• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ウエストに効果抜群!自宅で簡単美容矯正をやってみよう!

Date:2014.07.06

くびれたウエストは女性の象徴!ボン・キュッ・ボン!のカーヴィーな体は女性の永遠の憧れですよね。ルパン3世の峰不二子やキューティーハニー・・・セクシーでいい女の代名詞ともいえるでしょうか。

さて、そんな女性の永遠のビューティーテーマ、ウエスト「キュッ」を目指して!自宅で簡単にできる美容矯正の方法をお教えします。

やってみる価値あり!タオル1枚で簡単美容矯正。

用意するものはひとつだけ。タオル!本当にこれだけです。バスタオルでもフェイスタオルでも可。ウエストをぐるっと1周半くらいできればOKです。

① まずは脚を肩幅程度に開いてまっすぐに立ちます。

② タオルは背中を通して持ち、上体を少し前に倒して下さい。(このとき、背筋はまっすぐのまま!)

③ 肋骨の一番下のところにタオルを軽く巻きましょう。

④ この状態で、息を吸って→吐くときに呼吸に合わせてウエストをしめていきます。

⑤ ④の状態で、その位置からゆるめずに2~3回繰り返します。

⑥ そして、徐々に上にあげていき胸の下までやってみましょう。

たったこれだけなのですが、注意点がいくつかあります。骨を動かす時に一番大切なのは呼吸に合わせて力を入れることです。息を吐くときに骨が動くので、そのタイミングに合わせることがポイントとなります。

そして、タオルで絞めるときには、骨の動きをサポートするイメージですので、力任せにするのはやめましょう。肋骨は他の部分の骨と比べて少し弱いので、気をつけてあげて下さいね。

美容矯正の効果を高める!トレーニングのコツとは?

いくら肋骨を締めても、内臓が下にさがってきていると効果は半減。内臓が邪魔をして、骨を締めにくく、そして締めても元に戻りやすくしてしまうからです。

内臓が下がっているということは、それを支える筋力が足りていないということですので、腹筋・背筋などの筋力トレーニングも併せて行うとより効果的です。

ウエストというと、腹筋だけを鍛えればいいというイメージがあるかもしれませんが、それよりも大切なのはむしろ背筋。トレーニングの目安としては、腹筋を10回するのであれば、背筋は30回くらいのバランスでするのがオススメです。

ちなみにセルフ矯正&トレーニングをする前に、美容矯正専門のサロンや整骨院などで一度しっかり矯正を受けてからだと効果が出やすく、持続もしやすくなりますよ。

女性特有のカーヴィーな体のラインは本当に魅力的。ウエストのくびれがあるだけで、メリハリがつくのでセクシーに、そして似合う服の幅も広がりますよね♪かわいいもセクシーも両方魅せられる女性は、ギャップも含めとっても素敵。

水着を着たり、薄着になるこの季節。思い切り夏ファッションを楽しむためにも、ぜひトライしてみて下さいね!

この記事をシェアする

関連記事