• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ブーツをいつまでも綺麗に保管!オリジナルブーツストラップの作り方

Date:2012.07.04

ロングブーツをかっこよく脱いでおきたい・・・

ブーツを履く機会が多くなる季節になりましたね。この季節に困ってしまうのが、外出先でロングブーツを脱いだ後のこと。玄関などで自立できずにぐにゃっとなっているロングブーツはだらしない印象で、他の方の邪魔にもなるし、ブーツの型崩れも気になるところ。できるなら、脱いだ後もきれいに自立してブーツの形をキープしたいですよね。そこで、ブーツクリップを簡単に作って、携帯しておきましょう!

用意するもの

お好みの布
磁石
綿
飾り用ボタン
ミシン

生地を裁断する

今回はハート型のクリップを作りたいと思います。クッキーの型を使って型を取っていきます。

ハート型を4つ取りました。

生地を切ります。

2つのハートをつなげる部分4×14cmを裁断します。

中に入れる磁石を用意する

磁石を綿でくるみます。これはブーツが傷まないようにするためです。

この磁石は、磁石でつける換気扇フィルターの磁石を利用しています。小さくて、磁力が強いのでおすすめです。

このように小さく丸めます。

ミシンで縫う

ハート型に切った布を2枚重ねに中表にして、まち針でとめます。ハートをつなぐ部分はそのまま縫えるようにします。

ハートをつなぐ部分をミシンで縫います。

ハート部分を手縫いする

ハート部分を手縫いします。

真ん中は開けておきます。

裏返して、形を整えます。

中にさきほどの磁石を入れます。

2つのハートをつなぐ部分を差し込み、まち針でとめます。

少しずつ端を中に入れながら、手縫いをします。

ハートの部分ができました。

反対も同様に縫います。このとき、磁石の向きに注意してください!磁石の向きはN極とS極になるようにします。

ハート部分を飾る

縫い目が目立つ場合、ボタンやビーズなどを縫い目の上につけましょう。

これで完成です!かわいいブーツクリップができあがりました。

さっそく使ってみる!

履き癖のついたロングブーツは、自立できなくて、ぐにゃっとなります。

そこでブーツクリップでブーツを挟んでみると・・・ちゃんと自立しました!これでブーツの形もキープできます。このブーツクリップは小さくかさ張らないので、バッグに入れておけるのが特徴です。また、ブーツだけじゃなくて、ブランケット、てぶくろ、帽子もはさめます。

この記事をシェアする

関連記事