• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美容にいい食べ物、と思っていたものにもデメリットが!その食材と理由

Date:2013.12.22

野菜や果物、豆類、根菜類、美容にいいと言われる食べ物はたくさんあります。

現にそういった食べ物には栄養分も豊富で、血流をよくしたり、新陳代謝を促す成分が含まれていて、体内からキレイにしてくれて、肌荒れを改善してくれたり、むくみを解消してくれる働きがあります。

しかし、そう信じているものの中には、食べ方や食べる量によっては、美容に悪い影響を及ぼすものがあるのです。そういったデメリットを理解した上で、上手に栄養を摂っていきたいですね。

栄養豊富でダイエットにも最適な玄米

玄米は食物繊維やミネラルもたっぷり。噛めば噛むほど味が出て、満腹中枢も刺激されることで食べ過ぎを抑えることもできる玄米。五穀米や十六穀米などいろいろな玄米入りのお米も販売され、人気を呼んでいますね。

そんな玄米ですが、よく噛んで食べないと胃腸に負担がかかるのです。そのせいで便秘や下痢になってしまうことも。特に病気をしている人や胃腸の弱い人にとっては、向いていない食べ物かもしれません。

また、玄米にはフィチン酸という成分が含まれていて、この成分がカルシウムやリンなどのミネラルの吸収を妨げると言われています。そのため玄米だけを食べるのではなく、ミネラルの豊富な野菜や海藻などと一緒に食べる必要があるのです。

疲労回復に効果のある酢

酢には疲労回復や体内の脂肪を燃焼させる作用があり、ダイエットにおいてもよく使われるものですね。美肌効果も期待できると言われている酢は、毎日飲むといいと言われています。

しかし、酢はそのまま飲むと分かると思いますが、とても酸味が強く刺激のあるものです。胃腸が弱っている時に飲んだり、過剰に摂取すると胃の粘膜を荒らしてしまうというデメリットがあります。

最近では酢を飲みやすくするために、酢のドリンクがいろいろ出ていますが、糖分が多いものを過剰に飲みすぎると今度は糖分を摂り過ぎてダイエットになりません。

美肌に効果的なナッツ類

ビタミンEを含むナッツ類は抗酸化作用が高いと言われていますね。アーモンドにはミネラル類も多く、カルシウムも豊富です。小腹がすいた時なども、おやつ代わりとして最適な食べ物。ビ

タミンB1やB2を含むピーナッツは脂肪や糖分の燃焼を促してくれる働きもあり、ダイエットにもおススメとされる食材です。

しかし、ダイエットに効果的と言われているナッツ類は、高カロリーなのです。調子にのって食べすぎると太ってしまいます。また、ナッツ類は油で揚げたり、バター味になっているものが多く、それらの加工が太り原因になったり、肌荒れの原因になることがあります。

できるだけ生のものや塩が使われていないナッツを選ぶといいですね。

妊娠中の栄養補給に適しているプルーン

ビタミンやミネラルが豊富で、食物繊維も豊富。貧血予防にもなるプルーンは、栄養が不足しがちな妊婦さんにもおススメの食べ物です。プルーンに含まれる食物繊維は、水溶性と不溶性が含まれていて、悪玉コレステロールの減少にもつながると言われています。

女性にとって、特に妊婦さんにとって食べた方がいいと言われるプルーンですが、過剰に食べるとお腹を壊し、下痢の原因になることがあります。特に妊婦さんが妊娠初期に下痢をすると、流産の危険性が高くなってしまうのです。

また、ドライプルーンは糖分も多いので、ダイエットの妨げになるばかりか、糖尿病や虫歯の原因にもなります。

コレステロールを低下させるオリーブオイル

オレイン酸を多く含むオリーブオイルを使っていると、高血圧になりにくく、コレステロールが下がる、抗酸化作用も高くアンチエイジングにも適している、と言われています。

普通の油をオリーブオイルに替えている人もいるでしょうし、中には毎日飲んでいる、という人もいるようです。

しかし、勘違いしてはいけないのが、オリーブオイルは油ということに変わりはなく、カロリーの低い油、というわけではありません。オリーブオイルのカロリーは他の油と同等です。よって、摂り過ぎは肥満につながるので、注意が必要です。

利尿作用のある柿

秋の味覚代表の一つである柿にはさまざまな健康効果、美容効果があります。カリウムを多く含む柿はむくみを解消してくれます。ビタミンCも豊富で美肌効果もあり、豊富なポリフェノールで抗酸化作用も高い。ベータカロチンも豊富で、動脈硬化の予防にもおススメ。

さらに柿タンニンは二日酔いの予防にもなります。そんな栄養たっぷり、美容にも効果のある柿ですが、柿は体を冷やすという女性には残念なデメリットがあります。消化も悪く、腸の蠕動運動を低下させてしまうので、便秘になりやすいのです。

さらに柿に含まれるタンニンが鉄分と結びつくと貧血を起こしやすくなってしまいます。胃腸の弱い人、冷え症の人、病後の人は食べ過ぎないように注意しましょう。

この記事をシェアする

関連記事