• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

欧米に学ぶチャリティー精神!今日から始めるボランティア

Date:2013.07.09

チャリティーと言う言葉を耳にしたとき、何を思い浮かべるでしょう?チャリティー特番、コンビニレジ横の箱、街頭での呼びかけ…おそらく“募金活動”が主に上がってくるのではないでしょうか?

他にチャリティーって何ができる…なんて考えたことはありますか?まだまだ生活の一部とは言えないけれど、とても大事なチャリティ活動…日本の何倍もチャリティーが生活に根付いている欧米諸国を見習って、レッツチャリティー!

募金だけがチャリティーじゃない

欧米では、本当にチャリティが生活の一部になっています。

バザーやユニークなイベントが様々な目的のために行われる他にも、例えば“salvation army(救世軍)”という団体のリサイクルショップは各国にあり、寄付された不要品を販売したお金がチャリティー活動に当てられるだけではなく、中古品を安く販売していること自体が人々の助けとなっています。

様々なチャリティーのどれにも共通する大きな目的は、啓発と実際にサポートに当てるお金を集めることですが、そのために何をするか…というのが、日本のチャリティーと大きく違うところです。

最近のことですが、ニュージーランド人の私の友人は、ガン患者をサポートするために髪の毛を添って坊主にしました。

彼女は特別な団体や運動に参加しているわけでもないごく普通の女性ですが、サポートしたいという気持ちを表すためだけのために髪の毛を剃ったのです。とても勇気のある行動だととても感動しました。

世界のユニークなチャリティーイベント

RED NOSE DAY(レッドノーズデー)

今年も3月15日に開催されたレッドノーズデーは、主にイギリスとアフリカの貧しい人たちや助けのいる人たちをサポートするためのイギリスのチャリティーイベントです。キャッチフレーズは“お金のために何かおもしろいことを!”。

この日はイギリス中の人たちが募金活動のために“何かおもしろいこと”をします。有名人がメディアを通して何か特別なことをするのはもちろん、学校、家、会社、仲間を集めておもしろいことをして募金を集います。

今年は歌手のジェシーJが丸坊主にしたことが記憶にのこっています。
参考:http://www.rednoseday.com/

Jessy Jがまず坊主になる動画

MOVEMBER(モーベンバー)

世界各国で男性の健康に関する(特に前立腺ガンや鬱)意識啓発目的と、前立腺ガン患者のためのサポートを行うチャリティーです。MOVEMBERという名前は、口ひげという意味のMOという言葉と11月のNOVEMBERを足した造語です。

参加方法は簡単、男性は11月1日髭をきっちり剃って、それから1ヶ月間口ひげを生やします。11月中はそれぞれの口ひげの立派さを競ったり口ひげをテーマにイベント活動を行って募金活動をするのですが、一見女性には無縁のチャリティーのようですね。

でも、公式サイトを見るとちゃんと女性の参加方法も書かれてあるのです。参加する男性をモーブラザーズと呼ぶのに対して女性はモーシスターズと呼ばれます。

男性の口ひげを如何に前向きにサポートするか…というのが参加女性の大きな役割。そして必要であれば口ひげのお手入れを手伝う、周りの男性にモーベンバー参加を促す、口ひげモチーフをファッションに取り入れる等様々な形で参加可能です。

サイトでは男性女性どちらもメンバー登録ができ、毎日のくち髭状況をアップデートしたりサイトを通じて募金を集うこともできます。
参考:http://www.movember.com/

どのチャリティー活動に関しても共通しているのが、それぞれの好きな方法で参加できるということ。必ずしも募金をしなくてもいいということです。

募金を集う場合も、家で友だちを呼んで映画鑑賞会を行ったり、クイズ大会を開いたり、ただお金を集めるのではなく、楽しくチャリティーに参加するということに意義があります。

参加してみたいチャリティー!

“何もかも”できなくても、“何か”はできると言います。難しいことは言わずに、行動すること・参加することに意義があるのです。それぞれの好きな方法で参加すればいいということを前述しましたが、誰でも参加できるチャリティーの一例をご紹介します。

1.グッズを購入

前述でご紹介したチャリティーを始め、たくさんのチャリティー運動ではオリジナルグッズをは販売し啓発につなげたり基金に当てたりしています。

2.チャリティーウォークやランに参加

この日だけが誰かを想いながらに走ったり、歩いたりする。そんなチャリティーです。

3.JustGiving

イギリスで生まれたJustGivingはインターネットを通じて、個人が自分のサポートする団体を選び、何かチャレンジすることで支援・と募金を集うというチャリティーサイトです。

何にチャレンジするかは自分次第。サイトを通して送られたお金は各団体に直接送られるので、募金する人たちも安心して募金することができます。
参考:http://justgiving.jp/

4.とにかく意思表示・とにかく行動

団体を通さなくても、サポートする意志がまず大事です。4月20日にはアースデーがあります。日本では大きな動きはありませんが、地球の環境問題を考える日です。この日はいつも以上にエコを意識する、そんな小さなことから始める気持ちが大切です。

この記事をシェアする

関連記事