• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

その話はホントかウソか!?美容に関する10の都市伝説を解明

Date:2015.07.12

shutterstock_268591766 - コピー

美容に関する情報などを集めていると「これって本当に効果があるの?」というものが時々出てきます。

その情報がネットなどで広がり実際に実践している人もいるようですが、いざ自分がやるとなるとちょっと怖いなんてことありませんか?

特に美容に関するものは間違っていると後々肌に支障が出てきそうで、根拠のないものは試したくても躊躇してしまいます。

実際にネットなどで書かれている美容に関する噂が本当に効果があるものなのかを調べてみました。

美容に関する噂はどこから生まれるの?

美容に関する噂の大半は「テレビや雑誌でモデルさんが言っていた」というものや「周りにいる綺麗な人がこれをやっていた」というものがいつの間にか部分的に書き換えられてしまい、それが広まったもののようです。

噂の中でも実際に効果があるものもありますが、かなり尾ひれがついて広まっているようなものもあります。元ネタがしっかりとしていないものはすぐに実践というのは少し考えた方がいいようです。

朝のケア・メイクに関する噂とその真偽

shutterstock_74685526 - コピー朝のスキンケアやメイクに関する噂はたくさんあります。その中でも「これが本当なら実践したい」と思う噂について調べて見ました。

朝は化粧下地を使うので乳液やクリームはいらない

答えは「×」です。化粧下地には化粧水・乳液・クリームといったスキンケアの代用品効果はありません。

朝のメイクで乳液やクリームを使わない人の多くは「メイク前に乳液などを使うと油分で化粧崩れを起こしそうだから」という理由のようですが、クリームも乳液もしっかりと肌に馴染ませれば化粧崩れは起こしません。

化粧崩れの原因は皮脂の過剰分泌で、その皮脂が出る理由は肌が乾燥状態にあるからなんです。化粧崩れが気になる人は反対に乳液やクリームを使って肌の保湿をしっかりとしてあげることで予防できます。

朝の洗顔は水洗いだけで大丈夫

答えは「×」です。夜顔を洗った後は寝るだけで皮脂しか出ていないから朝顔を洗う時は水だけで大丈夫という美容法があります。確かに日中のように屋外にあるようなホコリや汚れは肌に付着しませんが、家の中にもホコリはあります。

特に布団のホコリは寝ている間、顔に多く付着していますし皮脂も出ています。この皮脂とホコリを落とさないと毛穴の詰まりに繋がるので朝も洗顔フォームを使って顔を洗うのがベストです。

「朝から洗顔フォームで顔を洗うと乾燥が気になる」という場合は保湿力のあるものを使うなど対策を取りましょう。

ビューラーは温めて使うと効果がアップする

答えは「×」です。ビューラーを温めてカール力がアップするかはその温め方にもよりますが、オススメはできません。

今はほとんどいませんが、昔、ビューラーをライターで温めてそのビューラーでまつ毛をカールする女性がいました。

これはビューラーが温まることでカール力がアップするかららしいのですが、これ、とても危険です。ドライヤーで温めるなら大丈夫という人もいますが、金属部分が温まっているので、やはり危険です。

熱で温まったビューラーをまぶたに持っていくと火傷の恐れがあります。今は電熱線でカールをつけるビューラー自体売っているので、どうしても温めてカールをつけたい場合はそういうものを使うようにしましょう。

普通のビューラーを温めて使うと火傷の恐れ以外にも、まつ毛に不自然なカールがついてまつ毛を傷めてしまう可能性もあります。

夜のケアに関する噂とその真偽

夜のスキンケア、翌日のためにしっかりとケアをして翌朝また美しい肌でいたいといろいろとチャレンジしている人が多いと思いますが、効果があると思って実践している人が多いケアに思わぬ落とし穴がありました。

シートパックは長時間つけると効果がアップする

答えは「×」です。今はお手頃な値段で高機能のシートパックを購入できるので、夜のスキンケアに使っているという人も多いと思います。

美容液がたっぷりと含んだシート、ずっとつけていれば美容液がもっと肌に浸透しそうな気がしますよね。しかしシートパックを長時間つけておくと、肌の乾燥を促す行為になってしまいます。

シートマスクのパッケージの裏に使用時間が書かれていますが、これには意味があります。その時間は肌に最大限の美容液を浸透させるのにかかる時間で、それより長くなると肌が「もう美容液は吸い込みません」と反対に肌から出してしまうことがあります。

それではせっかく潤いを与えたのに意味がありません。シートパックを使う際は決まった時間を守るようにしましょう。

その後、シートに美容液が残っているようであれば乾燥しやすい肘やかかと、膝などに使うのもオススメです。

化粧水は強くパッティングした方が肌への浸透が良くなる

答えは「×」です。よく化粧水をつける時にパッティングをしながら付けると効果が上がると思って、ついついコットンでパタパタと叩きながら化粧水をつけてしまいますが、あまり意味がありません。

よくパッティングして化粧水をつけているのをメイクさんを見ますが、あれはほとんど力が入っておらず、軽く抑えているような状態です。

コットンを使ってパッティングをしながら化粧水をつけたい場合は本当に軽く抑える程度にしましょう。強くパッティングしすぎると肌のたるみやシワの原因になるので注意が必要です。

スペシャルケア・ヘアケアに関する噂とその真偽

shutterstock_279413273 - コピースペシャルケアやヘアケアは効果を得たいといろいろなものにチャレンジしている人が多いようです。そんな噂の中で知っておきたいものについて調べてみました。

抜け毛が増えるのでシャンプーは2日に1回で十分

答えは「△」です。下記のような噂をよく耳にします。

  • シャンプーをしすぎると抜け毛が増える
  • 頭を洗いすぎると必要な頭皮の皮脂が落ちてしまい頭皮環境が悪くなる

実際にモデルさんやタレントさんの中でも「頭皮のために、髪のために」と2日に1回のシャンプーを推進している人もいます。これを見ると「芸能人の人がしているなら本当に美容にいいのか」と実践してしまいます。

実際、頭を洗いすぎるのは良くないと言われています。それは1回のシャンプーで複数回洗うのが良くないというものであって、毎日シャンプーするのが頭皮の負担になるというものではありません。

「汗をかかない」「整髪料を使わない」という場合は湯洗いだけでも十分ですが、少しでも外出をしたり汗をかいた場合は洗わないと頭皮に雑菌が残るのでシャンプーを使った洗髪をするのがオススメです。

エイジングケアは40歳を過ぎてからで間に合う

答えは「×」です。エイジングケアというと年配の人や肌の衰えが気になる人がするもので、若い頃は関係ないと思っている人がいます。

しかしエイジングケアには「若返らせる」だけではなく「老化させない」という意味もあるので、若い頃から行っておけば年齢を重ねても老け顔になりにくいです。

肌の老化は年齢だけではなく紫外線の影響や体内の活性酸素によっても起こります。若いうちから紫外線予防、体内の酸化防止などをしておくのもエイジングケアの1つです。

UVケアは日差しの強くなる夏前からでも間に合う

答えは「×」です。日差しが強くなると日焼け止めを塗ってUVケアをしますが、紫外線が出ているのは日差しの強くなる時期だけではありません。

日焼けは夏前あたりから気になり始めますが、UVは年中出ているのUVケアは1年中する必要があります。

春から秋にかけては日焼け止めなどでUVケアができますが、冬は日焼け止めを塗らないのでどうしてもUVケアが疎かになってしまいます。こういう時はスキンケアにUVケア効果があるものを使うと簡単にケアができます。

トマトは生よりケチャップの方が美白効果・抗酸化作用が高い

答えは「×」です。トマトは美容にいいとよく言われます。トマトに含まれるリコピンに抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去してくれるということで、トマトを積極的に食べる女性も増えてきました。

しかしトマトを毎回買うとお金がかかるし、用意するのが大変です。そこで出てきた噂が「ケチャップの方がリコピンが多いので美白効果・抗酸化作用が高い」というものです。

ケチャップは1本(500g)でトマト14~15個になるそうです。これだけを見ると「毎日トマトケチャップを食べれば多くのリコピンが摂取できる」と思ってしまいます。

しかしトマトケチャップには砂糖や塩といった調味料やスパイスがたくさん入っています。その他、市販品の場合は添加物も入っているのでリコピンが摂れると同時に余分なものも摂ることになります。

リコピン摂取のためにケチャップの大量摂取は良くありません。加工品で摂りたいという場合は無添加・調味料なしのトマトピューレやトマトジュースがオススメです。

噂は真相を調べてから実践しよう

shutterstock_255699166 - コピー美容の噂は良いものもありますが、中には間違っているものも多くあります。間違った美容法を知らずに継続すると肌にも良くありません。

必ず噂の美容のケアなどは本当に効果があるのか、実践した人がどういうことを言っているかなどを調べて実践するようにしましょう。もしかするとあなたの美容ケア、間違っているものがあるかもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント