• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

鍵閉めたっけ?出先での不安と防犯対策に役立つグッズ特集

Date:2013.06.17

最寄り駅に着いた時、「あれ?家の鍵、閉めたっけ?」と不安になったことはありませんか?時間に余裕があれば戻って確認することも出来ますが、時間のない時は戻るわけにもいかず、そのまま1日中ソワソワと心配した状態で過ごすことになってしまいます。

毎日習慣づいてることなので、「まさかかけ忘れることなんてないだろう」と思いたいところですが、人間誰しも”うっかり”はあるもの。そんなあなたの不安を解消し、物騒な世の中から自分を守る便利グッズをご紹介致します。

カギしめ太

こちらの商品を使うと、玄関の鍵を閉めたかどうか、外出先でも確認することが出来ます。同商品をご自宅の玄関の鍵穴とお持ちの鍵に装着するだけで、鍵を閉めた時と開けた時とのマークが正確に表示され、確認できる仕組みになっているのです。

かけたよチャイム

鍵の開閉時にそれぞれ違ったメロディが流れます。開けた時はトルコ行進曲、閉めた時は気の抜けた曲(一体どんな曲?笑)が流れます。

鍵を閉めない限りはトルコ行進曲が流れ続けることになるので、閉め忘れを防ぐことになります。これなら、小さなお子様でも安心して鍵を閉めることが出来、閉め忘れを習慣づけることも出来ますね!

鍵の付属機能をきちんと理解しておく

空き巣の手口として、何が最初に浮かびますか?おそらく「ピッキング!」と答える方が多いのではないでしょうか。

しかし、メディアを通してこの手口がクローズアップされ、ピッキングに対応した防犯商品が多く市場に出回るようになった今日、「ピッキング」による被害は減ってきていると言われています。では、空き巣の新たな手口とは何でしょう?

それは、「サムターン回し」と呼ばれる手口です。そもそも「サムターン」ってなんだかご存知ですか?サムターンとは、ドアの室内側についている施開錠するためのツマミのことです。

この手口は、ドアにドリルなどで穴をあけ、そこから工具などを使ってサムターンを回し、鍵を開けて侵入するというものです。これではいくらピッキング対策が施されている鍵でも簡単に開けられてしまいます。

最近ではこの「サムターン回し」の対策として、ツマミ部分が取り外し可能なものが多く出ています。ツマミを外した状態で鍵をかければ、サムターン回しは通用しません。

ただし、誰かが家にいる状態でツマミを外して施錠してしまうと、家の中にいる人は閉じ込められてしまうのでご注意くださいね。

あなたの家の鍵はどんな機能を持っていますか?せっかくハイテク機能がついていても、知らなかったら宝の持ち腐れです。まずは現状を確認し、さらなる対策機能を追加することで、安心感のある生活を手に入れましょう。

この記事をシェアする

関連記事