• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

部分用下地の使い方。ひと手間で毛穴目立ちやテカリを防ぐ

Date:2017.11.10

「部分用下地」「毛穴専用下地」「ポアプライマー」と呼ばれる化粧下地が近頃人気です。

顔全体ではなく部分的に使う化粧下地のことで、

  • 部分的に毛穴が目立つ
  • 普段の下地+ファンデーションで毛穴がカバーできていない
  • 毛穴落ちや毛穴部分のテカリなど毛穴の化粧崩れが激しい

など毛穴悩みや毛穴のテカリ、ヨレに悩む人におすすめの下地です。

最近では多くのメーカーから出ているので既に持っている人も多いかもしれませんが、その部分用下地、ちゃんと使いこなせていますか?

今回は部分用下地の使い方をご紹介します!

今までなんとなく使っていた人も、使い方がわからずに買わずにいた人も、これを読んで部分用下地を使った毛穴レスの肌作りをマスターしちゃいましょう。


使う順番は商品説明に従うこと!間違った使い方はヨレのもと

部分用下地は化粧下地のひとつなので基本的にはファンデーションの前に使います

しかし、ファンデーションの前と言ってもスキンケアもすれば、顔全体の化粧下地だって塗るもの。細かい順番としてはどのタイミングで部分用下地をプラスするのか迷ってしまいますよね。

まずは部分用下地の使い方でもっとも疑問の声が多い、使用順序について説明します。

使う順番は説明書き通りが基本!

使用順序は商品によってバラバラです。

(例)

  • スキンケア→部分用下地→顔全体の化粧下地
  • 顔全体の化粧下地→部分用下地→ファンデーション
  • スキンケア→部分用下地→顔全体の化粧下地(部分用と重ならないように)
  • スキンケアのあとでも、毛顔全体の化粧下地のあとでも可(メイク直しならファンデーションの上からでもOK)

いくつかの部分用下地を確認しただけでもこれだけ違いがあるので、「結局、どれが正しい順番なのかわからない!」と混乱する人が続出するのも納得です。

ではどの順番が正解かというと、商品の説明に従って使うことです。

当たり前のことと思うかもしれませんが、それぞれの商品は正しい使い方をしてこそ効果を発揮します。正しい手順を確認せずになんとなく使っていてはせっかくの効果が得られません。

間違った使い方は気になる毛穴部分のカバーができないだけでなく、その後に使うファンデーションのヨレやにじみを招くこともあります。

使用前には必ずパッケージやホームページを確認して正しい順番で使いましょう

部分用下地の塗り方のポイント3つ!肌の毛穴の凹凸を均等にする

使うタイミングが分かったらいよいよ塗り方をマスターしましょう。

カバーしたい部分を確認する

まずは部分用下地を使う場所を決めます。

小鼻、おでこなどのTゾーンや頬の中心辺りなどが目立ちやすいポイントです。

  • 毛穴が開いている部分
  • 毛穴が黒ずんでいる部分
  • 化粧崩れのときに毛穴落ちしやすい部分

などをチェックしましょう。

知っておきたいワンポイント!
商品によっては毛穴の開きのカバーは得意でも、毛穴の黒ずみのカバーには向かないものもあります。部分用下地は自分の毛穴悩みに対応できるものかどうか確認したうえで用意すると良いでしょう。

塗り方の3つのポイント

塗る場所を決めたらいよいよ部分用下地を肌にのせていきます。

塗り方のポイントは3つあります。

1.手の甲に少量取り出す
いくら毛穴をカバーしたいからといってたくさん量を使えば良いというわけではありません。毛穴悩みをカバーする部分用下地は少しの量でも肌の凹凸を均等に整えて毛穴を目立たなくしてくれる優れものです。まずは商品の説明にある分量、もしくはそれよりも少量を手の甲に取り出しましょう。
2.毛穴を埋めるようになじませる
指先を細かく動かして毛穴を埋めるように塗りましょう。下から上へクルクルと小さな円を書くように塗るか、いろいろな角度から優しく叩き込むようにぬるときれいになじみます。
3.薄く塗ること
たっぷり厚塗りする必要はありません。指先で毛穴が気になる部分に薄く塗っていきます。指先でするんと薄いベールをかけるようなイメージです。
チップタイプ、ブラシタイプ、スティックタイプなどの直塗りするものも、肌へのせた後、指先で同じようになじませて使います。

こうして塗るだけでも毛穴の凹凸が気にならなくなり、その後のベースメイクがつるんと仕上がるでしょう。

部分用下地を使う前のひと手間!余計な油分はオフしておく

部分用下地を使う前に、こうしたひと手間をプラスすることで、毛穴が気になる部分のテカリやヨレを防ぐことができます。

乳液やクリームの塗る量を調節する
メイク前のスキンケアで顔全体に同じ分量の乳液、クリームをのせていませんか?過剰な皮脂分泌でテカリやすい部分には乾燥しやすい部分よりも薄く塗るように意識してみてください。
ティッシュオフをする
スキンケアの後、化粧下地を肌にのせる前に、一度ティッシュオフをしましょう。これだけで肌の余分な油分を取り除くことができるのでその後の化粧ノリがアップします。

少しの工夫でメイクのもちや仕上がりは変わるもの。できることから取り入れてみてくださいね。

シリコン系成分を含む化粧下地は丁寧なクレンジングが大切

部分用下地に限らず、毛穴のカバー力に優れた化粧下地には、シリコン系成分が含まれていることがあります。

それはシリコン系成分にこのようなメリットがあるためです。

  • 肌への密着度が高く毛穴カバー力に優れている
  • 皮脂をおさえる効果があり化粧崩れを防ぐ

肌への密着度が高いのでクレンジングは丁寧に行うことが大切です。

肌に残った汚れがニキビなどの肌トラブルにつながらないよう、油分を多く含むクリームタイプやオイルタイプなどのクレンジング剤でしっかりと落としきりましょう

シャンプーや化粧品などに含まれるシリコン系成分ですが、

  • 毛穴に詰まる
  • 肌に悪い

など安全性に不安をもつ人が多いようです。しかし、化粧品メーカーの研究結果ではそういった事実はないと結論付けられています。

部分用下地と毎日のスキンケアで毛穴レスな美肌に近づこう!

部分用下地を使えば、日中気になるテカリやヨレを防ぐだけでなく、ぶつぶつとした毛穴も目立たなくしてくれます。

まさに一石二鳥、ひとつ持っておくととても便利なアイテムです。

しかし、毛穴悩みはカバーするだけでなく根本解決も目指したいところ。

毛穴レスな肌メイクをすると同時に、

  • 毛穴の開き、たるみは引き締めるケア
  • 毛穴の黒ずみや角栓は取り除くケア

など毎日のスキンケアで美肌を目指すことも忘れずに行いましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント