• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

マスカラでイメージ一新!人気のブラウンマスカラで抜け感を演出

Date:2015.06.19

shutterstock_273497855 - コピー

メイクの中でアイメイクが1番重要と考える女性は多いと言います。その中でも特に重要としているのがまつ毛のメイク、いわゆるマスカラです。

マスカラの色、塗り方でメイクの出来が変わってしまうほど重要と考える人が多く、そこに時間をかける女性も多いようです。しかしこのマスカラに対する考えが今までと少し変わってきているようです。

目力重視のメイクはもう古い?ブラウンマスカラに再注目

今までマスカラと言えば黒、そしてそのマスカラを重ね付けしてボリュームをつけて目力アップというメイクが主流になっていました。

しかし今年あたりからそのメイクに変化が出てきています。それは目力重視メイクからナチュラルメイクへの変更です。

昨年までのたっぷりと黒マスカラを塗ってバサッとしたまつ毛は雑誌などでも取り上げられなくなっています。

今どき美人は既にブラウンマスカラに変えていた

実は雑誌などを見てみるとモデルさんなども黒マスカラではなく既にブラウンマスカラを使うようになっています。

その理由は「表情が柔らかくなる」というもので、黒より柔らかい色の茶色を使うことで目力を抑えるようにしているようです。

日本人は元々まつ毛が黒いので、ブラウンマスカラを塗ってもそのままの色が反映されるのではなく、まつ毛の黒と混ざってほどよい茶色になるのでまつ毛だけが浮くという心配はありません。

今年流行りのメイクにブラウンマスカラは欠かせない

ブラウンマスカラを使う女性が増えてきたのには理由があります。それは今年流行りのメイクには黒マスカラよりブラウンマスカラの方が馴染むからです。

今年流行りのメイクに黒マスカラをするとどうしてもそこだけが強調されてしまい、全体的なバランスが悪くなるということでブラウンマスカラを使う人が増えているようです。

すっぴん風メイクはブラウンが必須!

shutterstock_143207980 - コピー
今年流行りのすっぴん風メイク、普通のメイクをいかにナチュラルに、すっぴん風に見せるかというのが大事なポイントなのですが、ここで注意したいのがアイメイクです。

よくタレントさんがすっぴんを披露していることがありますが、アイメイクですっぴんじゃないとバレることがよくあります。それくらいアイメイクのちょっとした色などですっぴん風に仕上げることができるかが変わってきます。

すっぴん風メイクの時に黒のマスカラを使うとどうしても「すっぴん風」「ナチュラル」に仕上げることが難しく、雑誌などでもすっぴん風メイクの場合はブラウンマスカラを使っているようです。

ふんわりメイクなのに目だけ真っ黒はNG

shutterstock_208813477 - コピーすっぴん風メイクと同じように今年の流行りになりつつあるのが「ふんわりメイク」です。ピンク色を上手に使ってふんわりとした表情に仕上げるメイクなのですが、これもすっぴん風メイクと同じで目元が大事になります。

アイシャドウにピンクを使い、アイライン・マスカラの両方に黒を使うとアイシャドウの色よりラインとマスカラに注目が集まり流行りメイクが活かされなくなります。

ピンクのアイシャドウの場合、締め色としてブラウンを使うことが多いので、マスカラもブラウンを使うと馴染みが良く一体感が出ます。

太眉のナチュラルな色にまつ毛も合わせる

shutterstock_55552066 - コピー今年も流行している太眉、冬は濃い色で太眉を描いていたのですが今年の春から夏にかけての太眉は茶系で描くのが流行りメイクになっています。

眉毛はナチュラルな色にしているのにまつ毛だけ黒マスカラを重ね塗りすると目元と眉毛のバランスが悪くなってしまいます。

眉毛の色に合わせてまつ毛もナチュラルなブラウンに揃えてあげるのが流行りメイクには必要です。

ブラウンマスカラが人気の理由

ブラウンマスカラが流行り始めたのはナチュラルメイクには不可欠というだけの理由ではありません。

黒マスカラだとどうしても違和感が出てしまうメイク法でも、ブラウンマスカラだと自然な仕上がりになると重宝がられて人気が出たということもあります。

色の明るさ使い分けができる

ブラウンマスカラの人気の理由の1番が色のバリエーションです。黒の場合は1色だけですが、ブラウンには

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • モカブラウン
  • ビターブラウン
  • ダークブラウン

といったものがあります。

ビターブラウンやダークブラウンは黒に近いブラウンなので職場などに付けて行っても違和感はありません。

休日など遊びに行く時は明るい色のライトブラウンや赤みのあるモカブラウンを使えば華やかな目元にすることもできます。

ブラウンマスカラの場合、色のバリエーションも多くTPOに合わせて使い分けができるのが人気の理由の1つのようです。

重ね塗りでも違和感なく使える

マスカラを塗る際、目元のインパクトを出したいと何度も重ね塗りをすることがあります。でも黒のマスカラの場合、インパクトは出るけれど何だか目の周りが真っ黒に見えてしまいメイクとのバランスが悪いなんてことがあります。

ブラウンマスカラの場合、重ね塗りをしても黒マスカラほど色が主張しないので目の周りが真っ黒に見えることもないですし、目元のインパクトも出るのでとても使いやすくなっています。

重ね塗りが可能なので、メイク法でマスカラの塗り方を変えても違和感はありません。重ね塗りメイクでオススメなのは目尻のみの重ね塗りです。目尻だけ重ね塗りすることで色気のある目元を作り上げることができます。

ブラックより男性ウケがいいのはブラウン?

女性がアイメイクに力を入れる理由の1つはやはり男性ウケです。目元に印象がある女性は男性も好きだろうという思いから、メイクの中で特にアイメイクには時間をかけているという女性が多いのではないでしょうか。

黒マスカラでしっかりとまつ毛をボリュームアップして男性にアピールしている人もいるかもしれませんが、実はその気合の入ったアイメイクが苦手という男性が意外に多いようです。

特にまつ毛に気合を入れて黒マスカラをたっぷりつけている女性を見ると「まつ毛がひじきみたい」と感じる男性もいるとか。

メイクに気合を入れてくれるのは男性も嫌な気分ではないようですが、目元が真っ黒になっているのは少し違和感があるようです。

そして色と同じようにブラウンマスカラの方が優しい印象があり、黒マスカラでしっかりメイクをしている女性よりブラウンマスカラをしている女性の方が優しく見えるようです。

ブラウンマスカラで気合入りすぎアイメイクを卒業しよう

shutterstock_155681882 - コピーマスカラを重ね塗りして目元を強調した気合入りすぎメイク。せっかく流行りメイクをしていてもマスカラに気合いを入れてしまうと一昔前のメイクに見えてしまう可能性があります。

今年の流行りメイクにチャレンジする人はブラウンマスカラを使って気合入りすぎアイメイクを卒業してみてはどうでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事