったお茶=タンポポコーヒー」としてご紹介していきます。

タンポポ茶の美容効果

○ニキビ改善、美肌効果

ニキビの原因の一つとして、ホルモンバランス、特に女性ホルモン分泌の異常が挙げられます。タンポポ茶には女性ホルモンの分泌を整える働きがあるのです。そのため、ニキビを改善してくれることに繋がります。

また、女性ホルモンの働きにより、しっとりとしたハリのある肌に導いてくれる効果が期待できるのです。

更にタンポポ茶にはデトックス効果があるため、身体の毒素や老廃物を外に出してくれる働きもあり、更に血流を高めてくれる作用もあります。この作用もニキビを改善し、そして肌のくすみの改善にも役立つのです。

リラックス効果もあるため、ストレスによる肌荒れの緩和も期待できます。

○むくみ解消、デトックス効果

毎朝むくんでしまってメイクがのらない…そんな悩みを抱えている女性には是非タンポポ茶をお勧めします。

タンポポの根にはイソクエルシトリンと呼ばれる水分代謝を活発にする成分を含んでいます。つまり、利尿作用があるのです。そのため、余分な水分を外に出してくれる他、老廃物や毒素も身体から出してくれます。

この作用により、タンポポ茶は身体がむくみやすい人、水太りをしやすい人には最適の飲み物と言えるのです。ノンカフェインのため身体にも優しく、生理中のむくみやストレス対策にも適しています。

○育毛作用

薄毛の多くの原因が、頭皮の血行不良にあります。タンポポの根は地中に深く根を張っており、根菜類のように、身体を温めてくれる効果があるため、血行不良に役立つのです。

また、タンポポの根のエキスが毛包を強くするタンパク質を作り出すのを促進してくれる作用があるということもわかっています。

更に抜け毛の原因である男性ホルモンの過剰分泌を抑え、女性ホルモンの分泌を活発にしてくれることからも、薄毛対策に役に立つとも言えるでしょう。

タンポポ茶の健康効果

○不妊改善

タンポポ茶の効能として有名なものの一つとして挙げられるのが不妊の改善です。

不妊の原因として挙げられるのが

  • 女性ホルモンの不足
  • ホルモンバランスの乱れ

タンポポ茶にはホルモンのバランスを改善してくれる他、エストロゲン量を増やしてくれるという効果もあります。

また、不妊には身体の冷えも関係してきますが、タンポポ茶には血流を促進してくれる働きがあるため、不妊治療に効果的と言えるのです。

○生理不順改善

不妊にタンポポ茶が良いというご紹介をしましたが、同じように、ホルモンバランスを整えるという効果より、生理不順の方にもタンポポ茶が効果を発揮してくれます。

○母乳促進

タンポポ茶にコーヒーのような苦味があるのは、下記の苦味成分があるからです。

  • タラキサステロール
  • タラキサンチン

実はこれが母乳の分泌を促進してくれる働きがあり、母乳不足や母乳の質に悩む方に効果を発揮してくれます。

また、タンポポ茶には血行促進効果があるため、血液である母乳がスムーズに出ることを促してくれるのです。

ノンカフェインの為、カフェインを制限しなくてはならない授乳中であっても飲めるのが嬉しいところです。

○貧血予防

タンポポ茶には貧血の強い味方、鉄分が含まれています。血流を促し、体内に酸素を行き届かせてくれるため、立ちくらみをしやすい、貧血気味、生理中のふらつきに効果が期待できます。

○尿路感染症(膀胱炎)改善

尿路感染症や膀胱炎改善というと、クランベリージュースといったイメージが強いかと思います。でも、市販のクランベリージュースはどうしても砂糖が入っていたりと、身体やダイエットのことを思うとあまり飲めないものです。

その代わりとなるのがタンポポ茶なのです。タンポポ茶には利尿、解毒作用があるため、尿路感染症や膀胱炎を改善してくれる効果があります。

○アトピーなどの改善

タンポポ茶はその解毒作用などから、アトピーなどのアレルギーの治療に使われることがあります。

タンポポ茶の作り方

タンポポ茶は、市販ですとティーバッグや粉末などで売られているのが多いようです。また、他のハーブ類などと組み合わせて効能を高めたり、飲みやすくしているものも多いです。

でも自分で作ることもできます。使うタンポポは自分で種をまいて育てたものでも良いですし、野山に自生しているものでも大丈夫です。

ただ、自生しているものは、出来る限り人通りが少ないところにした方が衛生面からも安心です。もちろんですが、私有地に立ち入らないように注意しましょう。

① タンポポを根ごと採取します。かなり根深いので、丈夫で大きめの移植ごてを用意することをお勧めします。花、茎、葉も使えますが、ここでは根のみにします。

② タンポポの根をたわしで良く洗います。ちなみにタンポポは再生力が強いため、根を少しだけ残した状態で植えるとまた育つので、植えなおすことをお勧めします。

③ 根を輪切りにカットします。5㎜から1㎝を目安にどうぞ。後々の処理のためには少し細かめの方が便利です。

④ 数日間天日干しをします。目安としては3日程度です。ネットを利用すると安心です。なお、お急ぎの場合は電子レンジの使用も可能です。少しずつ様子を見ながらどうぞ。

⑤ テフロン加工のフライパンで油を入れずに炒ります。弱火で、丁寧に炒りましょう。気持ち焦げ、水気が完全に抜ければOKです。

⑥ フードプロセッサーで炒った根を細かくします。コーヒーミル、すりこぎを使ってもOKです。荒く挽いたコーヒー豆位の粉状になるまでどうぞ。

⑦ ティーバッグに適量入れ、やかんで煮出します。量は好みですが、約大さじ1杯に対し水2L程度を目安にしてください。また、コーヒーのようにドリップをしても構いません。

タンポポ茶の副作用

女性ならではの悩みを改善してくれる、強い味方であるタンポポ茶。そんなタンポポ茶には副作用があるのでしょうか?

実は、タンポポ茶には副作用がないと言われています。しかしながら、可能性として挙げられることもあるのが事実です。

○トイレが近くなる

大した副作用とは言えませんが、タンポポ茶には利尿作用があるため、トイレが近くなります。ただ、これはデトックス効果、むくみ解消に繋がることですので、家を出る前には飲まない、という程度になります。

○アレルギー

タンポポ茶にはアトピーなどのアレルギー治療にも用いられるとご紹介しましたが、実は、まれなようですが、タンポポ自体にアレルギーが出ることもあります。

タンポポアレルギーと呼ばれるアレルギーもあります。また、タンポポはキク科に属しますので、特に菊にアレルギーがある方は注意した方がよさそうです。

タンポポ茶は基本副作用がないということで、がぶ飲みされる方が多いようですが、このようなアレルギーを踏まえると、少量から始める考慮も必要でしょう。

デトックス効果抜群!ドクダミ茶

ドクダミは昔から薬効があるということで、古くから重宝されてきた植物です。庭の片隅に生えていたり、野山に生えていたりと、目にしたことがある方も多いはずです。

香りが独特で、湿った暗いところに生えているため、あまり明るいイメージは正直ありませんが、その健康、美容効果はお墨付きです。ドクダミはお茶として楽しまれるほか、化粧水などにも使われています。

ドクダミ茶の美容効果

○デトックス効果

ドクダミには強いデトックス効果が認められており、強い利尿作用もあります。この作用により、身体の毒素や老廃物を効果的に体外に排出してくれるのです。

○美肌効果、ニキビ予防

ドクダミ茶に含まれるフラボノイド成分

  • クエルシトリン
  • クエルセチン

上記が炎症を抑えてくれるほか、デトックス効果を発揮してくれるため、ニキビの改善や予防にも役立ちます。

また、毛細血管を強くしてくれる働きもあるため、肌のコンディションも良くなり、美肌効果も期待できるのです。

○アンチエイジング

ドクダミにはフラボノイドが含まれます。これはドクダミの色素となっているものなのですが、抗酸化作用があるため、身体の老化を防ぐ効果があります。

特に血管の老化を防ぐ効果があるため、血行を良くし、肌も生き生きとさせてくれる働きが期待できるのです。

更にドクダミには糖化と呼ばれる、体内で余分な糖がタンパク質と結合し、細胞が劣化してしまう現象を妨げる、いわゆる抗糖化作用を持っています。そのため、アンチエイジングへと結び付くのです。

ドクダミ茶の健康効果

○冷え性改善

ドクダミ茶にはフラボノイドの働きにより、毛細血管を強くしてくれる効果があるほか、血管を拡張してくれる効果があります。そのため、血液が流れやすくなり、冷え性が解消されるのです。

○便秘解消

ドクダミ茶に含まれるフラボノイドの働きにより、老廃物を体外に排出してくれる働きが高まり、便秘も解消してくれます。

○アトピー、花粉症の緩和

ドクダミ茶に含まれるクエルシトリンやクエルセチンの炎症効果により、アトピーや花粉症といったアレルギーを緩和したり、予防してくれる効果が期待できます。

○血圧を下げる
ドクダミにはカリウムが非常に多く含まれています。カリウムにはナトリウムを体外に排出する働きがあるため、高血圧を防ぐ働きがあります。

ドクダミ茶の作り方

ドクダミ茶は茶葉やティーバッグなどで売られており、飲みやすさや更なる効能を加えるために他のお茶などとブレンドされていることもあります。

でもせっかくなら、手作りを試してみませんか?収穫のタイミングがありますが、機会があったら是非どうぞ!

① ドクダミを収穫します。花が咲く5月下旬から7月位までが一番良く、この時期はクエルシトリンが多く含まれているので非常にお勧めです。地上から上の部分を刈り取りましょう。花も一緒にどうぞ。

② 数本ごとにして根元を紐で束ねます。

③ 天日干しします。洗濯もの干しなどを利用すると便利です。葉っぱが下、束ねてある場所を上にして干して下さい。晴れた日を選べば、3、4日ほどでからからに乾燥します。湿気が多いとかびる可能性もあるので、注意しましょう。

④ はさみで適当な大きさに切ります。好みで良いのですが、1-3センチくらいが扱いやすいです。

⑤ この時点で万一乾燥が足りないようであれば、電子レンジで乾燥させるか、フライパンで弱火で乾燥させても構いません。天日で出来る限り完全に乾燥させるようにしましょう。

⑥ 土瓶や耐熱ガラス、陶器の鍋などを使い、弱火で30分ほどを目安にお茶を煮出します。鉄分は成分に影響を及ぼすので、使用を避けましょう。好みですが、5-10g程度を500-600mlの水が目安です。

急須に適量入れてお湯を注ぐ方法でも構いません。

⑦ 茶葉の保存は乾燥剤を入れてタッパーに入れると良いでしょう。

ドクダミ茶の副作用

ドクダミ茶は比較的副作用が少ないお茶です。しかしながら、過剰に摂取すると副作用も出てきますので注意が必要です。

○下痢を引き起こす

ドクダミ茶には便秘を解消する効果がある一方、その反動で飲み過ぎると下痢を引き起こす可能性もあります。

適量飲む分には問題ありませんが、特にお腹が弱い方は十分に量に注意しましょう。

○高カリウム症を引き起こす可能性がある

通常は心配はありませんが、腎臓の機能が低下している人や高年齢の方は、注意が必要です。

ドクダミに含まれるカリウムは、腎機能に異常がある人にとってはマイナスになるのです。これはカリウムが腎臓で処理されず、尿として排出されないため、高カリウム症を引き起こしてしまうためです。

適量を続けていくことが大切

shutterstock_114445123種類のお茶をご紹介してきましたが、どれも女性にとって嬉しい効果があるということがお分かりいただけたと思います。すぐにでも習慣にしたいものばかりですよね。

これらは比較的副作用が少ないため、美容や健康の効果を考えると、思わず沢山飲んでしまいたくなります。

でも、これらのお茶は一度がぶ飲みしたら利尿作用や下痢のような副作用こそ出ても、他の効果に関してはすぐに実感できるということはほぼありません。薬効効果はあれど、薬とは違うのです。

効果を実感したいのであれば、適量を毎日続けて摂ることが大切です。体調や体質にもよりますが、一日3杯程度を毎日続けるのが体質改善にも繋がりやすいでしょう。

是非自分の身体と相談しながら、自分の適量を見つけ、くれぐれも無理はしないようにして続けてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事