• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

雪山が待ってる、今年も彼とボードデートを楽しむためにしておくこと

Date:2013.12.06

ボードをやっている人たちにとって、雪が山に積もり始めると、身体がわくわくしてボードに行きたくなってしまうのではないでしょうか?

特に彼と行くとなると、格別なものになります。普段の堅苦しい仕事から解放されてリラックスできるので、そんなひと時を彼と過ごせるのは最高です。それをより最高に過ごすには、全てにリラックスして過ごしたいですよね。

彼と共通の趣味がボードだという人は、結構多いのではないでしょうか?毎年、彼とボードに行く話をよく耳にします。そんな中、笑ってしまった彼女の彼には知られないように密かにしている努力を耳にしました。

スキー場でよく目にする光景といえば、山の山頂に向かって上がっていくリフトの光景ではないでしょうか?彼と一緒に乗るリフトは、微笑ましいです。あれをみると、「やっと念願の山に到着した。思い切り滑るぞ!」と意気込むものです。

しかし、これは誰の気持ちかというと、彼の素直な気持ちです。まるで幾つになっても少年のようです。そして、彼女はというと・・・。彼女にも、もちろんその気持ちはあります。しかし、それだけではないようです。

先ほど微笑ましいといったリフト、ここに問題が潜んでいました。このリフト、彼と一緒に乗るリフトで、つまり二人掛けのリフトです。そこで「もし、自分のほうが深く沈んでしまったらどうしよう」そんな想いが彼女の頭の中を駆け巡るそうです。

つまり、彼よりも重かったら彼女の方が沈むわけですよね。そんな、彼よりも彼女のほうが重くなるなんてこと、そう簡単には起きないと思いますが、リフトに乗る瞬間、ものすごく緊張がはしるのだそうです。

そのため、夏が終わり水着を着なくなったからといって、気が抜けないそうです。すぐに冬が待っていますからね。常に、ダイエットは欠かせない。太らないように細心の注意をして冬を迎えるのです。

彼女たちは冬支度とともに、ダイエットにも自然と力が入るようです。彼女たちにとってみたら、これが冬支度の一つなのではないでしょうか?しかし彼女たちは、彼がいるお掛けで、体型を維持する努力を続けられます。好きな人のためには綺麗でいたいですからね。

そんな大好きな彼に、感謝しなければいけませんね。好きであれば好きな分だけ努力が出来るものです。それが乙女心彼の好きな気持ちを大切にしましょう。そして、たいして重要に思っていなかったリフトに、神経を費やすぶん、楽しい冬を想いきり過ごしたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事