• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

月一回のBlue day対策!過食やイライラが原因の二次災害を防ぐには。

Date:2013.09.16

月一回のBLUE DAY・・・自分ではコントロールできないコトありませんか?

月一回のBLUE DAY。自分ではコントロールできない、イライラ感や食べすぎ、落ち込み、体の不調、肌の不調などに悩まされたことはありませんか?

そのために家族や友達と喧嘩してしまったり、せっかくのデートが肌の不調で台無しだったり、仕事でミスしてしまったりなどの経験、あると思います。

不調自体は自分で改善できなくても、不調がきっかけとなっておこってしまう失敗は食い止められます

自分でコントロールできない体や心の不調自体を改善するには限界があります。でも、その不調が原因で起こってしまった二次災害?喧嘩やミスなどをできるだけ最小限に抑えることはできると思います。

イライラして誰かと喧嘩してしまい、それで落ち込んでヤケ食いして体重が増えて肌に吹き出物ができて、これでは二次災害どころか「負の連鎖」になってしまいます。

とにかく睡眠時間を増やしましょう

あ、今日はイライラ感があるな、すごく食べ過ぎてるなどという時。とにかく、睡眠時間を増やしましょう。必要最低限、やらなければいけないことを済ませてとにかく横になって寝てしまう。

BLUE DAYのときは、ストレスを解消するためにお菓子を食べながらDVDをみてしまったり、またまた、ネットショッピングなどダラダラ続けて夜更かしすることでさらに自虐的な方向に走ってしまうことがあります。またイライラをTwitterで発散して、過激な書き込みをしてしまったり。

睡眠は気分のスイッチになります

睡眠は気分のスイッチになります。とりあえず、イライラや落ち込みは寝ている間はオフになっているのですから。イライラ感や落ち込み感を一度ブレイクする。

いつもより、少し早く寝る。時間がある場合や休日、また主婦の方は、昼間時間があったらお昼寝をしてみるといいでしょう。

一度寝ておきてみると、さっきまで激しかったイライラや怒り、逆に落ち込みなどは少しマイルドになっているはずです。睡眠でスイッチを切り替えながら、なるべく人に迷惑をかけないように。

前日睡眠がたっぷりとれれば翌日、少しは不調が和らいでいるかもしれません。少なくとも、体や神経が休まっている状態の方が少しはマシなはずです。

イライラなどが頂点に達している時は・・・逆に「寝てる場合じゃない!!」と興奮しているかもしれません。そこをあえてちょっと横になってみましょう。

眠れなければ横になって目をつぶって、腹式呼吸をしてみるだけでいいのです。無駄な喧嘩や浪費、過食だけは避けられるかもしれません。

BLUE DAYのときは、BLUE DAYのイタズラの神様が取り付いていると思って、無駄にイタズラの神様に操られないように。睡眠でスイッチを切り替えながら。

この記事をシェアする

関連記事