• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自殺の多い曜日それは月曜日!ブルーマンデーの対策をしよう

Date:2013.02.21

平成18年度の厚生労働省の調査によると、1週間で最も自殺者が多いのは月曜日だそうです。

自殺とまではいかなくとも、誰しも「サザエさん」のOPを聞いて、月曜日の仕事のことを思い出したり会社の人間関係について考えたりして、憂鬱な気分になった経験はあるのではないでしょうか?

そして翌日の朝、月曜日になると「会社に行きたくな~い」と心身ともにだる~くなって、憂鬱度120%。

それこそが、ブルーマンデー症候群です。あなたのブルーマンデー度は?乗り切る方法はあるのか??ブルーマンデーを攻略するために、ブルーマンデーについて知りましょう。

月曜日には魔物がひそんでいる?

そもそも平日の朝はテンションが上がらないものなのに、月曜の朝ともなれば、なおさら。仕事の効率は悪いし、身体はだるいし。ある統計によると、会社を休みたくなる曜日のトップは、月曜日なのだとか。

また、月曜日は仕事をミスする確率が高く、米国には「ブルーマンデー・レモン」という言葉まであるそうです。“レモン”は欠陥品という意味のスラングで、「ブルーマンデー・レモン」とは「月曜日に作られた商品は欠陥品が多いから誰も買わない」というジョークなんですって。

さらにさらに、月曜日の魔力は、仕事の効率だけでなく身体にも影響をおよぼします。心筋梗塞などの心臓の発作がおこる確率は、他の曜日に比べると月曜日だけがずば抜けて高いのだとか。

こうしたことが起こるのは、出社する際に感じるストレスや高血圧が原因だと考えられているそうですよ。恐るべし、月曜日!

あなたは大丈夫?ブルーマンデー度チェック

月曜日、恐るべし!ブルーマンデー、侮りがたし!!というところで、あなたのブルーマンデー度をチェックしてみましょう。

  • お人よしだと言われますか?
  • 競争するのは苦手ですか?
  • 週末はゴロゴロだらだらと過ごしていませんか?
  • 日曜日の夕食をあまり美味しく感じませんか?
  • 日曜日の夜はイライラしてしまってなかなか寝付けませんか?

YESが多い人ほど、ブルーマンデー度は高めです。

「月曜日は休みたい」とか「憂鬱だわ~」くらいで済んでいるうちはいいのですが、ブルーマンデーをこじらせると月曜日の朝に腹痛や下痢をおこして出勤が困難になってしまったり、頭痛や動悸がおこるようになってしまうなどの症状が現れるようになります。

心身に症状が表れるよう出社拒否症になってしまう前に、早めにブルーマンデー対策をして、月曜日と上手く付き合いましょう。もしも出社拒否症になってしまった場合は、専門医へご相談を。

ブルーマンデーの乗り切り方

・「1週間がんばろう」ではなく「今日1日を乗り切ろう」という気分で

週のアタマだからといって、平日の全ての憂鬱を背負う必要はありません。月曜日は「今日1日を乗り切ろう」という気持ちで。そして、火水木金曜日に余力を残しておくためにも、なるべく早めに仕事を終わらせて帰り、さっさとオンからオフへ切り替えてしまいましょう。

・あえて、早めに起きて早朝出勤してみる

気持ちに余裕を持って、普段はしないことをしてみるのも手です。「イヤだな~」と避けていても、月曜日は消えてくれません。あえて、こちらから飛び込むくらいの気持ちで!

・いつもより気合を入れて、おしゃれして出勤する

不思議なもので、だらっとした格好をしていると気持ちまでゆるんでしまいますが、ばっちりメイクをして大好きなお洋服を身につけると、気持ちが引き締まったりテンションが上がったりしますよね。おしゃれの力で、月曜日の魔力に打ち勝ちましょう。

・「やる気がある」と自分を洗脳する

思い込みの力は侮れません。私にはヤル気がある!できる!と思いこんで、テンションをあげましょう。言霊の力は偉大なので、実際に「よっしゃ、がんばる!!」と口に出して言うのもアリですよ。

・難しい仕事や会議、大事なアポイントは火曜から木曜に持ち越す

会議や大事なアポイントがあると思うだけで、月曜日に出社するのが憂鬱になってしまいます。それに、アタマが働かない月曜日の午前中に、書類や手続きなどの色々な準備をするのは大変です。

大事な仕事は火曜から木曜にこなすようにして、月曜日はルーティンワークに重点をおきましょう。

・平日に楽しみを入れる

「楽しいのは金曜~日曜日」を固定してしまうと、楽しみから最も遠い月曜日のアンニュイっぷりが加速してしまいます。

人に会ったり買い物をしたりするなど、平日にも楽しみを入れて、生活にメリハリをつけましょう。平日の連続ドラマを楽しみにすることでモチベーションを上げている人もいるそうですよ。

・金曜土曜は夜更かしをしない

「明日は休みだから!」とついつい金曜土曜の夜は夜更かしをしてしましがち。でも睡眠のリズムが狂ったぶん、月曜の朝の不調っぷりに拍車がかかってしまいます。なるべく、休日も普段通りの時間に眠りましょう。

・休日に朝寝坊をしない

週末の夜更かしと同様に、休日の朝寝坊も月曜の不調につながります。寝だめをしたいなら、普段起きる時間プラス1~2時間だけ寝坊する程度にとどめておきましょう。

・休日はアクティブに過ごす

平日に疲れを残したくないから、と休日をゴロゴロだらだらと過ごすより、身体を動かしたり人と会ったりしてアクティブに過ごしましょう。休日の楽しい思い出は、ブルーマンデーを吹き飛ばす薬になってくれますよ。

・日曜の夜はなるべく早く眠る

休日を楽しく過ごしたら、月曜日のために早めにベッドに入ってぐっすり眠りましょう。

生活のリズムを整えて、楽しみを見つけて、苦手な月曜日も明るく過ごしたいですね。そしてブルーマンデーを吹き飛ばしましょう!

この記事をシェアする

関連記事