• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏に向けてマストバイアイテム「部分用下地」で夏の化粧崩れを防ごう

Date:2014.06.05

春夏のメイクで困ることと言えば「化粧崩れ」!!外気温が高いので朝一メイクをキレイに保つ時間が短くなりますよね。化粧直しをしても、朝一の出来上がりとはやはり違う…なんて気になっている人も多いと思います。

そこで化粧崩れをいかに減らすかということで、崩れにくいファンデーションや下地も多く発売されています。しかし、化粧ポーチの中にまだ「アレ」がない人には、夏が来る前にぜひ買ってほしいものがあります。

「部分用下地」を使っているでしょうか?

皆さんの化粧ポーチの中に「部分用下地」はありますか?

ないという人にはぜひ買ってください!普通の下地と併用して、小鼻周りや頬など、特に崩れやすいところに部分用下地を使うと見た目はもちろん、触った感じも全然違います。

普通の下地、特にクリーム状のものでは少しべたべたするものもありますが、部分用下地はつけてなじませると驚くほどサラサラの触り心地になります。

普通の下地だけではカバーしきれない肌の凹凸をなくしてくれるので、ファンデーションを乗せた時の見た目も変わってきます。また、何より化粧崩れしにくくなるのがストレスの軽減になっていいと思います。

なぜ化粧崩れしないのか?

部分用下地を投入することでなぜ化粧崩れをしなくなるのかというと、余分な皮脂を吸収し、サラサラな状態を長時間キープするからだそう。時間が経つとテカってしまう、脂浮きで化粧崩れが起きるという人はお勧めです。

他にこんな人にもお勧めです

テカりやすい人、汗や脂でメイクが崩れる人だけでなく、毛穴の開きが気になる人、ニキビ跡などで顔のでこぼこが気になる人にもお勧めです。肌の凹凸を目立たなくしてくれるので、普段のメイクでは隠せていなかった本当は隠したい部分をうまく隠してくれます。

部分用下地と併用♪化粧崩れをしにくくする方法

おすすめの部分用下地であっても、時間が経てば多少は化粧崩れをします。そこで下地の力だけに頼らず、他にどんな方法を併用すればさらにキレイな時間をキープ出来るのか口コミを調べてみました。

◎「化粧崩れしてから直す」のではなく、「一定時間が経ったら直す」
  →崩れてから直すよりキレイなうちに直しを入れる方がよりキレイな状態にしやすいし、キープ出来る。
◎化粧直しが出来ない時でも、ティッシュで脂浮きを抑える。
  →仕事でいつでも化粧直しが出来ない人は浮いてきた脂を抑えるだけでも、化粧崩れの進行を抑えることが出来る。
◎部分用下地、下地を冷蔵庫で冷やしてから使う。
  →毛穴が開いた状態で下地を塗ると開くのも早く、崩れるのも早くなってしまうので、キュッと冷たい下地で毛穴を締めてメイクすることで早く崩れるのを防ぐ。

この記事をシェアする

関連記事