• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「私の彼氏は美容師」ただのお客から抜け出して彼女になる方法とは?

Date:2014.11.12

皆さんには、お気に入りの美容師が居ますか?髪を洗ってもらう、髪を切ってもらう、ブローしてもらうなどボディタッチが多いことから、単なるお気に入りの美容師から好きな美容師へと恋心を抱く女性は少なくないようです。

今回は、美容師とただのお客さんという関係から抜け出した女性たちに話を聞いてみました。彼女たちはどんなアプローチや告白で美容師を彼氏にしたのでしょうか。

アシスタントを味方につけてアプローチした女性

馴染みの美容師が産休に入ったため、別の美容室へ行った女性は、担当してくれた美容師に一目惚れしたと言います。

「私より年下の美容師さんだったのですけど、とてもしっかりしていて彼専属のアシスタントの子たちからの評判も良いみたいでした。

2~3カ月に1回程度行きました。行く度に美容師さんについてアシスタントの子から聞き出して、独身で彼女も居らず、前回の彼女は通っていたお客さんということも知りました。私にもチャンスがあるかもしれないと思ったのでアプローチを開始しました。

まずは、アシスタントの子たちを味方につけようと思い、行く度にお菓子の差し入れや誕生日プレゼントをあげていました。

中でもアシスタントで一番私と気が合う女の子が居たので、連絡先を交換して色んな話をして親睦を深めていたら『担当している美容師のことどう思います?』って聞かれたのです。

どういう意図で聞かれたのかわからなかったので、『どうしてそんなこと聞くの?』と聞いたら、『○○さん(担当美容師)張り切るんですよ。予約が入っている日はおしゃれな服着ているし、テンションも高い。だから、両想いだったらいいのになって思ったので』と言われてびっくりしました。

私も同じ気持ちであることを告げるとすぐに美容師さんの連絡先を教えてくれて、連絡したことがきっかけとなり恋人同士になれました。」

月に数回カットやトリートメントに通いアプローチした女性

担当してくれる美容師に恋をした女性は、沢山顔を見せてアプローチしたと言います。

「私が好きになった美容師さんは、寡黙なタイプでした。美容師さんのことを知りたくて色々質問するという一方的な会話ばかりでしたが、彼に会いたい一心でカットやトリートメントなど月に何度も通いました

順調にアプローチできていると思っていたのですが、いつも通りに美容室へ行ったら私の好きな美容師さんが居なくなっていたのです。別のお店に移ったと聞いて、ちょっと遠かったのですがそのお店まで追っかけました。

ちょっとストーカー的な感じもしましたが、どうしても会いたかったし、他の人に髪を触って欲しくなかったので行ってみるととても驚かれましたが、それ以上に喜んでいる様子でした。

通うとなると遠いのでここで気持ちをはっきりさせようと思って、会計後にお見送りしてもらう時に好きだったことともう来ないことを告げました。そしたら、『これからはお客さんじゃなく友達として仲良くしましょう』と連絡先を教えてくれました。

その後、連絡を取り合って何度かデートして彼女になれました。」

聞き上手になってさりげなくアプローチした女性

細身で長身の美容師に恋をした女性は、お客さんの一人から抜け出すために聞き上手な人になったと言います。

「美容室って、お客さん中心だから美容師さんは話を一方的に聞くだけになると思ったので、私は自分の話はあまりせずに聞き役になることにしたのです。私が好きになった美容師さんに質問を沢山して、とにかく話してもらうことを心がけました。

そしたら、最初は答えるくらいだったのにしばらくすると『ちょっと聞いてもらってもいいですか?』と悩みを打ち明けてくれるようになったのです。

きっと私に心を開いてくれているのだと思ったので、彼にアドバイスをきちんとできるようにと思って心理学の本とかも沢山読みました。そしたら『○○さんには何でも話せる。アドバイスも的確だから助かるので連絡先交換しませんか?』って彼から言われたのです。

お客さんとの連絡先の交換は初めてだと言われたので、これはもしかしたら彼女になれるかなと思ってしつこくない程度に彼とメール交換を重ねた結果、見事彼女になることができたのです。

普段は話すことが好きな私ですが、大好きな彼をゲットするために自分を変えて頑張りました。」

行けなくなった場合も考えて…

ご紹介した女性たちは、美容師と付き合うことができたのでその後も美容院へ行くことができていますが、振られた場合や付き合えても別れた場合は自分のお気に入りの美容院へ行きにくくなるというデメリットがあります。

行きにくくなった時や馴染みの美容師が辞めた時を考えて、美容室は一つに絞らずに幾つかキープしておくことをお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事